任意整理をしなければよかったと後悔したくない!任意整理の特徴や条件、デメリットを確認

「任意整理をして後悔している…」そんな口コミを見かけます。どういった点で後悔しているのでしょうか。

また、任意整理の特徴や条件、どんな人に向いているのか?についても気になるところです。

任意整理をして、しなければよかったと後悔しないためには、任意整理をした後の「デメリット」を想定することが大事です。

任意整理する前に、借金減額が可能であるかや、過払い金の発生などが調べられる、「借金減額シミュレーター」を活用し、減額できるかの目安を知っておくことも忘れずに!

借金の状況により、「任意整理が最適だった!」「意味がなかった」という結果に分かれます。「任意整理をしなければよかった」と後悔する理由や、任意整理のデメリットについて詳しくお伝えします。

任意整理はどんなデメリットがある?

任意整理と言えば、将来利息のカットをして借金減額ができます。手続きも難しくなく、借金が減る!というメリットがります。ですがその裏に、知っておくべきデメリットもいくつか潜んでいます。

ブラックリストに登録される

任意整理(債務整理)をすると、ブラック入りします。支払いの滞納や遅延、金融事故のチェックを行っている信用情報機関に「任意整理をした」と事故情報が登録されます。任意整理の手続き後、5年間登録されます。

クレジットカードが使えなくなる

クレジットカードは信用情報と深い関りがあります。ブラック入りすると、クレジットカードは即解約になり、使えなくなります。任意整理を対象外のカードも使えなくなり、更新もできません。

事故情報が登録されている5年間は、クレジットカードを作れません。クレジット払いをしていた方は、不便に感じることが多いでしょう。

新規でローンが契約できない

ローンも信用情報と関わりがあり、金融事故を起こすとお金を貸してもらえません。ですから、数年後に住宅や車の購入をローンで計画しているという方は、ローンが組めません。

教育ローンも契約できないので、任意整理の時期をずらすか、任意整理をしていない配偶者がローンを組むなど工夫が必要になります。

元金は減らない

「借金が減る!」と期待して手続きしても任意整理は、元金の減額はできません。元金は数年かけて返済することになります。

また、業者が交渉に応じてくれず希望通りの減額が叶わないこともあり得ます。そうなると、「希望通りの借金減額はできなかったのに、デメリットは負うはめになった」と後悔することも…。

これらのデメリットの理解がないと、「任意整理をしなければよかった」「減額はわずかでもデメリットは負った…」とがっかりな展開を迎えることになります。

借金に保証人がいれば返済の請求がいく

任意整理は、任意整理したい債務を選ぶことができます。借金の保証人がいても任意整理から外せば請求がいきません。

保証人がいる借金を、任意整理すると返済の請求が保証人の元にいきます。迷惑をかけないために、保証人の確認は忘れず行いましょう。

任意整理はデメリットばかり?メリットや条件をチェック

そもそも任意整理とは?特徴やメリット、どんな人に向いているのかまとめました。

任意整理の特徴は?何ができる?

任意整理とは、国が認めた借金減額制度である債務整理の1つです。

個人再生、自己破産と比べると、裁判所を通さず個人でも手続きできますし、費用も比較的安価です。ですからハードルが高くなく、手続きしやすいと言えます。

任意整理は、将来利息のカットで借金減額ができます。借金の総額から利息や遅延損害金を減らせるので、残りの返済は元金だけになります。

メリット

  • 借金の減額(リボ残高も減らせる!)
  • 支払い期間が3~5年に延長(36回払い~60回払いが可能)
  • 専門家とやり取りだけで手続きができるので、家族にバレる可能性が低い
  • 住宅や車は処分されない
  • 高額な費用はかからない

任意整理ができる条件や向いている人とは?

任意整理の条件…

  • 一定の収入がある
  • 完済するという意思があること
  • 3~5年で返済の見通しが立つ
  • デメリットを理解している
借金の返済がなくなる訳ではないので、仕事をして収入があることが第一条件となります。それに続いて、「必ず完済する!」「支払い期間が延長されれば完済できる」という意思が必要です。

また、先述した「任意整理のデメリット」に理解があることです。

向いている人は…

  • 手続きや交渉など債務者自身が参加せず、時間や手間をかけたくない人
  • リボ払いで残高が大きい人
  • 周りにバレずに借金問題を解決したい
  • 返済しても元金が減らず利息の支払いで苦しい人
  • 保証人がいる借金を省いて債務整理したい人
  • 借金総額が100万円程度の人

任意整理が最適という場合もある

任意整理のデメリットは、信用情報に関するクレジットカードの利用やローンの契約など限定されたものです。

債務整理でおすすめなのが、比較的借金総額が少ない段階で手続きできる任意整理になります。借金が比較的少ない20万~100万円を目安に、的を絞ったデメリットを負うだけで、借金の完済が目指せます。

また、借金はいくらからがヤバいのかというと、年収の1/3を超えたらヤバい、返済が厳しくなると言われています。総量規制の観点から、目安は100万と覚えましょう。

任意整理は意味がない?向いていない人とは?後悔しないために確認して

任意整理のメリット、デメリットを踏まえて、向いていない人や状況をチェックしましょう。せっかく手続きしても「任意整理した意味がなかった…」となってしまうのは嫌ですよね。

向いていない人は…

  • 定職についていない人
  • ブラック入りはしたくない人
  • 借金の元金も減らしたい人

任意整理は完済が条件ですから、収入がない場合は手続きができません。

「ブラック入り」というデメリットを負いたくないのであれば、自力返済のために節約や副業などで収入を増やす努力をしましょう。

家族からお金を借りる場合は、金額を問わずトラブル防止のために「借用書」を書きましょう。

任意整理は元金を減らせません。借金が多くあり、大きな減額を希望するのであれば個人再生や自己破産を検討しましょう。(デメリットは大きくなります)

向いていない状況とは…

  • 借金総額が大き過ぎる
  • 借金に担保がついている
  • 奨学金や自動車ローンなど低金利
借金総額が大きく任意整理をしても返済額が多く残る場合は、「任意整理は意味がない」と言われます。最長60回払いになったとしても、完済ができないのであれば個人再生など視野に入れましょう。

住宅や車のローンのように、低金利でローンを契約し、担保をつけている場合は任意整理ができません。また、低金利の奨学金などは、利息のカットをしてもそれほど減額が期待できません。

デメリットを理解してさらに○○を利用すれば失敗のリスクを減らせる!

任意整理をして「しない方が良かった…こんなはずじゃなかった…」とならないために、ある行動をおすすめします。

それは「借金減額シミュレーター」の活用です!ネット広告やSNSで見かける機会も増えてきました。

借金減額シミュレーターは、簡単な質問に答えるだけで借金が減額できるかどうか?適切な債務整理の方法がわかります。

  • 自宅にいながら好きな時に
  • 1分程度で簡易診断
  • 無料で診断
  • 匿名診断OK
簡易診断の結果から、そのまま弁護士や司法書士へ相談することも可能です。専門家と繋がりを持つことで、借金問題解決をスムーズに進めることができます。

診断はあくまでおよその金額ですが、事前に減額がわかればデメリットの対策もできるので失敗せず任意整理ができます。

詐欺など未然に防ぐために、法律事務所が運営している減額シミュレーターを選ベば安心して利用できます。

任意整理デメリットに悩んだら専門家に相談てみよう

任意整理のデメリットについて、不安や心配があるのであれば弁護士や司法書士に相談してみる方法もあります。

借金地獄や借金まみれで任意整理の費用を準備できない場合は、法テラスの費用の立て替え制度を利用できます。一定以下の収入や財産など条件がありますが、お金のない人の味方になってくれます。

法律事務所でも、無料相談や費用の分割払いを実施しています。お金の心配をせず債務整理ができる体制が整っている法律事務所は多くありますよ。

任意整理で後悔しないためには、デメリットの事前チェックが必須!

任意整理は、債務整理の中でもオーソドックスで手続きが簡単にできます。任意整理をすれば、利息をカットし減額できます。

元金だけをゆっくり返済できるので、家計と両立しながら完済が目指せるというメリットがあります!

ですが、返済が楽になる反面、「任意整理をした=金融事故を起こした」というデメリットもあらかじめ知っておく必要があります。

ブラックリスト入りすると、生活面でどんな不都合が生じるか事前に学んでおけば「こんなはずではなかった」という後悔を回避できます。

多額の借金を抱えている場合は、任意整理で利息の減額をしても返済が楽にならないこともあります!弁護士など専門家に相談して、他の債務整理を検討してみましょう。

借金減額診断って怪しい?シミューレーターの仕組みやからくり、債務整理について

インターネット上で、「借金減額診断」や「借金減額シミュレーター」の広告を見かけたことのある人は多いのではないでしょうか?

借金減額診断は、今ある借金をいくら減らせるか診断してくれるものです。24時間いつでも、無料かつ匿名で利用できる便利なサービスです。

しかし、借金を減額できるなんて、「怪しい」「詐欺じゃないのかな?」と疑ってしまいますよね。この記事では、借金減額診断は本当に怪しいのか、仕組みやからくりなどを解説していきます。

借金減額診断とは?怪しいと言われるのはなぜ?

借金減額診断とは、法律事務所が依頼につなげるために提供しているサービスです。診断に必要な情報は主に以下の6つです。

  • 借金の総額
  • 借入件数
  • 返済期間
  • 滞納の有無
  • 電話番号
  • メールアドレス

これらを入力すると、電話やメールで結果が届き、「借金をいくら減額できる可能性があるか」がわかります。

しかし、「借金を減らせますよ」と言われても本当なのか、怪しさを感じるのも無理はありません。

  • 減額できるって本当?
  • そもそも借金って減らせるものなの?
  • 騙されている気がする

などと疑ってしまうでしょう。

結論から言うと、借金減額診断は怪しいものではありません。借金を減額できるという根拠は「債務整理」にあります。

何もせずに借金を減らせるわけではなく、債務整理をすれば借金を減らせるのは本当です。借金減額診断では、なぜ減らせるのかという説明がないことが多いので、怪しいと思ってしまう人が多いのでしょう。

借金減額診断は怪しくない!仕組みやからくりについて解説

借金減額診断の結果は、弁護士や司法書士が、あらかじめ用意している計算式にあてはめて自動計算を行っています。債務整理を行った場合に借金をどれくらい減額できるのかを診断しています。

根拠なしに減額できると言っているのではなく、自動的に計算を行った上で減額の想定をしているのです。

無料で利用できることにも怪しさを感じるかもしれませんが、借金減額診断は法律事務所にとって広告塔の役割をしています。無料で提供しているのは、依頼につなげるためなので、怪しいことはありません。

借金が減らせるかもしれない、減らせる目安、減らす方法を無料で手軽に知ることができるため、借金問題で困っている人は利用してみてはいかがでしょうか。

借金を減額できる「債務整理」って何?

債務整理とは、借金を減額できる合法的な手段です。任意整理、個人再生、自己破産の3つの方法が主流です。

任意整理
債権者と直接交渉することによって、将来利息をカットする手続きです。減額された借金を3~5年に分割して返済していくので、負担は軽くなります。債権者を選べる、手続きに時間がかからないなどのメリットがあります。
個人再生
裁判所を通して借金を5分の1~最大10分の1に圧縮する手続きです。住宅ローンを除外して手続きできるのでマイホームがある場合でも維持できます。借金を大幅に減額できる、借金の理由は問われないのがメリットです。
自己破産
裁判所を通して借金を帳消しにする手続きです。どんなに借金があっても0になり、返済から解放されるメリットがあります。しかし、自宅や車を手放さなくてはならない場合もあり、生活への影響は大きいです。
債務整理に共通するメリットは、借金の負担を軽くできること、督促をストップさせられることです。共通するデメリットは、ブラックリストに載るため、一定の期間はクレジットカードやローンの利用ができなくなることです。

借金減額診断の結果はあくまでも目安!過信しないように

実際に借金をいくら減額できるかという正確な数字は、取引履歴を取り寄せて「引き直し計算」をしないとわからないものです。借金減額診断で入力するのは簡単な項目のみなので、細かい数字まで出すことは不可能です。

診断の結果は、「減額できる可能性があります」「自己破産がおすすめです」などというようにざっくりとしたものが多く、「○○円減額できます」という結果が出ても、実際にそれだけ減額できるかの保証はできかねます。

借金減額診断は簡易的な診断なので、あくまでも目安として参考程度に捉えましょう。詳しく知りたい方は、診断後に弁護士や司法書士と面談すると、より正確な結果を得られます。

借金減額診断を利用して、専門家にアドバイスをもらおう

「借金を減らしたい」「返済が苦しい」とお悩みの方は、ぜひ借金減額診断を使ってみてください。怪しいものではなく、借金を減額できるかどうかを簡単に知れるツールです。

注意点として、必ず実在する法律事務所が運営しているものを利用するようにしましょう。

個人情報を盗む目的で運営している詐欺サイトもあるので、住所や勤務先の入力を要求されるものは避けてください。

借金問題は早めに対処することが解決へのカギです。借金に関する相談は無料で受け付けている法律事務所も多数あるので、借金減額診断を利用した後には専門家へ相談もしてみましょう。