節約投資のススメ

節約投資のススメ
nisaと確定拠出年金の併用

NISAと確定拠出年金(DC)の併用は可能です。では、併用できるとして両者をどのように使い分けて投資をしていけばいいのでしょうか?その辺りについて個人的に書いてみました。ただ、投資は色々な考え方が有ると思うので、皆さんは皆さんが思う良い方法をすれば良いのかなと思います。

nisa-確定拠出年金

どちらも非課税で投資が出来る!という性質を持つ2つの制度ですが、両者の違いはどんな所に有るのでしょうか?従来の公的年金だけでは老後の生活が不安という人は多いと思いますが、両者の意味をしっかりと理解して積立していけば安定した老後の生活が待っていると思いますよ♪

住信SBIネット銀行という銀行を知っていますか?メガバンクではないのでそこまで知名度は有りませんが、知っておいて損は無い銀行です。なぜならメガバンクだとどうしても費用がかかる他行宛振込手数料も無料になる銀行だからです。ネット専用バンクならではの魅力がたっぷりですよ!

スポンサーリンク
三井住友銀行

私がサラリーマンだった頃、給与の振込先が三井住友指定だったので、私のメインバンクは長らく間三井住友銀行でした。しかし、メガバンクは手数料が高い・・・ということで三井住友銀行のATM手数料や振込手数料を無料にする方法を調べてみたので紹介します。

YahooポイントとTポイントが統合してTポイントになりました。そのため、Tポイントの使い道もかなり広くなったわけですが、まだまだ汎用性に関しては努力余地が有りまして、使い道に困っている人も居るでしょう。そんな人に小耳に入れておきたいTポイントの現金化情報について紹介します。

借金返済

自分がやりたい事業はお金がかかる!成功するか分からないのに脱サラして起業してお金を借りてまでやる意味が有るのか?そんな思いで独立をためらっている人も沢山居ると思います。この本を読むと、俺も私もいっちょチャレンジしてみるかな?という気になれるかもしれません。

ブログを始めてみたはいいものの全然アドセンスの収益が上がらない・・・そんな人に是非読んでもらいたい!というブログ記事をまとめてみました~この記事でピックアップしている事を自分なりに取り込んで実践していけば収益が上がる事はあっても落ちることは無い!と自信を持って言えます。

jnbdebit

ネットショッピングの安全性に疑問を持っている人にお勧めのデビットカード、それがジャパンネット銀行のJNB Visaデビットカードです。トークンによるワンタイムVisa認証サービスが使えるほか、カードレスタイプの場合には最大4個までカード番号を発行することが可能です。

VISAデビットカード

最近デビッドカードのCMを上戸彩さんがやっているのを見て、デビッドカードの比較表を作ってちょいとコメントしてみました。まだ未成年の人やクレジットカードの審査に落ちてクレカを作れない人、海外サイトでメインカードを使いたくない人など場合によっては使い勝手が良いのがデビットカードです。

三井住友銀行

なぜ自分にはお金が無いのか?それは貴方がお金を貯めるための行動をしていないからです。あの人はスマートなのになぜ運動をするのか?ではなく運動をしているからスマートなんです。こういう概念を考えると凡人がお金持ちになるには倹約・節約して地道に投資をするのが一番だということが分かります。

生命保険に漠然と入っているが、本当に必要な保障はどれでどういう場合に保障されるのか?きっちりと理解していない人も多いと思います。というわけで、今回は生命保険の見直し時に役立つ「必要保障額」の考え方について紹介したいと思います。

病院

怪我、病気の病院での医療費は負担割合によって軽減されてはいるものの積み重なるとかなりの金額になります。この患者の負担を負担割合以上に軽減する制度が高額療養費制度です。今回は高額療養費制度の負担額の計算方法や申請方法について解説します。

FXを初めて最初に戸惑うのは色々な取引形態が有る所・・・ではないでしょうか?成行注文や指値注文は言葉のイメージから何となく分かるけど、IFOとかOCOとかになるとちょっと全然イメージが付かない・・・って人も居るでしょう。そこでFXの取引方法を簡単におさらいできる記事を書いてみました。

VISAデビットカード

VISAデビットカードのメリット・デメリットの総まとめです。現金でも無いクレジットカードでも無い新しいお金の使い方ができるVISAデビットカード。世界ブランドのVISAなので世界中での利用も可能。11個のメリットと6個のデメリットを参考に。

レスポンシブデザインのテンプレを使っている場合に調子に乗ってレクタングル大の広告サイズを使っているとポリシー違反になってしまう可能性が有ります。それを解決してくれるのが【レスポンシブ広告】です。ここではレスポンシブ広告の設定の仕方やレスポンシブ広告をお勧めする理由を書いています。

今回は自分的にこっちのほうが効果があるのになーと思った事象をABテストで実験してみたよ!というお話です。テキスト広告とディスプレイ広告はどちらを出したのほうがいいのか?と悩んでいる人にはちょっと役立つかもしれませんよー。

衆議院選挙が始まりました。今回の選挙の立候補者数は前回に比べると減少しているようですね。そこで気になるのが選挙に立候補するのにどれくらいの費用がかかるのか?供託金300万円だけでは到底やっていけません。しかもその一部が税金で支払われるという狂気の沙汰を御覧ください。

スポンサーリンク