節約投資のススメ
悪意

Google AdSense成功の法則

はい、久々の閑話休題兼Webっぽい話。今日はタイトルにも有るように以下のメッセージが出た場合の対処方法です。

お客様の広告コードは過去7日間で、承認していないウェブサイトに何度も表示されました。収益の損失を防ぐには、アカウント設定にアクセスして所有するサイトを承認し、広告を表示して下さい。

で、このメッセージがGoogle AdSenseの管理画面に出る人って限られています。

スポンサーリンク

広告の表示を許可サイトのみに限定している人だけに出るメッセージ

お客様の広告コードは過去7日間で~うんちゃらかんちゃらのメッセージが出るのは、自分自身でAdSenseの広告が出るサイトを限定している人だけです。

やり方は簡単です。AdSenseの管理画面に入って、右上に有る「歯車」マークにポイントを合わせて、「設定」をクリック。

凄い画像ちっさいけど、歯車マークってこれの事。

Googleの歯車マーク

設定を押すと、AdSenseの管理画面で以下のような項目が表示されると思います。その中の「アクセスと認証」⇒「サイトの認証」ってのが該当部分です。

アクセスとサイトの認証

「サイトの認証」をクリックするとこんな感じの画面になります。

許可サイト

そこの「自分のアカウントで特定のサイトの広告表示のみを許可する」にチェックマークを入れて、ボックスに自分の所有サイトのドメインを入力していると、所有サイトのみに自分のAdSenseアカウントに紐付けされた広告が表示される事を許可出来るようになります。

この設定をした場合、僕らの収益は上記ボックス内に入力したドメイン・サイト上で表示されたAdSense広告のクリックに対してのみ計上される事になります。

そもそも許可サイトを設定する理由

では、そもそも許可サイトを設定する理由はなんでしょうか?

それは端的にいうとアボセンスを避けるためです。(アボセンスって懐かしいなー笑)

AdSenseの広告コードにはそれぞれ誰のサイトから収益が上がったのか?を判別出来るようにするためにサイト所有者毎(AdSenseの登録者毎)に固有のコードが必ず発行されるようになっています。これは広告ユニットや広告サイズを変えようが、登録者が変わらない限り同一です。

何か紐付けの項目が無いと誰の収益化分かったもんじゃ無いですからねー。

AdSenseのコードの中に「ca-pub」から始まるコードが有りますよね。この「ca-pub-××××××××××××」の部分が所有者を判別するためにキーコードになります。

そして、ご存知のようにAdSenseには様々なポリシーが有りまして、ポリシー違反をしてしまうと、広告の出稿が停止されたり最悪の場合にはAdSenseのアカウントが剥奪される事も有ります。

AdSenseのプログラムポリシー

つまり、悪意を持って行えば人のAdSenseアカウントを停止させる事も可能という事です。「ca-pub-××××××××××××」の数字はソースを見ればすぐに分かりますから、それをコピペしてポリシー違反のサイトに貼っ付ければ簡単ですよね。

悪意
(photo by VirusーDaniel Lobo)

そして、これを防ぐために有るのが今まで説明してきた「広告の表示を許可サイトのみに限定する」設定です。

コレを設定しておけば、例えポリシー違反のサイトに自分の広告コードが表示されても「私はAdSenseを表示させるサイトをここに書いてあるドメインだけに決めています!」という意思表示をGoogleに出来るのでアカウントが停止するリスクを低減させる事が出来ます。

許可サイト設定を忘れてAdSenseを貼っていた場合

ただ、許可サイトを限定しているのに、限定している事を忘れた状態で、新しく作ったサイトにそのままAdSenseを掲載したとするとどうでしょうか?

それは当然【新しく作ったサイトを許可サイトとして登録するまでは自分の収益としては認められない】事になります。従って、冒頭の「お客様の広告コードは~~」というメッセージは収益の低下を防ぐためにわざわざGoogleが教えてくれている親切メッセージという訳ですね。

対処方法

対処方法は簡単です。先ほど説明したように「サイトの認証」画面に行って、許可サイト以外に広告が表示されているドメインを確認。

自分が自らの意志で貼った広告であれば許可サイトに追加すればそれで終了ですし、誰かが勝手に自分のコードを使っている可能性が有るならば「許可しない」をクリックすれば良いだけです。

実際の画面が有ると更に分かりやすいのですが、丁度「許可しない」をクリックしてしまった後にこの記事を書いているので、また警告が出て来たら画像も載せるようにします。

まとめ

許可サイトを設定しておけば他にも便利なことが有ります。

■コピーサイトの発見に役立つ
たまーにサイトやブログ丸ごと転載する人が居ますよね。そういう人ってAdSenseのコードとかだけは自分のアカウントに変更するのが普通なんですけど、変更を忘れて人の広告コードをそのまま貼り付けている場合が有ります。

そうすると、アドセンスで警告画面が出て来ますので「あっコイツ俺のサイトそのまま転用してるじゃん!」というのが分かりまして、コピーサイトへの対処が早くなる場合が有ります。

■自分のサイトの整理にも役立つ
無料ブログに内容の薄い記事を入れて、AdSenseをベタベタ貼り付けていた!という経験が有る人は結構いるんじゃないでしょうか。アフィリエイト初心者はやりがちですよね。

でも、初心者の時って管理意識があまり無いので無料ブログのIDとpassをメモしてないなんて事も良くあるんじゃないでしょうか。内容の薄いページでの広告表示はアカウント停止の恐れがありますので、そういう意味でも許可サイトを設定しておくと、そのリスクを下げることが出来ます。

まぁ一番は不要なサイトやブログは削除するのが良いですけどねー。

というわけで今日の記事は終了です。

スポンサーリンク

見ておかないと損をするコンテンツ

  • dmmキャンペーン

    DMM FXのキャッシュバックキャンペーンで最大30,000円ゲット

  • NISAのまとめ

    NISA(ニーサ)口座開設キャンペーンのまとめ-口座開設だけで2千円は最低貰える

  • Amazonで節約

    【還元率2.3%】Amazonで商品を割安で買う方法を公開