節約投資のススメ

AdSenseのテキスト広告とディスプレイ広告はどちらが効果的?ABテストで確かめろ!


この記事を読むのに必要な時間の目安: 9分ぐらい

Google AdSense成功の法則

AdSenseの広告タイプを選ぶときに「テキスト広告とディスプレイ広告」「テキスト広告のみ」「ディスプレイ広告のみ」の3タイプから選ぶことになるわけですが、これ、迷いませんか?

AdSenseの広告タイプ

どれを選んだら最も効果が高いのだろう!ってね。特にAdSense始めたての頃は右も左も分からないので悩んじゃうと思います。今日はその検証をGoogle AdSenseのABテスト機能を使って試してみましたよって話です。

ディスプレイ広告はバナー広告(画像etc)の事です。

スポンサーリンク

AdSenseのセオリー

まずはAdSense側からの広告タイプ選択のセオリーについて考えてみます。

  • テキスト広告とディスプレイ広告
  • テキスト広告のみ
  • ディスプレイ広告のみ
上記3つの広告タイプのうち、どれを選んだらいいか?セオリーは間違いなく「テキスト広告とディスプレイ広告」を選択すること。つまりテキスト広告もバナー広告も両方出すタイプって事ですね。

Google先生も「テキスト広告とディスプレイ広告」を推奨案として提示しています。

収益見込みに基づく推奨案

で、気になるのが何故「テキスト広告とディスプレイ広告」の両方を出すことを推奨しているか?ですよね。これは簡単で両方出したほうが最も収益が上がる可能性が高いからです。

ではなぜ、両方出したほうが収益が上がる可能性が高いのか?と言うと、それはAdSense広告の表示がオークション形式になっているからです。この辺り分かりにくいと思うので詳しく説明します。

つまり、僕らのブログに広告が表示されるときに、広告主側で広告枠を巡ってバトルが起こっているんです。「このブログのこの広告ユニットには俺の広告を入れさせろ!」的な広告主が沢山存在しているわけですね。おかげで僕らはAdSenseで収益を上げることが可能になります。

で、このバトルの決着はどう付けるのか?というと色々な要素を加味して決着を付けるのですが、その中でも主要因となるものがやはり「クリック単価」です。クリック単価を高めに設定している広告主の広告ほど僕らのブログで表示されやすくなります。

オークションバトル(photo by Battle on Soverzene-Pascal)

なので、広告タイプとして「テキスト広告のみ」「ディスプレイ広告のみ」を選択していると「テキスト広告とディスプレイ広告」を選んだ場合と比べると、バトル・オークションに参加してくれる広告主の数が少ないのでクリック単価も上がりにくいんですね。

だから、出来るだけ多くの広告主がオークションに参加しやすい「テキスト広告とディスプレイ広告」が推奨の広告タイプになっているわけです。これがセオリーです。

AdWords側の視点もちょっと入れてみる

一方、AdWords側、広告主側の視点も見てみましょう。

僕は現在アフィリエイト活動をメインとして生活していますが、広告主のAdWords運用のお手伝いも何件かやっています。つまり先ほど説明した、オークションに参加する広告主側としてもAdSenseを見ているわけです。

で、一般的にテキスト広告よりもディスプレイ広告(バナー広告)の方がクリック率も高いし、成約率も高いと言われてるんですよね。事実僕が運用している広告主もディスプレイ広告の方がパフォーマンスが良いんです。*1

参考:ディスプレイ広告はテキスト広告よりも効果的である | SEM-LABO

AdSenseでは広告をクリックしたユーザーが、広告主のサイトで商品やサービスを購入したのか否かまで見て僕らの広告枠の単価を決めています。スマートプライシングと呼ばれるものですね。スマートプライシングの説明は下記記事が分かりやすいので参考にして下さい。

アドセンス収入を左右するスマートプライシングとは

簡単に説明すると、Googleはパフォーマンスの良い広告枠には高いクリック単価を、パフォーマンスの悪い広告枠には低いクリック単価を設定してバランスを取っているんです。広告主も成約に全然繋がらないのに、やたらクリックだけされる広告枠に大金は払いたくないですからね。

なのでAdSenseでは誤クリック狙いの広告配置はご法度ですよ。だって誤クリックして飛ばされた先で何か商品買う事なんて無いでしょ。すぐに戻るボタン押しますよね。

結果、スマートプライシングが下がって、収益全体が落ち込みます。

であればですよ、AdWordsを出稿している人間からしてディスプレイ(バナー)広告の方がパフォーマンス高い方が多いんだから、「ディスプレイ広告のみ」に設定したほうがスマートプライシングが上がって収益向上に繋がるんじゃね?と思ったわけです。

そこで、僕は「ディスプレイ広告のみ」と「テキスト広告とディスプレイ広告」のABテストをやったので結果を公開したい!と思ってこの記事を書いている訳です。前置きなげー。

注意

*1 「一般的にバナー広告の方がパフォーマンスが良いと言われている&僕が関わっているアカウントもそうなっている」だけで有って、必ずしもそうなるとは限りません。魅力的なコピー/テキストならバナーより良いパフォーマンスを出すことも可能です。念のため。

またバナー広告はクリエイティブの差によっても結果は大きく変わってきますのでその辺はご理解下さい。

AdSenseでのABテストのやり方

結果を伝える前にまずはABテストのやり方を書こうと思ったのですが、僕より詳しく書いている記事がいっぱい有ったのでそれらを厳選して紹介します。

まずは、AdSenseの日本版公式ブログ「InsideAdSense」の記事です。

Inside AdSense : 【新機能】管理画面内で A/B テストを設定し、収益性の高い広告設定を行いましょう

ついでにテスト機能のヘルプ記事も読んでおきましょう。

テストについて – AdSense ヘルプ

その上で、下記記事を見るとやる方分かると思います。

アドセンス収益アップ狙うなら「テスト」をやるべき!最適な広告設定を見つけ出せ! | love guava!

結果発表!やっぱり両方出すのが良かったです

もう見出しに結論書いちゃってますが、スマホ・PCの4つの広告枠でテストした結果、3つの広告枠で「ディスプレイ広告のみ」よりも「テキスト広告とディスプレイ広告の両方」を選んだほうがRPMが高くなる!という結果が出ました。しかも結構圧倒的でした。

残り1つの広告枠に関してはそもそもクリック数が少ないのでまだテストが終わってませんが、今のところこちらも両方出した方がRPMは高くなっています。

なお、テストしていた広告枠は記事下の広告達です。

というわけで、バナー広告だけに絞ってウハウハしようと思っていた僕の目論見は儚くも消えてしまったという記事でございました!皆さんもセオリー通りにやることをおすすめします!

もちろん、僕のブログではこうなった!というだけで皆さんのブログでどうなるかは分からないので、ABテストで自分でチェックしてみることをおすすめします(・∀・)

Google AdSenseの広告ユニット配置換えで収益が2倍以上になった話

スポンサーリンク