節約投資のススメ
消費税

ヤフオクの個人間取引ならなぜ消費税が0%になるのか税法を見ながら超簡単に解説するよ!


この記事を読むのに必要な時間の目安: 4分ぐらい

消費税

最近ネット広告しかり、テレビCMで【ヤフオクなら消費税かかりません!】という広告が多いですね。今は殆どヤフオクを見ることは無い官兵衛(@tousetu27)ですが、個人的にネットリテラシーの高い人も多くなったので昔ほどヤフオクの勢いは無いのかなと思っています。適当に書いています。

というわけで今日は表題に有るように個人間取引だとなぜ消費税が0%になるのかについて簡単に書いておきたいと思います。いわゆる僕の中ではライトネタ。もし読者様の中に僕の気持ち悪い長文を期待している方いればごめんなさいね。

明日以降に長文書きますからね。まぁそんなことはどうでもいいですね。

スポンサーリンク

というわけで気を取り直して何でヤフオクの個人間取引なら消費税が0%かご紹介しましょう。

正解は

税法上そうなっているから!!

というだけでは面白みに欠けるので、一応消費税法を取り出して解説して行きたいと思います。というかこのブログのどっかの記事で既に書いたかも知んない。でも書いてないかもしれないので書く。

あと念のため言っておきますが、ヤフオクの個人間取引だから消費税が0%になるわけでは有りません。【個人間取引だから消費税がかからない】のです。

個人間取引は消費税0%の消費税法の根拠条文は第4条だよ!

消費税法の第4条第一項には以下の様な記載が有ります。

国内において事業者が行つた資産の譲渡等には、この法律により、消費税を課する。

つまり事業者が行った資産の譲渡等にだけ消費税が課される事になります。

では事業者とはどういった人の事を差すのでしょうか?それは第2条4項に書いてあります。

事業者 個人事業者及び法人をいう。

法人はまぁ置いといて、じゃあ【個人事業者】とはどういった人の事を差すのでしょうか?それは第2条3項に書いてあります。

個人事業者 事業を行う個人をいう。

そう。つまり個人で事業を行っている人の事ですね!

つまり事業として行っていない人が売買をする分においては消費税がかからないわけです。

・ヤフオクで子供が着なくなった古着を売る
・冷静になると恥ずかしくなる(であろう)ジャニーズ追っかけ時代のお宝アイテムを売る
・最近曲を出さない小沢健二のCD「今夜はブギーバック」がまだ聞ける状態だったので売ってみる

こんな事をしても消費税はかからないわけです。

なぜなら、それを事業として行っていないから。

もし事業としてやってるなら消費税かかりますけどねー。事業として認定されるのはどの位の取引からか?って所は結構線引が難しいのですが普通にやってる分には問題有りません。

皆さんに忘れられないためだけに皆が知っているような記事を書きました。官兵衛でした。

というわけで明日は前々回位に書いた「freee」のライバルであろう「マネーフォワード」の使い心地の記事か、最近官兵衛的に高値になっている電話代を削減する方法を調べて記事にしようかの二本立てになる可能性が高いよ!

スポンサーリンク

見ておかないと損をするコンテンツ

  • dmmキャンペーン

    DMM FXのキャッシュバックキャンペーンで最大30,000円ゲット

  • NISAのまとめ

    NISA(ニーサ)口座開設キャンペーンのまとめ-口座開設だけで2千円は最低貰える

  • Amazonで節約

    【還元率2.3%】Amazonで商品を割安で買う方法を公開