節約投資のススメ
マイホーム

なぜ注文住宅は13年9月30日までに契約しなければ増税の影響を受けるのか?


この記事を読むのに必要な時間の目安: 4分ぐらい

マイホーム

消費税増税が来春から行われるのに、なんで注文住宅は2013年9月30日までに契約しないと消費税5%で購入できないんだろう?と疑問に思ったことは有りませんか?そのなぜを今日は解明します。

ちなみに、土地の譲渡・貸付には消費税はかかりません。消費税法の別表一において土地に関しては消費税を課さない事が明記されているからです。従って、注文住宅の場合は建物・家屋代(工事費含む)にだけ消費税がかかることになりますので、土地は除いて考えてくださいね。

スポンサーリンク

そもそも消費税は2014年3月31日までの取引であれば消費税は5%のままのはずです。しかしながらなぜ2013年9月30日までに契約しなければならない!!と住宅販売会社が煽っているかというと消費税増税法の経過措置で2013年9月30日までに契約した請負契約に関しては消費税は5%のままにすると書いてあるからです。

これ、強制措置とかじゃなくて経過措置なので政府が国民の負担をなるべく減らそうとして作ってくれた恩情措置です。(恩情は語弊があるとは思いますが・・・)

普通、注文住宅は消費者からの注文を受けて建設を始めます。そして注文住宅の建設が完了するのは平均して6ヶ月~8ヶ月程度かかると言われています。しかしながら、消費税増税の煽りを受けて多くの人が注文住宅購入に走ると建設の遅れが生じてしまい2014年3月までに住宅の受け渡しが出来ずに消費税が8%の状態で買わなければならない人が大量に生じてしまう事を想定して作られた経過措置ですね。

例えば2013年10月5日に契約して何とか2014年3月31日までに完成すればいいな~と思っていたけど結果として2014年5月に完成したのであれば消費税は8%になります。
 
しかし、この経過措置のおかげで2013年9月30日までに契約すれば2014年4月以降に完成・引き渡しがずれ込んだとしても法律で消費税5%のままで取引してあげるよ~ってことです。
 
こっちのほうが分かりやすいですかね?

なので、反対に考えれば注文住宅であったとしても2013年10月以降に注文をして2014年3月31日までに引き渡し・決済が完了していれば消費税は5%ですみます。しかしながら先程も言ったように注文住宅は注文してから完成までに6ヶ月~8ヶ月程度は平均でかかると言われていますし、駆け込み需要で大量の建設ラッシュが起きますから普通に考えて更に完成までの期間は延びるはずです。そうなれば消費税は8%になります。

だから消費税増税の影響を排除できる2013年9月30日までに契約しちゃったほうがお得ですよ~という感じで販売会社は言っているわけです。

その他消費税増税の影響を受けるもの

その他住宅の購入で影響を受けるもの・受けないものをまとめておきました。エクセルで作った表は貼り付けただけなのでスマホの方は見にくいかもしれませんがご容赦下さい。

消費税

次回の記事では注文住宅に限らず分譲住宅・マンション、中古住宅・マンションに分けて消費税がかかる部分・かからない部分を紹介出来たらいいなと思います。

参考記事:購入住宅別の消費税増税の影響のまとめ

スポンサーリンク

見ておかないと損をするコンテンツ

  • dmmキャンペーン

    DMM FXのキャッシュバックキャンペーンで最大30,000円ゲット

  • NISAのまとめ

    NISA(ニーサ)口座開設キャンペーンのまとめ-口座開設だけで2千円は最低貰える

  • Amazonで節約

    【還元率2.3%】Amazonで商品を割安で買う方法を公開