節約投資のススメ
ふるなび

ふるなびの評判と感想~クレジットカードを使う場合の手順や注意点まとめ!


この記事を読むのに必要な時間の目安: 15分ぐらい

ふるなび

今回はふるさと納税の記事。前回「さとふる」の使い勝手等々を書きましたので、ふるなびに関してチョロチョロっと書いていきたいと思います。

ふるなびは、2016年11月5日現在でお礼品件数約6,7000件(自治体数は不明)程度の中堅のふるさと納税ポータルサイトです。運営会社がアイモバイルというWEB系の会社なので、これからドンドンと成長していくのが期待されます。

というわけで、ふるなびの特徴点や使い勝手、クレジットカードを使った場合の申込み手順などを見ていきましょう。

スポンサーリンク

ふるなび最大の特徴は評判通り家電に強い事!

色々と特徴点はありますが、やはりふるなび一番の特徴は「家電製品」の品揃えが豊富なこと!他のポータルサイトを見ていると、楽天ふるさと納税も結構良い感じの家電製品を揃えている感はありますが、特にパソコンに関してはふるなび1強かなという感じです。

電化製品を提供している自治体を見てみると、以下のように長野県が多いです。ちなみに、私が使用しているモニターはiiyama製なので「長野県 飯山市」に縁が有ります。(今は株式会社iiyamaはなくなってiiyama製と言ってもマウスコンピューターが作ってるそうですが。wiki参照

  • 長野県 喬木村
  • 長野県 飯山市
  • 長野県 安曇野市
  • 長野県 伊那市
  • 長野県 岡谷市
  • 佐賀県 みやき町
  • 山形県 米沢市
  • 静岡県 小山町
  • 神奈川県 綾瀬市
  • 京都府 大山崎町
  • 茨城県 日立市
せっかくなので、どんな電化製品が有るのか簡単に見てみましょう。

長野県飯山市-タブレット型PC10.1型やiiyama製ディスプレイ

飯山製のディスプレイ

24型のiiyama製ディスプレイが60,000円の寄附で貰えます。他にもサイズは他にも31.5型などもあり。

タブレット型PC

こちらは10.1型のタブレット型PCで70,000円の寄附から貰えます。他にもマウスコンピューターのノートパソコン、デスクトップパソコン、はたまた電動カートなんかも取り扱っていますね。

パソコンの性能的にも、普通の人が普段使いする分には全く問題ないレベルと言えます。但し、高価な商品ということもありほとんど数量限定で紹介されていますので、申し込むなら早めが吉。

長野県伊那市-テレビやストーブ

パナソニックハイビジョン液晶テレビ 4K対応 49型

なんと「パナソニックハイビジョン液晶テレビ 4K対応 49型」がお礼品。しかし寄附金額は500,000円以上から!でもふるさと納税でテレビ貰えると凄い得した感が有る。

ストーブ

なかなか家庭におかれる物では無いと思われる「薪ストーブ」も有りました。コレを置くと家の中が一気にオシャレになるかもね。但し寄附金額は400,000円とかなりお高め。他にも伊那市はパナソニックの低速ジューサーとか布団掃除機・スチーマーナノケア・ホームベーカリーなど日常でも使える家電を結構多く揃えています。

山形県米沢市-Lenovo・NECのパソコンが沢山

レノボ・NEC

お礼品の全てがLenovoかNECのパソコンとなっているのが山形県米沢市。先程のマウスコンピューターはそこまで有名なところじゃないので中々手を出しにくいかもしれませんが、NECやLenovoなら一般的な認知度も高いので手を出しやすいですね☆最新版のPCも随時取り揃えているようなので、申し込むならこちらもお早めに。


一度食べたらなくなってしまう食料とは違って、家電は長く使えるのでコストパフォーマンスが高くて良いですね。ただ、高級品が多い家電の場合必然的に払うべき寄附金額が高くなってしまうので、一般家庭では申し込みにくいのが難点ですが・・・。

とにかく家電が欲しいなら、まずはふるなびをチェックしてみると良いでしょう。

その他の特徴的なサービスの紹介!

ふるなびの特徴といえば「家電」です。でも、それ以外にもユニークなサービスを提供しているので、そちらも紹介しておきましょう。

ふるなびグルメポイントを使えば有名店の料理が食べられる!!

ふるなびグルメポイント

ふるなびグルメポイント「寄附金額の半分をポイント化して、そのポイントを有名料理店の食事代金に充当することが出来る」サイトです。返礼品を料理店に絞ったふるなびの派生サイトですね。

同じような派生サイトとしてふるさとチョイスの「わざもり」あるいは「きふたび」なんかが有ります!

サイトを見てもらうと分かるように、利用できる料理店が現状「東京・大阪・名古屋」にしかないので、首都圏以外の人はちょっと使いにくいかもしれません。またお店の種類も豊富というわけじゃなくて「肉料理屋」さんばっかりです。

今のところは、行ってみたいお店があったらラッキー!くらいの感じで気軽にサイトを覗いてみるのが良いでしょう。

ポイント自体は「即日発行&有効期限無し」なので、他に寄附したい自治体がない場合に、とりあえず節税の為に寄附するというやり方もOKです。

ポイントは寄附した自治体と提携している店舗でのみ利用可能。ふるなびグルメポイント内全ての店舗に使える訳では有りません。

ふるなびグルメポイントの詳細はこちらから

年収2,000万円以上の方向けのふるさと納税代行サービス【ふるなびプレミアム】

ふるなびプレミアム

専任のコンシェルジュが貴方の希望を聞いて、ベストなふるさと納税の寄附プランを考えてくれるサービスです(サービス名はふるなびプレミアムと言うらしい)。対象者は年収2,000万円以上の富裕層のみ。

年収2,000万円だと寄附金の枠が最低でも50万円以上有るので特産品を選ぶだけでも疲れますからね・・・。それを専任のサポート担当者が無料で代わりに見繕ってあげましょう!というサービスです。

高額所得者の人が特産品選びに時間をかけるのは”費用対効果の面”から考えると不効率では有るので、時間も税金も節約したい人はどんどん利用してみると良いと思います♪

ふるなびプレミアムの詳細はこちら

ふるなびを使用してみた感想~サイトの操作性があんまり良くない・・・

続いて、私が「ふるなび」を利用してみた感想を紹介します。

返礼品の数自体は6,690件とそれなりに有るので、あーこのサイト全然使えない!なんて事にはなりません。返礼品のカテゴリーとしても、以下のように18種類有るので不足なし。

●肉・ハム類●米・パン●果物類●魚介類●野菜類●酒・アルコール●お茶・飲料●お菓子・スイーツ●麺類●雑貨・日用品●調味料・油●卵●加工食品●電化製品●工芸品●感謝状●特典・ギフト●セット類その他

なので普通に利用する分には全く問題有りません。しかし、操作性はあんまり良くないです。

  • 返礼品カテゴリーごとの取扱い件数が分からない
  • 返礼品検索で地域カテゴリーがない
  • そもそも検索しにくい
  • 自治体情報ページをみても「特産品の内容」「それに対応する寄附金額」の全貌が分からない事が多い
  • さとふるのように個別の特産品を選んで寄附することが出来ない etc
他にも色々あります。

特に僕が感じる問題点は「サイト上でふるなびが申し込みさせたい自治体の情報が全面に押し出されすぎ!」という部分ですかね。人気特産品ランキング!とかで出すんだったらまだしも、そういう形態でも無いですし。

そもそも、ふるさと納税って数ある特産品の中から自分が欲しいものを選ぶ!という工程を楽しむ物なのに、今のふるなびのサイト構造だと、そういうのがしにくい状況に有ります。

ライバルサイトとの関係性から「自治体の数とか特産品の数」などの情報をあまり出したくないのは分かりますけど、もうちょっとユーザーが特産品選びでワクワクするようなサイト構成にして欲しいかなと思います。

と、まぁ悪いことばっかり言っても仕方ないですね。これからの改善に期待しましょう!前述したように家電に関しては数あるポータルサイトの中でもピカイチですからね!

ふるなびの公式サイトはこちらから

ふるなびでクレジットカード決済する時の手順・注意点

というわけで、申し込む際の手順と注意点をまとめて紹介していきたいと思います。長くなってしまうので、申込み手順なんていらないという人は「まとめ」に飛んで、わたし的ふるなび総括を御覧ください。

まず欲しい特産品を見つけて下さい。私は今回「はや泉州の郷 黄金比率ハンバーグ10個(1.5kg)を選択しました。

ハンバーグの選択

ちょっと分かりにくいですが、上記画像赤枠で囲った部分を押すとスムーズに該当の特産品の申込みページに移動できます。青枠の「自治体名」を押すと自治体紹介ページに移動するので、ちょっとややこしくなります。特産品決め打ちで申込みたい場合は赤枠のところをクリックして下さい。

すると以下のように「寄附申込みフォーム」の画面に遷移できます。

寄付申込みフォーム

申込みフォームで求められるのは

・申込み者情報
・ワンストップ特例制度を利用するか否か
・特産品あるいは寄付受領書を別住所に送付するか否か
・寄附金額
・支払方法
・寄附金の使い道
・欲しい特産品
・自治体への応援メッセージ
・寄付者氏名を自治体HPに掲載するか否か

です。以下、順番に見ていきます。

ワンストップ特例制度の利用

ワンストップ特例制度の利用

ワンストップ特例制度を利用される方は赤枠のところにチェックを入れましょう。特産品の納付先や受領証明書等の送り先が違う場合には「青枠」で囲んだチェックマークを入力。別途住所を入力する画面が出てくるので、そちらに任意の住所を入力して下さい。

寄附金額・寄附金の支払い方法・寄付機の使い道の選択

寄附金額と支払い方法と使い道

先程書いたように、特産品決め打ちで申込みフォームに移った場合は、寄附金額のところに、その特産品をゲットするために必要な寄附金額が最初から設定されています。なので触る必要なし。

また、支払い方法をクレジットカード払い(Yahoo!公金支払い)を選択する場合は、クレジットカードのポイントを漏れなくゲット出来るようにしておきましょう。JCB・ダイナース・アメックスではポイントが付与されないので、還元率の高いクレカで支払うようにして下さい。

寄附金の使い道に関しては自由に選んでもらえればと思います。

特産品を選ぶ

特産品の選択

お礼品を希望するにチェックを入れます。そして、自分が欲しい特産品を上記画像のように選択して下さい。(ここでイチイチ自分の目当ての特産品を選ばなければならないのが面倒くさいですね。)

選択が終わると下記画像のように、自分が選んだ特産品の画像が出てきます。

自分が選んだ特産品

応援メッセージやその他備考

応援メッセージ等

そして、最後に寄附する自治体への応援メッセージであったり、寄付者氏名のHPへの掲載可否等を選択。ふるなび上での入力項目はココで終わり!

「申請確認画面へ」をクリックして、入力情報に誤りがないか確認しましょう。下記画像が入力内容チェック画面です(クリックで拡大出来ます)

ふるなび確認画面

まだ「ふるなび」の会員登録が済んでいない人は上記確認画面で「上記の内容で会員登録する」にチェックマークを入れれば、会員登録出来るので二度手間を防げます!

問題なければ「送信する」ボタンを押しましょう。

クレジットカード払いの手順

続いてクレジットカード払いに移ります。ふるなびは「Yahoo!公金支払い」を利用してのクレカ払いになりますので、下記赤枠部分を押して「Yahoo!公金支払い」のページに移りましょう。

クレジットカード払いへ

Yahoo!JAPAN IDへのログインを求められますので、IDとパスワードを入力してログインして下さい。Tポイントも支払いに使えるので、Tポイントが一番溜まっているIDでログインしましょう。

Yahoo!JAPANIDログイン

ログインすると、支払情報入力画面に移りますので

・Tポイントをいくら使うのか?
・どのクレジットカードで払うのか?

の2つを選んで「次へ」をクリック。

Yahoo!公金支払い入力

注意点として「カード利用日が11月4日の場合、確定申告用の「領収証書」は11月29日まで発酵されません。」と書かれてはいますが、確定申告自体は2月16日~3月15日にやるものなので、駆け込みで寄付する場合でも特に気にする必要はないです。間に合うので。

ふるさと納税支払い

内容を確認して「支払う」をクリック!

数秒~数十秒待つと以下のように完了画面がでます。一応印刷して保管しておきましょう!

印刷完了画面

印刷が終わると、下記のようにふるなびの画面に戻って、寄附が完了したことが表示されます。

寄附完了

お疲れ様でした!

まとめ

以上、またもや長くなってしまいましたので「ふるなび」のポイントについて簡単にまとめていきます!

  • 家電が欲しいならふるなびがオススメ!
  • 家電以外でも特産品は十分に揃っている
  • 納税代行サービスやグルメポイントなどの他サイトではやっていないサービスで付加価値を提供
  • 但しサイトのユーザービリティーは悪い
という感じですね!

ふるなびでふるさと納税する人はこちらから

スポンサーリンク

見ておかないと損をするコンテンツ

  • dmmキャンペーン

    DMM FXのキャッシュバックキャンペーンで最大30,000円ゲット

  • NISAのまとめ

    NISA(ニーサ)口座開設キャンペーンのまとめ-口座開設だけで2千円は最低貰える

  • Amazonで節約

    【還元率2.3%】Amazonで商品を割安で買う方法を公開