節約投資のススメ

「nisa」の記事一覧

平成26年の税制改正で同一の勘定設定期間内でもNISA口座の金融機関を変更することが出来るようになりました。この制度は金融機関によっても変わりますが、平成27年1月から受付が開始されています。今の金融機関に不満がある人は変更するチャンスです。

nisaと確定拠出年金の併用

NISAと確定拠出年金の併用は可能!併用時の投資の考え方


NISAと確定拠出年金(DC)の併用は可能です。では、併用できるとして両者をどのように使い分けて投資をしていけばいいのでしょうか?その辺りについて個人的に書いてみました。ただ、投資は色々な考え方が有ると思うので、皆さんは皆さんが思う良い方法をすれば良いのかなと思います。

nisa-確定拠出年金

どちらも非課税で投資が出来る!という性質を持つ2つの制度ですが、両者の違いはどんな所に有るのでしょうか?従来の公的年金だけでは老後の生活が不安という人は多いと思いますが、両者の意味をしっかりと理解して積立していけば安定した老後の生活が待っていると思いますよ♪

なんとこども版NISAが実際に施工されるとその影響額は5兆円にまで昇るのではないかと言われています。確かに溜め込んでいる財産を相続税でむしりとられるよりは世代間移転をして市場を活性化したほうが良いかもしれませんね。

松井証券

最近松井証券のNISA(ニーサ)口座開設キャンペーンって無いんですか?という質問が来ます。派手ではないですが、実は多くの人が喜んでいる投資キャンペーンが松井証券では開催されています。損得しっかり見極めて口座開設するようにしましょう。

SBI

SBI証券NISA口座開設キャンペーン第2弾!詳細はココから!


2013年9月30日で一旦NISA口座の開設キャンペーンを締めきっていたSBI証券ですが、なんと10月の途中から再度キャンペーン第2弾を行っています!

SBI証券のキャンペーンに申し込めずに悔しい思いをした方はチャンスです!この機会をお見逃しなく!

NISA落とし穴

NISAの落とし穴・・・それはやはり「損益通算」が出来ない所ですね。ただ、もしかしたらこの落とし穴もいつかは解消されるかもしれません。

その他NISAって何?私は誰?状態の人でもNISAがしっかり理解できるようにまとめ記事の紹介をしています。

question

色々とNISAに関する情報は紹介していますが、細目に関してはあまり述べていませんでした。

ということで、色々Q&Aサイトを回って皆さんが悩みそうな所をQ&A形式で紹介しています。文字だけですので非常に読みにくいですがご容赦下さい。

nisaキャンペーン

NISA口座開設キャンペーン比較【大手ネット証券8社の一覧】


NISAで投資を始めたい全ての人に読んでほしい!!NISA口座を開設することによって貰えるキャンペーン情報一覧。

またついでに通常の口座開設キャンペーンの情報も紹介しています。口座を開設する時はもちろん手数料の比較もお忘れなく!!

ブラックジャックによろしく

金融機関各社がNISA顧客取り込みに躍起になる中、マネックス証券が面白いサイトを作っていた。その名も「NISAによろしく」。一話一話にオチが付いていて非常に面白いのでもうこれだけでもマネックス証券に決めちゃってもいいんじゃないかと思う。