節約投資のススメ
洗濯機

洗濯機周りの節水!水道代を節約するためにやっておきたい主要事項


この記事を読むのに必要な時間の目安: 8分ぐらい

洗濯機

キッチンお風呂場の節水に続いて、今回は洗濯機まわり。平成24年度の東京都水道局の調査では、家庭の中で4番目に多く水を消費しているポイントです。

トイレやお風呂の節水と合わせて実行しておきたい所ですね!

本文中1ヶ月は30日、1Lの水道代は0.3円で計算しています。

スポンサーリンク

洗濯の回数を減らす・まとめて洗う

毎日こまめに洗濯をする事は素晴らしいですが、毎日毎日洗濯機を回していると、どうしても無駄に使ってしまう「水」が出てくるはず。例えば容量8kgの洗濯機が有ったとして、毎回毎回8kgの洗濯物を入れるなんて事は有りませんよね。

8kgの容量に対して2kgの洗濯物しか入れてない、なんてことになると電気代も無駄ですし、不必要な水も使ってしまう事になります。(まぁ水量選べば多少はマシだと思いますが)。

洗濯機

一人暮らしの人など家族が少ない家庭であれば、1日洗濯しなくても充分に対応できるはずなので、2日に1回・3日に1回など洗濯の回数を減らしてみましょう。

最近の洗濯機は、1回あたりの洗濯で約20円程度の水道代(ドラム型の標準使用水量での概算値)がかかります。従って、回数を2日に1回減らせば月400円、3日に1回に減らせば月600円の節約になります。

なお、一般的には洗濯機に入れる洗濯物の量は容量の80%程度が最も効率よく選択できると言われていますので、「詰め込みすぎず・つめ込ま無さすぎず」で洗濯を行うのが、丁度良い按配のようです。

バスタオルは使いまわすか数日使う

きれい好きの人からすると、ちょっと考えられない方法かもしれませんが、これも結構節約効果が有るみたいです。やはり、洗濯物の中でもバスタオルが占める容量は大きいですからね。洗濯機に入れた時の【陣取ってる感】は半端ないです。

バスタオル

バスタオルは、お風呂で綺麗にした体に付いた水滴を拭き取るものなので、汗を拭く場合と比べれば、汚れの付着度合いは少ないです。従って、体を拭いたバスタオルをハンガーなどにかけて干せば2,3日洗わなくても大丈夫。

(但し、臭いが気になる時は細菌が繁殖している可能性も有るので、気にせず洗濯。)

もし可能なら家族でバスタオルを使いまわすのも有りです。子供がいる家庭では中々難しいかもしれませんが(笑)

お風呂の残り湯を使う

これも基本中の基本ですよね。残り湯を50Lでも洗濯に回す事が出来れば、それだけで1日15円(50L×0.3円)の節約です。1ヶ月なら450円。そう考えると、やっぱりお風呂の水道代って結構高いですね(´・ω・`)

ちなみに、香川県中央生活センターの発表(リンク無し)では、組み上げポンプを使って40Lの水を移動させる場合にかかる電気代は約0.1円程度とのこと。多く見積もっても1回あたり1円かかることは無いので、組み上げポンプの電気代を加味しても断然お得。

洗濯機に付随のポンプが無い人は買いましょう。

FEEL ポンプス16自動停止ホース付タイプ[02P23Aug15]

FEEL ポンプス16自動停止ホース付タイプ[02P23Aug15]
価格:3,991円(税込、送料別)

汚れが少ない時はスピードコース(節約コース)で

どの洗濯機にも「標準コース」と「スピードコース」の2つの洗い方が有ると思います。この使い分けもちゃんとしましょう。スピードコースにすれば洗濯機を回す時間が大幅に短縮されますので、電気代も水道代もかなり節約できます。

例えば、僕なんか基本的に1日中家にいますので、夏場でも汗をかく事はほとんど有りません。最近は運動もしないので、部活をやっている学生さんのようにユニフォームが泥んこになる事も有りません。

なので、もっぱらスピードコースで洗濯していますが、別に汚れが落ちてないとか臭いが気になるかは有りません。そもそもほとんど汚れてないしね。

毎回毎回スピードコースで選択するのは難しいと思いますが、冬場など汗をかきにくい時期には積極的に活用するようにしましょう。

注水すすぎではなくためすすぎを使う

今は、ほとんどの全自動洗濯機で基本的に「ためすすぎ」が標準になっているようですが、すすぎの種類として「注水すすぎ」と「ためすすぎ」の2つが有る場合には、ためすすぎを選びましょう。

すすぎ

注水すすぎとは、文字通り水をジャブジャブかけながらすすぐ方法で、ためすすぎが水を一回洗濯槽に貯めてからすすぐ方法。当然、ジャブジャブ水をかけ続ける注水すすぎの方が水道代は高くなります。

すすぎの時間が同じなら「注水すすぎ」も「ためすすぎ」も洗浄効果は変わらないので、「洗剤が落ちないんじゃ・・・」なんて心配は不要です。

なお、最近は「注水すすぎ」や「ためすすぎ」の欠点を補った「シャワー すすぎ」も有るようです。

洗濯機/洗濯機のすすぎには、どんな方法がありますか-家電製品Q&A

節水グッズを使う

残り湯を汲み上げるポンプも節水グッズですが、ここでは1つ変わった節水グッズを紹介します。それが「洗濯ボール」です。

商品の説明を見るに、これを使えば洗剤が不要になり、節約効果は何と年間1.5万円だとか!

ただ、名古屋市消費生活センターが2004年に発表したデータ(ちと古い)において、洗剤を使わずに水だけで洗う時に、洗濯ボールを使った時と使わなかった時の洗浄効果の差が検証されていますが、洗浄効果は約1.1倍増しくらいにしかならないようです。

なので、これさえ有れば、洗剤を全く使わなくてOKという事では有りません。時と場合によって使いこなせば、少しは節約効果が見込めるかな?という感じですかね。(じゃあ書くな)

ちなみに「洗剤有りで選択する場合」と「洗剤なしで選択する場合」の洗浄力の差は約3倍だそうです。

【家庭用節水グッズのまとめ】

洗濯機をドラム式に買い換える

縦型洗濯機とドラム式洗濯機を比較すると、水道代・電気代ともにドラム式のほうが圧倒的に安いです。

購入費用の問題が有るので、中々手軽に買い換えられる物では有りませんが、洗濯機を買い換えようかな!と思っている人は迷わずドラム式を買いましょう。

各メーカーのドラム式と縦型洗濯機の電気代と水道代を比較してみた

スポンサーリンク