節約投資のススメ
ガソリンスタンド

ガソリン代の節約にスタンド専用クレジットカードはお得なのか?


この記事を読むのに必要な時間の目安: 12分ぐらい

ガソリンスタンド

ガソリン価格の推移記事に引き続いて今日もガソリンネタです。現在のようにガソリンの価格が高騰していると非常に家計も苦しくなるわけでガソリン価格を節約できればかなり家計も助かります。

参考:ガソリン代の価格推移を見守る記事

例えば1ヶ月150リットルの給油を行う人は5円引/リッター当たりの値引きを実現できれば1ヶ月で750円もの節約が出来るわけです。カードにもよりますが還元率は5%を超える場合も。

普通は通常のショッピング利用も踏まえてクレジットカードを選択すべきことですがこういう状況であれば給油に関してはガソリンスタンド専用カードを使ったほうが全体的にもお得になるという可能性も有ります。

というわけで今回はガソリンスタンド専用カードのガソリン割引率をまとめてみました。

なお、注意点としては本当に「ガソリンの値引き額」に関してしか取り上げません。ロードサービスとかは無視です。なのでマジで滅茶苦茶車運転します!という人以外は見ないようにして下さい!

スポンサーリンク

ガソリンスタンドの数-取り上げるガソスタの紹介

さて、ガソリンスタンド専用カードを比較すると言っても世の中には沢山のガソリンスタンドが有ります。「ガソリンスタンド一覧 – e燃費」によれば(2014年9月6日時点の情報-括弧内は店舗数です)

・ENEOS(12791)
・出光興産(4345)
・昭和シェル石油(3985)
・コスモ石油(3812)
・JA-SS(1946)
・エッソ石油(1803)
・モービル石油(1577)
・ゼネラル石油(826)
・キグナス石油(572)
・伊藤忠(396)
・SOLATO(362)
・三井石油(249)
・ホクレン(228)
・丸紅エネルギー(207)
・三菱商事石油(144)
・帝国石油(13)

と沢山有ります。しかし全てのガソリンスタンド専用カードを紹介していると長くなりすぎてしまうので、店舗数上位4社に絞って紹介していきたいと思います。つまり

・ENEOS(12791)
・出光興産(4345)
・昭和シェル石油(3985)
・コスモ石油(3812)

の4つですね。この上位4社だけで全国の給油所の約7割をカバーできるはずです。そもそもドライバーたるもの比較的どこにいっても見つかりやすいガソスタの会員にならなくてはなりません。

というわけで上記4社のガソスタ専用カードに絞って紹介していきたいと思います。

その他の注意点:値引きはガソリン価格のみであり経由などは含めていませんのでご注意下さい。また初月割引幅拡大など単月でしか効果のない節約効果には触れません。

ENEOSの場合

記事執筆時点で、日本で一番たくさん有る給油所で12791店舗有ります。JOMOブランドも現在はENEOSブランドに統合されました。

ENEOSカードの公式サイトへ

カード名割引額(率)通常買い物の
ポイント還元率
年会費
(税抜)
その他備考
ENEOSカードC
キャッシュバック
最大7円/ℓ値引き*11,250円
初年度無料
*2
ENEOSカードP
ポイント
3%値引き0.6%1,250円
初年度無料
*3
ENEOSカードS
スタンダード
2円/ℓ値引き0.6%1,250円
初年度無料
*5
*4
ENEOSカード(NICOS)最大7円/ℓ値引き*11,250円
初年度無料
*2

*1 こちらのカードはショッピング利用額と合わせて翌月のガソリン代価格が値引きになるタイプなので通常のポイント還元という概念は有りません。

*2 先々月のショッピングと合わせた利用額に応じて当月のガソリン給油価格が値引きになるタイプです。値引き額は以下の通りです。

ENEOSカードCの割引

対象となる給油は月150Lまでですので注意が必要です。

*3 3%値引きと書いていますが実際には1,000円の利用で30ptのポイントが貯まり1,000pt=1,000円の単位からENEOSで利用できるという事です。なお利用量の制限は有りません。

*4 利用量の制限は有りません。

*5 年1回でも利用すると年会費は無料になります。

出光興産の場合

記事執筆時点で4345個の給油所が有ります。そんな出光興産の専用カード一覧がこちら。

出光興産の専用カード公式サイトへ

カード名割引額(率)通常買い物の
ポイント還元率
年会費
(税抜)
その他備考
出光カードまいどプラス2円/ℓ値引き0.5%永久無料*1*2
ザ・ゴールド
出光セゾン
アメリカン
エキスプレスカード
2円/ℓ値引き0.8%7千円*1*2
ザ・プラチナ
出光セゾン
アメリカン
エキスプレスカード
2円/ℓ値引き1.0%2万円*1*2
出光カード最大20円/ℓ値引き*31,250円
初年度無料
*4
出光ゴールドカード最大30円/ℓ値引き*31万円*4

*1 いつでもガソリン値引きは月300Lの給油まで適用されます。

*2 ねびきプラスサービス
先々月(2ヶ月前)の利用額に応じて当月の給油値引き額が変わるサービス。具体的には以下の画像を御覧ください。値引きプラスサービスで*1の「いつでもガソリン値引き」に加えて最大6円/Lの割引となります。

出光値引きサービス

なお、出光カードまいどプラスの場合、ねびきプラスサービスの利用には年会費税抜500円が必要です。また、対象となる給油は月100Lまでです。

*3 出光カード及び出光カードゴールドは「た~まるコース」及び「ね~びきコース」の2つのコースから選択することになります。

「た~まるコース」の場合には通常のポイント還元率の概念が当てはまりますが、「ね~びきコース」の場合はカード利用額は全て*4にある翌月のカード割引額に反映されます。当記事はガソリン代の値引きに特化しているため「ね~びきコース」の場合で記載しています。

*4 「ね~びきコース」を選択した場合、前月の利用額に応じて翌月の値引額が変わるポイント制度を採用しています。

利用額に応じて

10,000円=1pt
5,000円~9,999円=0.5pt

のポイントがゲットでき、出光カードの場合は最大1ヶ月20pt、出光カードゴールドの場合は最大1ヶ月30ptをゲットできます。そして当月ゲットしたポイント数に応じて以下のように翌月のガソリン価格が変わります。

種類ね~びきレート
ハイオクね~びきポイント×1.0円/L
レギュラーね~びきポイント×1.0円/L

よって出光カードの場合は最大20/Lの割引、出光カードゴールドの場合は最大30/Lの割引となります。但し注意点として割引となるのは月150/Lまでなので気をつけて下さい。

昭和シェル石油の場合

記事執筆時点で3985個の給油所が有ります。そんな昭和シェル石油のスタンドカードがこちら。

昭和シェル石油のスタンドカード一覧へ

カード名割引額(率)通常買い物の
ポイント還元率
年会費
(税抜き)
その他備考
シェルスター
レックスカード
レギュラー最大8円/ℓ
ハイオク最大13円/ℓ
*11,250円
初年度無料
*5
*2、*3、*4
シェルスター
レックス
カードゴールド
レギュラー最大9円/ℓ
ハイオク最大14円/ℓ
*112,000円
*5
*2、*3、*4

*1 こちらのカードはショッピング利用額と合わせて翌月のガソリン代価格が値引きになるタイプなので通常のポイント還元という概念は有りません。

*2 前6ヶ月間の利用額に応じてランクが決まり、そのランクに応じて翌6ヶ月の値引き額が変わります。半年でショッピング利用額も合わせて60万円利用すれば最高のランク「5 Star」ランクとなるのでハイオクで12円/L、レギュラーで7円/Lの割引となります。

シェルスターレックスカード

なお、ゴールドカードの場合は上記画像に+1円/Lの割引があるものと考えて下さい。また割引となるのは月150/Lの給油までです。

*3 WEB明細サービスに登録することで+1円/Lの割引が受けられます。

*4 税別500円(期間6ヶ月間)で還元給油量オプションに加入できます。通常であれば月の給油量は150Lまでですがこれを利用すれば+200L/月アップで350Lまで給油できます。

*5 シェルスターレックスカードは年間24万円の利用で翌年度年会費無料、シェルスターレックスゴールドは年間240万円以上の利用で翌年度年会費無料になります。

コスモ石油の場合

記事執筆時点で3812個の給油所が有ります。コスモ石油のカード一覧がこちら。

コスモ石油カード一覧公式サイトへ

カード名割引額(率)通常買い物の
ポイント還元率
年会費
税抜
その他備考
コスモ・ザ・カード
オーパス
2円~6円/L程度0.5%永久無料*1、*2
コスモ・ザ・カード
ハウス
2円~6円/L程度無し500円
初年度無料
*1、*3
コスモ・ザ・カード
トリプル
*4*41,250円*4

*1 コスモ・ザ・カードに関しては請求時に値引きされるのではなく給油時に値引きされます。しかもその値引き額は店頭価格から何円という形でスタンド毎に設定されています。

従って行ってみないとどれくらい値引きされるか正確には分かりませんが大体2円~6円/Lで割引されているようです。また給油の上限量も有りません。

*2 コスモ・ザ・カード・オーパスはイオンクレジットサービス株式会社と提携しているためポイントはWAONとして利用することも可能です。

*3 コスモ・ザ・カード・ハウスはハウスというだけあって、コスモ石油でしか使えないクレジットカードです。つまりVISAやJCBなどの国際ブランドが付いていません。一応コスモ石油での買い物3,000円ごとに1マイル(10円)相当貯まりますが通常還元率0.33%ですのであまり意味は有りません。

*4 セディナと提携しているカードで還元率が非常に分かりにくいのでセディナ公式ページの利用例を紹介します。

セディナ-コスモ

つまり計算式で表すとこうなります。

(先々月の利用総額÷10,000)×(当月のコスモ石油関連利用料÷100)=値引き額

非常に分かりにくいですね。しかも割引額の上限は3,000円ですので利用すれば利用するほどいまいちなカードとなっています。

上記4つの中でどう選んでいくか

以上4つのガソリンスタンドのカードを一覧にしてまとめてみましたが、この4つのスタンドのどのカードを選ぶのがお得でしょうか。それはその人のライフスタイルによって変わってきます。

ただ、コスモ石油のクレジットに関しては最大値引き額が6円であり各スタンドのさじ加減によっても値引き額が変わってくるので少し選びにくいかなという印象が有ります。

であれば、選ぶのは残りの3つからです。ただ、最大値引き額だけでとらわれると痛い目を見ます。

例えば出光カードは最大20円/Lの値引きを月150Lの給油まで適用してくれますが最大20円/Lの値引きを受けようと思ったら最低20万円のクレジットカードの利用が必要です。この場合の還元率を考えると

(150×20円)÷200,000=1.5%となります。

ガソリンにしか割引が適用されず1.5%ということで考えれば、通常還元率2.0%のリクルートカードプラスや1.75%の漢方スタイルクラブカードの方が色んな用途で一律の値引き幅なので良いのではないかという判断が出来ます。

またENEOSの場合でしたら値引率と値引き額とどちらを取ったほうがお得なのかという問題も発生します。これに関しては月の給油量・月のクレジット利用料・ガソリン価格の3つを踏まえて考える必要が有りますね。またENEOSはTカードとクレジットカードの併用も可能なのでTポイント付与対象のクレジットカードなのか?という点も大事になります。

そういう意味では還元率2.0%のリクルートカード+0.5%のTカード=2.5%でENEOSを利用したほうが実はお得だったという場合も有ります。従って、ガソリンスタンド専用カードを使うか否かは本当に自分のライフスタイルによって決まってくると思いますね。

この辺り、どういう場合はどのクレジットを利用すれば良いのか等は近々まとめて公開していきたいと思います。

スポンサーリンク

見ておかないと損をするコンテンツ

  • dmmキャンペーン

    DMM FXのキャッシュバックキャンペーンで最大30,000円ゲット

  • NISAのまとめ

    NISA(ニーサ)口座開設キャンペーンのまとめ-口座開設だけで2千円は最低貰える

  • Amazonで節約

    【還元率2.3%】Amazonで商品を割安で買う方法を公開