節約投資のススメ
jr

JRの運賃・通勤定期代金をちょっとだけ節約できる乗車券分割とは?


この記事を読むのに必要な時間の目安: 7分ぐらい

jr

えー今日は、普段何気なく乗っているJRの運賃や通勤定期代金をちょこっとだけ節約する方法を紹介します。まぁ別にそこまで節約できる訳ではないですが、知っておいて損は無いと思います。

タイトルにも書いてありますが、その方法が「乗車券の分割」です。まずは実例を見て頂きましょう。

スポンサーリンク

乗車券の分割をすると安くなる例

僕が以前サラリーマンをしていた時に良く使っていた区間で説明します。

【三ノ宮⇔鶴橋】

料金情報はYahoo!路線図で調べています。

乗換案内、時刻表、運行情報 – Yahoo!路線情報

この時、普通に「三ノ宮から鶴橋」までの切符を購入すると「640円」かかります。

しかし、「三ノ宮から経由地である大阪」「大阪から鶴橋」という風に乗車券を分割して購入すると

三ノ宮⇒大阪間:410円
大阪⇒鶴橋:180円
合計:590円

となります。分割するだけで50円も差額が発生してしまうんですね。なので、昔頻繁に鶴橋まで行かなければならなかった時は「三ノ宮から大阪までの切符を購入して鶴橋まで乗車」⇒「鶴橋で乗越精算」という手法で電車代を節約していました。(普通に切符を買う場合は別に降りなくても良い。)

なぜ、こういう事が起こるのか?はJRの運賃の計算方法に依存します。

JRの運賃計算方法の基本的な考え方

JRは運賃を計算する上で、基本的に「この区間からこの区間の距離は何キロだから○○円」という計算方式を用いています。こういう計算方式を取っているため、乗車券を分割したほうが全体の運賃が安くなるという事例が発生します。

下記は「JRおでかけネットの乗車券ルール」から引用してきた、JR本州3社の営業キロ毎の区間料金です。

JR運賃表

赤色で囲った枠の所を見て欲しいのですが、営業距離が「11キロから15キロ」は240円、「26キロから30キロ」は500円となっています。

つまり、「11キロから15キロ」の乗車券を2枚買っても、「26キロから30キロ」の乗車券を1枚買っても、乗車できる最大距離は30キロで同じという事になります。

しかし、料金は?となると「11キロから15キロ」が2枚の場合は480円、「26キロから30キロ」が1枚の場合は500円となりますので、「11キロから15キロ」を2枚購入した方が20円お得になります。

注意:こういう計算方法を取っているので、下手な所で乗車券を分割してしまうと、逆に運賃が高くなってしまう事も有ります。

他にも特定運賃区間の料金体系とか色々と有るようなので、JRの運賃の決まり方について詳しく知りたい方は下記記事を御覧ください。

JRおでかけネットの乗車券ルール
運賃の仕組み

自分が使っている区間で乗車券を分割した方が良いか一発で解明する方法

普通にYahoo!路線図とかで使って調べても良いのですが、JRの全区間を網羅して、乗車券分割によるお得金額を算出してくれるサイトが有りますので、そちらを利用しましょう。

乗車券分割プログラム(乗車券・定期券の運賃分割計算)

ちょっと最初は取っ付きにくいかもしれませんが、指定した区間内で「どこで乗車券を分割すれば最もお得になるか?」を一発で出してくれるので、凄いの一言。

定期券も同じ理論で節約できます

今までは、普通乗車運賃に限定した説明をして来ましたが、当然「乗車券分割」の考え方は「定期代金」にも適用できます。

ですから、仮に今まで「自宅最寄り駅⇒会社最寄り駅」までの定期を、何も気にすること無く買っていた人は、乗車券を分割することで、ちょっとだけ定期代を浮かしてポッケにないないする事が出来るかもしれません。

例えば、先ほどの「三ノ宮⇒鶴橋」間の定期代金を1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月でまとめてみたところ、以下のようになりました。

JRの運賃差額代

大半の会社で定期券は6ヶ月支給だと思うので、仮に「①の普通の方法」で購入して、証憑申請を会社に提出。⇒その後払戻しをして自分で「②・③の乗車券分割」の方法で買い直すとしたら、結構差額が出ると思いませんか?

定期券の有効期限開始前の段階での払戻しであれば、手数料220円だけ支払えば全額戻ってくる事が有ります。その場合は「7,790円-220円=7,570円」が、自分の財布に入るなんて事もあり得るかもしれませんね。

定期券の払戻しのタイミングによっては、損をする事も有ります。定期券の払戻しの計算方法は若干複雑で、JR各社によって違うことも有るようなので、御自分が利用するJRのHPで確認してみてください。

なお、下記サイトを使えば、JRの定期券払戻金額を一瞬で算出してくれます。
定期乗車券の払い戻し額の計算 – 高精度計算サイト

ちなみにJR西日本のICOCAでは乗車券を分割した状態の定期(ニ区間定期)を、一枚のICOCAに入れることが出来るので非常に便利ですね。⇒定期券を2枚併用してご利用の場合

最近は定期券もクレジットカードで支払えるようになってきているので、高還元のクレジットカードも使って、更に節約を目指していきましょう。

やる時は会社に確認してからしよう!

実際問題、乗車券を分割すれば定期代を節約することが出来る人も多いと思いますが、この方法を使うと会社が支払う経費の一部を自分の物にする事になるので、そういう事をやっても良いのか?を会社確認してから実践した方が良いと思います。

こんなしょうもない事で、よもや解雇とかされたら堪りませんから(笑)。反対に経費を減らしたい中小企業の経理担当者は、乗車券分割を原則とすれば、経費を減らせるかもしれませんね。

スポンサーリンク