節約投資のススメ
まずはログイン-マネーパートナーズ

マネパのFX口座を使って外貨両替・空港で外貨受取する手順・方法


この記事を読むのに必要な時間の目安: 8分ぐらい

fx

銀行で外貨に両替したり、外貨宅配を使ったり、現地で両替するよりもお得な外貨両替方法が「FX口座」を利用した外貨両替です。

今回、海外へ行く機会が有ったので、マネパのFX口座を使って外貨両替(USD)をしてみました。空港受取するまでの手順をクソ丁寧に解説していきたいと思います。

両替自体は100USDしかやってません。マネパカードなら香港ドルも扱っているのですが、空港受取はHKDが無いんですよねー。(僕はマカオに行っていた。)

スポンサーリンク

手順①:マネーパートナーズへ入金

まずは、マネーパートナーズの管理画面にログインして下さい。これね。

まずはログイン

続いて、ホーム画面の「資産管理(入出金)」のところにカーソルを合わせると、色々とメニューが出てくるので、その中の「クイック入金」を選択。(クイック入金なので振込手数料はかかりません。)

クイック入金画面

すると、下記のような画面が出てくるので、マネーパートナーズの口座に移すお金が入っている金融機関を選択します。「入金元となる金融機関」と書かれているところですね。

「三井住友銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・三菱東京UFJ銀行・住信SBIネット銀行ソニー銀行」の8つから選択。

入金元金融機関はマネパの口座名義人と同じ名義の金融機関であれば、どの金融機関を選択してもOKです。(反対に、マネパの口座から出金する時は、事前に指定した金融機関じゃないとダメです。)

で、入金先は「パートナーズFX/受入証拠金」の方を選択。まずは、口座に入金して外貨を購入する必要が有るので、こっちじゃないとダメです。全て選択したら「クイック入金確認」ボタンを押す。

入金元選択

入金額や入金元金融機関に間違いが無ければ「クイック入金実行」をクリックして下さい。

クイック入金実行

そしたら、以下のように「入金元金融機関」のどの口座から入金するか選択できますので、お好きな口座を選択して、いつも通りに振込手続きを進めていって下さい。

入金口座
クイック入金サービス

なお、振込完了後に出てくる「加盟店に通知」というボタンは必ずクリックしましょう。

加盟店に通知

ここまで終わると、マネーパートナーズの管理画面に戻ってきますので、入金額が正しいかどうか確認して、入金処理は終了です。

入金処理確認

ちゃんと入ってますね。14,000円が(・∀・)

手順②:入金した円貨を希望の外貨へ両替

続いて、このお金で外貨を購入します。下記画像赤枠の「旧WEB取引画面(両替)」となっている所をクリック。

旧WEB取引画面

続いて、「口座紹介・両替」⇒「外貨両替」のところをクリック。

口座紹介・両替からの外貨両替

続いて、赤枠で囲んでいる「次へ外貨両替手続き画面へ)」をクリック。

外貨両替画面

ちなみに、マネーパートナーズの外貨両替は、FXで表示されている1通貨あたりのレートに「20銭(0.2円)」の手数料が上乗せされます。マネパカードだと米ドルの場合で1通貨あたり0.8円(80銭)の手数料が取られるので、両替の部分だけを見れば、こっちのほうが安い。

両替手数料

両替画面は以下のような感じ。元通貨のところで「JPY(日本円)」を選んで、受取りたい通貨を選択。私の場合は、今回USD。

なお、下記画面で「金額」を入力する所が有りますよね。日本円の所に金額を入力しても良いのですが、外貨の受取は100通貨単位(スイスフランは200通貨)となっているので、「受け取り通貨(外貨)」のところに金額を入力するのが無難です。

日本円で金額指定しちゃうと、外貨の端数が出てしまうので。

両替

以下、実行使用とした時の画面。1通貨あたり0.2円の手数料が上乗せされている事が分かりますね。

両替レート

受付完了の画面が出る。

外貨実行

キャッシュ・フロー照会をしてみると、日本円からUSDに両替されている事が分かりますね。(記事書きながら、両替してたので、その間にレートが悪くなってしまってますがw)

両替画面

手順③:両替した外貨を「会員残高(未使用分)」へ移動させる

続いて、会員専用サイトに戻って、「資産管理(入出金)」⇒「振替・移動」を選択。

振替・移動

下記のような画面になるので

「振替・移動元」⇒「パートナーズFX/受入証拠金」
「振替・移動先」⇒「会員残高(未使用分)」
「通貨選択・金額」⇒「移動させたい通貨を選んで金額入力(私の場合100USD)」

それぞれ、赤枠で囲った部分と対応しています。

振替・移動

確認画面で金額を確認してOK.

確認画面

あと、空港受取をする際には「事務手数料500円」が必要になりますので、日本円で500円分も「パートナーズFX/受入証拠金」から「会員残高(未使用分)」に移行させて下さい。下記画面参照。

会員残高へ移行

手順④:空港での外貨受取依頼実施(マネパの管理画面で)

あとちょっとです。会員専用サイトから「外貨受取(空港)」を選択。

外貨受取(空港)

下記のような画面が出てくるので、下の方へずーっとスクロールさせて下さい。

空港外貨受取サービス

外貨受取依頼

「受取依頼画面へ」をクリック。次画面で、

受取指定

・受取外貨及び金額
・受取予定日
・受取窓口(羽田・成田・関空・中部国際空港)

を選んで「受取依頼確認」をクリック。私の場合は100USDを、2015年8月16日に、関西国際空港で受取るという設定になっています。

外貨受取

外貨を受取るときに、依頼完了後の受付番号が必要になってくるので、番号をメモするか印刷しておいて、交換窓口まで持って行きましょう。

受付番号

手順⑤:いざ空港で外貨を受け取ってみる(関西国際空港編)

いざ、空港受取です。先ほどの「受付番号」が書かれた用紙を印刷して持って行きましょう。

受付番号

関空の場合、受取場所は空港ターミナル2Fの「南海・JR」の改札口の目の前に有る「トラベレックス関西空港駅店」。関空の中には他にもトラベレックスの店舗が有りますが、ここでしか外貨は受け取れません。

写真で表すとこんな感じ!

トラベレックスの場所

引いて、遠目から取ると、ここ!

トラベレックスの場所

上記写真の左側が南海・JRの改札口です。

受付番号が記載された紙をトラベレックスの窓口の人に渡せばOK。いざ両替した結果がこちら。

外貨パック
100USD

ちゃんと100ドル入ってました。以上がマネパのFX口座を使って外貨両替して、空港受取する場合の基本的な手順です。お疲れ様でした。

ちなみに、両替した100USDはマカオでHKドルに両替しました。

マネーパートナーズで激安の手数料で外貨両替する人はこちらから

スポンサーリンク

見ておかないと損をするコンテンツ

  • dmmキャンペーン

    DMM FXのキャッシュバックキャンペーンで最大30,000円ゲット

  • NISAのまとめ

    NISA(ニーサ)口座開設キャンペーンのまとめ-口座開設だけで2千円は最低貰える

  • Amazonで節約

    【還元率2.3%】Amazonで商品を割安で買う方法を公開