節約投資のススメ
年金

国民年金保険料の支払方法比較(2年前納含)


この記事を読むのに必要な時間の目安: 5分ぐらい

年金

最終更新日:2015年5月26日

どうもこんにちは官兵衛でございやす。

本日は国民年金保険料の支払方法比較!!口座振替に2年前納が加わったので結局のところどの支払い方法が一番お得なのか計算してみました。

スポンサーリンク

国民年金保険料・・・どの支払い方が一番お得か

その一覧がこちら。口座振替の2年前納を除くて、全て1年間での支払いがどうなるのかで計算しました。なお、平成27年度の保険料月額は15,590円です。平成28年度は16,260円です。

国民年金前納比較
以下補足をしていきます。

*1 毎月納付早割及び2年前納は口座振替のみで可能です。

*2 毎月納めるよりも「15,360円」の割引です。「15,590円×12ヶ月+16,260円×12ヶ月-15,360円=366,840円」です。

*3 クレジットカードはリクルートカードプラス(還元率2.00%)を使用した場合で計算しています。クレジットの前納割引額は現金払いの時と同じですので、現金払いの割引額及びクレジットカードを使った場合の還元率も割引額に加えています。

*4 クレジット払いで国民年金を支払う場合は事前に手続きが必要です。手続きが間に合わなかった場合にはnanacoチャージでの現金払いで*3と同様の節約が出来ます。但し、nanacoへの最大チャージは5万円(もしくは10万円)ですので、上記金額以上に払う場合にはnanacoを複数枚利用する必要があります。

nanaco払いで国民年金1年分約18万円を前納して来たのでその手順を紹介

なお、nanacoでの国民年金保険料の支払いにはnanaco利用の1%のポイント付与がありませんのでご注意下さい。

それぞれの支払方法において「緑色で塗りつぶした所が最もお得な支払方法」です。

毎月払~1年前納を利用する場合に最もお得な方法

1年前納までの場合であれば、リクルートカードを初めとする高還元率クレカによる支払いが最もお得です。口座振替と比較すると

毎月納付・・・年間3,732円
6ヶ月前納・・・年間3,110円
1年前納・・・年間3,075円

上記金額だけ、クレジット払いの方がお得になります。(リクルートカードプラスで計算した場合。)なお、年金支払のクレジット手続きが間に合わなかった場合には「クレジットチャージ+nanaco払」でも同じ結果になります。

但し、nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードじゃないと意味が無いので、下記記事を参照して下さい。

nanacoチャージでポイントが貰えるクレジットカードの一覧

2年前納を利用する場合に最もお得な方法

2年前納を利用する場合には逆に口座振替が最もお得な方法になります。クレジット払いは2年前納制度が利用できませんので年間の支払い金額×2年分になります。

口座振替2年前納・・・366,840円
クレジット払い×2年・・・368,049円

口座振替の方が2年で1,200円程度お得になります。(平成28年度の1年前納現金割引を平成27年度の割引額と同様の3,320円と仮定しての計算)

但し、クレジットカ-ドの場合は、年間のクレジット利用金額に応じてボーナスポイントが付くことが有るので、それも加味するとどうなのか?も加えて検討したいですね。

なお、2年前納はその年の2月末までに手続きをしなければ利用できませんので、そちらもご注意下さい。

参考記事:国民年金保険料の2年前納を利用するメリットとデメリット
参考記事:国民年金の概要と年金受給額を増やす方法と支払額を減らす方法

以上国民年金保険料の支払い方法比較(2年前納含む)でした!!

スポンサーリンク

見ておかないと損をするコンテンツ

  • dmmキャンペーン

    DMM FXのキャッシュバックキャンペーンで最大30,000円ゲット

  • NISAのまとめ

    NISA(ニーサ)口座開設キャンペーンのまとめ-口座開設だけで2千円は最低貰える

  • Amazonで節約

    【還元率2.3%】Amazonで商品を割安で買う方法を公開