節約投資のススメ
電子レンジ

【基本】電子レンジの電気代を節約する6つの方法


この記事を読むのに必要な時間の目安: 4分ぐらい

電子レンジ

こんばんは、管理人の官兵衛です。

今日は節約術の話ですが、基本的な電子レンジの電気代を節約する6つの方法を紹介したいと思います。恐らく知っている話も有るかと思いますが、再認識するという意味でチェックしてみて下さい♪

スポンサーリンク

①野菜の下ごしらえに使用する

野菜

野菜をいきなりフライパンで炒めたりするとビタミンCの損失につながり栄養面でのマイナス効果があると言われています。まずは電子レンジで下ごしらえをすることでビタミンCの損失を防ぎ、その後の料理時間の短縮にも繋がりますので結果として節約になります。

②時間設定をおまかせにしない

おまかせ禁止

これは私も学生の頃に良くやっていたことですが、面倒くさいので温めをレンジにおまかせにしてしまう場合が有ります。しかし、これ結構もったいないです。おまかせでやってしまうと長めに稼働する場合がほとんどなので、冷凍食品などであればパッケージに書いている解凍時間を目安にキッチリと時間設定をするようにしましょう。

③液体を温める時は丸い容器を使用する

ボール

液体を温める時は丸い容器を使用すると、ムラ無く素早くあたたまってくれるので時間短縮に繋がります。低温であたためる場合など時間がかかるときは途中でかき混ぜて上げると温度が一定になり更にスピードが上がって、時間短縮・節約に繋がります。

但し、この時電子レンジを開けている時間は最小限に。

④ぎっしり並べ過ぎない

ぎっしり

電子レンジで調理をする場合・解凍する場合どちらにも当てはまることですが、ぎっしりと並べ過ぎると解凍に時間がかかり、かえって電気代がかかってしまうことになります。なるべく大きさや厚さを均等にして同じくらいの時間で温められるようにしておくこともポイント。

お肉など大きさや厚さが不揃いだと、一つは既に解凍が終わっているのにもう一方のお肉が分厚すぎて解凍が終わらないということ良くありますよね。

⑤ドアの開閉を最小限に収める

開閉

電子レンジで調理中の話ですが、ドアの開閉は最小限に抑えて下さい。基本的な話で冷蔵庫の場合と同じです。ドアを開けてしまうと電子レンジの場合は庫内の温度が外気で下がってしまうことになるので、その分時間がかかってしまいます。

⑥電子レンジを掃除する

電子レンジを買ってから今まで一回も掃除をしたことが無い!!

そんなこと有りませんか?特に一人暮らしの男性なんかは恐らく掃除なんてやっていないですよね(笑)

実は電子レンジの庫内が汚れていたり、ホコリ・ゴミなどがあると、電子レンジから発せられるマイクロ派が必要以上に放出されるため、無駄な電力が消費され電気代が増加してしまう傾向に有ります。

従って、電子レンジの中の掃除もこまめにしましょう。

電子レンジのお掃除の手順♪

①お茶碗やコップなどに水を入れて3,4分電子レンジにかけて下さい。
 
②そのお水の蒸気が庫内のこびりついた汚れを取ってくれます。
水じゃなくてある程度暑いお湯を最初から入れていても良いでしょう。
 
③タオルで庫内の汚れを拭き取ります。出来れば消毒用エタノールなど汚れが綺麗に取れる物を併用すると更に綺麗になります。

以上【基本】電子レンジの電気代を節約する6つの方法でした!!

スポンサーリンク

見ておかないと損をするコンテンツ

  • dmmキャンペーン

    DMM FXのキャッシュバックキャンペーンで最大30,000円ゲット

  • NISAのまとめ

    NISA(ニーサ)口座開設キャンペーンのまとめ-口座開設だけで2千円は最低貰える

  • Amazonで節約

    【還元率2.3%】Amazonで商品を割安で買う方法を公開