節約投資のススメ
車

自動車は中古で購入したほうが良いと言われる理由~車関係の節税~


この記事を読むのに必要な時間の目安: 5分ぐらい

車

はいこんにちはー。2連発で更新します。久しぶりなのでライトな記事で行きます。ライト過ぎて拍子抜けするかもしれません。

車の維持費は鬼のように高いですから、節約できるところは出来る限り節約していきましょう(^o^)

スポンサーリンク

自動車は中古で購入したほうが良いと言われる理由

自動車の種類によっても変わりますが、通常普通乗用車を新車で購入した場合の減価償却の法定耐用年数は6年と定められています(軽自動車は4年)。

しかし、実は中古で購入したほうが経費に落とせる金額が大きくなるので節税になると言われているんです。そのカラクリを実際に計算して体感してみましょう。

償却方法は定率法と仮定します。

定率法は毎期の償却金額が逓減的になるもの(最初が一番経費になる金額が多くなる方法)であり、定額法は毎期毎月均等に減価償却費を計上するものです

・購入価額 600万円(新車も中古も600万円と仮定します)
・新車耐用年数 6年 償却率 0.333
・2年落ちの中古車耐用年数 4年 償却率 0.500

償却率を期首の簿価(期の途中で購入した場合はその時の購入価額と月数按分)に乗じる事でその期に計上できる減価償却の金額が決まります。

新車の場合:600万円×0.333=約200万円
中古車の場合:600万円×0.500=300万円

同じように法律に則って計算しているにも関わらず両者の間には約100万円もの差が生じてしまいます。「どうせ同じ金額の車を購入するなら中古を買ったほうが節税になるよ」と言われる由縁はここにあるわけですね。

最近は非公開車両もネットから検索できるので、興味の有る人は一度下記リンク先から検索してみたら良いのではないでしょうか。但し、契約する前までに一度は実車を見ておいた方が良いとは思いますが^^

ズバットで非公開の中古車を探す方はこちら

番外編:中古資産の耐用年数

まぁ全然どうでもいい話ですが中古車の耐用年数の話が出たのでついでに書いておきます。

中古資産

通常新車で購入した場合には税法上の法定耐用年数に基づいて償却していくことが一般的ですが、では中古で資産を購入した場合にはどうしたら良いのでしょうか?

この場合原則として「中古資産の残存する耐用年数を合理的に見積もる」事になります。

例えば上記の場合2年落ちの車と明確に分かっているので、法定耐用年数の6年引く2年で4年になるわけですね。

これが原則です。

次に簡便法として以下の二つが有ります。

①法定耐用年数を過ぎてしまった場合

法定耐用年数を過ぎてしまっている資産の場合には

法定耐用年数×20%

という計算式で算出します。端数は切捨てです。

②法定耐用年数を過ぎていない場合

法定耐用年数を過ぎていない場合には以下の計算式で計算されます。

法定耐用年数ー経過年数+経過年数×20%

こちらも端数切捨てです。もしこちらの方法を先ほどの中古車に適用するなら3年で償却可能になりますが、まぁ微妙だと思います。最寄りの税理士・会計士に相談しましょう。

車を購入するタイミングに気をつける

タイミング

節税という点から考えると車は期首に購入したほうが良いです。なぜなら減価償却費は月割だからです。決算月に購入してしまうと期首に購入した場合と比べて12分の1しか経費に出来ないので車購入分のキャッシュは減るわ、税金も小さくならないわであまり良くありません。

まぁ結局それは今後解消されるのですが、資金繰りを考えるなら買い時は重要です。

他にも自動車取得税とか自賠責保険料などはその気に一気に費用にしてOK。自動車の取得価額に入れて減価償却で経費計上するわけでは有りません。車関連はややこしいので税理士に任せると安心でしょう(宣伝チック!!)

ズバットで非公開の中古車を探す方はこちら

というわけで見事ライトな記事が出来上がりました。皆さんの念のおかげです。とにかくハンターハンターの連載再開を待ち望んでいる官兵衛(@tousetu27)がお送りしました。

スポンサーリンク

見ておかないと損をするコンテンツ

  • dmmキャンペーン

    DMM FXのキャッシュバックキャンペーンで最大30,000円ゲット

  • NISAのまとめ

    NISA(ニーサ)口座開設キャンペーンのまとめ-口座開設だけで2千円は最低貰える

  • Amazonで節約

    【還元率2.3%】Amazonで商品を割安で買う方法を公開