節約投資のススメ
プレスティア

SMBC信託銀行「プレスティア」~ATM手数料や口座維持費、ゴールドの情報など~


この記事を読むのに必要な時間の目安: 13分ぐらい

SMBCプレスティア(出典:SMBC信託銀行プレスティア

SMBC信託銀行「プレスティア」は、シティバンク銀行から個人部門(リテールバンク事業)を引き継いで新たに立ち上げられたブランドです。引き継ぎ元のシティバンク銀行はアメリカのシティグループの傘下ですので、外貨に関する強みをそのまま引き継いだ印象です。

今回はこのSMBC信託銀行「プレスティア」についてざっくり紹介していきますね。

SMBC信託銀行のプレスティアの特徴

プレスディアの最大の特徴は、普段使っているキャッシュカードを海外での外貨通貨引き出しに利用出来る点です。外貨預金の品揃えが豊富なプレスティアだからこそ提供できるサービスですね。

外貨通貨引き出しは、以下のマークが付いているATM/CDで可能です(ATM手数料については後述)。

外貨引き出し可能なATMマーク(出典:SMBC信託銀行プレスティア)

なお、別途申込が必要ですが、アメリカドル専用のキャッシュカードも有ります。このカードなら米ドル預金をそのまま米ドルとして引き出す事が出来るので、為替手数料はかかりません(日本国内で利用不可)。

では、その他の特徴点について以下で紹介していきますね。

主な取扱商品

外貨の商品に注目が集まりますが、プレスティアでは円建ての商品も数多く取り扱っています。主な取扱商品は以下の通りです。

■円建て商品

商品カテゴリー商品
普通預金円普通預金
マルチマネー口座円普通預金
定期預金スーパー定期
大口定期
その他投資信託
ローン
保険(個人年金保険・終身保険など)

■外貨建て商品

商品カテゴリー商品
普通預金マルチマネー口座外貨普通預金
米ドル普通預金
定期預金外貨定期預金
ステップアップ定期預金
仕組預金プレミアム・デポジット(3タイプ)
投資信託外貨建て投資信託
債権世界銀行債・米国債など

各種商品の詳細については以下のSMBC信託銀行のサイトをご覧ください。

預金・投資関連
ローン関連

気になるATMの引き出し手数料

■国内ATM手数料

SMBC信託銀行のATMなら24時間手数料は無料です。また、三井住友銀行の本支店のATMでは、平日の8:45~18:00まで無料となっています(その他の日時は100円)。

一方、セブン銀行(セブンイレブンを含む)や郵貯のATMでは時間帯によって100円~200円の手数料が発生します。手数料と時間帯との関係については以下の画像をご覧下さい。

なお、前月の月間平均総取引額(後述)が100万円以上の場合は、1月に100回まで手数料が無料になります。

プレスティアのセブン銀行のATM手数料(出典:SMBC信託銀行プレスティア)

プレスティアの郵貯ATM手数料(出典:SMBC信託銀行プレスティア)

また、その他の提携している銀行やコンビニなどのATMでは時間帯によって100円~300円の手数料が発生します。

ただし、新規口座開設から3ヶ月間は1月20回まで手数料が実質無料となります(手数料相当額が返金されます)。この時、口座残高が5,000円以上でないと手数料無料サービスを受けられないので注意して下さい。

■海外ATM手数料

海外atm

シティグループ及び一部の地域のATM・CDは手数料無料です。その他のATM・CDでは以下の手数料が発生します。

  • キャッシュカードの場合・・・1回200円
  • アメリカドル専用のキャッシュカード・・・1回2ドル

:全てのATM・CDにおいて、そのオーナー次第で別途手数料が発生する場合が有ります。

また、通常のキャッシュカードで現地通貨の引き出しを行う場合には、ATM手数料とは別に為替手数料も発生します。その額は電信売レート(TTS)の3%です。

TTM・TTS・TTBの違い~外国為替の顧客レートはどう決まる?

海外送金の手段や手数料など

海外送金

海外送金の利用手段は、窓口(郵送)・電話・インターネットの3つです。電話及びインターネットにはサービス名が付されていて、それぞれ「プレスティアホン バンキング」「プレスティア オンライン」となっています。

なお、「プレスティアホン バンキング」と「プレスティア オンライン」を利用する場合は、送金先の事前登録が必要になります。

この時、IBANコード(受取人の銀行口座の所在国・支店・口座番号を特定するもの)やSWIFTコード(受取銀行を特定するもの)、マイナンバーなどが必要です。

3つの手段における海外送金の手数料は以下のようになっています。

手段手数料前月の平均総取引残高が100万円以上の場合の手数料
窓口(郵送)4,000円
プレスティアホン バンキング4,000円2,500円
プレスティア オンライン3,500円2,000円

「平均総取引残高」とは、各商品の平均取引残高の合計額を指します。平均取引残高は1日の残高を合算し、その月の日数で割って求めます(詳しくはこちら)。

口座開設するならインターネットがお得

オンラインバンク

SMBC信託銀行の口座を開設する方法は窓口・電話・インターネットの3つです。その中でもお得なのはインターネットの申込です。来店不要な上に以下の3つ特典が付与されるからです。

  • ① 国内でのATM引き出し手数料が6ヶ月間無料(1月100回まで)*1
  • ② 海外でのATM引き出し手数料が6ヶ月間無料(1月100回まで) *2
  • ③ 国内での日本円の振込手数料が38%割り引かれて153円に(1営業日15回まで) *3
*1 引き出し時には5,000円以上の残高が必要
*2 ATMのオーナーが定めている手数料及び為替手数料は無料にはなりません。
*3 通常の振込手数料は248円

なお、インターネットでの申込に要する期間は2週間~3週間程度です。口座開設を急いでいる方は即日開設可能な窓口にて手続きを行って下さい。

支店は銀座・横浜など関東に集中しているが全国に点在

SMBC信託銀行の支店は、出張所も含める約20店舗が銀座・横浜などの関東に集中しています。ただ関東だけではなく、北は札幌、南は福岡まで支店が設置されています。

お住まいの近くに支店が有るかどうかは「こちら」で確認してみて下さいね。

口座維持手数料が必要~免除となる条件は?~

ポイント

SMBC信託銀行では口座開設後に口座維持手数料が発生します。その金額は月額2,000円、年間で24,000円です。口座を維持するだけでかなりの手数料を取られる事になります。

ただし、以下のいずれかの条件を満たせば口座維持手数料は免除されます。

〇前月の月間平均総取引残高の外貨部分が20万円相当額以上
〇前月の月間平均総取引残高が50万円相当額以上
〇前月末時点で住宅ローン(不動産担保ローンを含む)またはプレスティア パーソナルローン(無担保)のお借入れがあること
〇前月のプレスティア アドバンスマネーまたはカードローンの月間平均借入残高が4円以上
〇前月25日(25日が土・日・祝休日の場合は前営業日)時点でSMBC信託銀行の提携クレジットカード会員である場合
〇プレスティア円普通預金口座eセービングを新規口座としてご開設いただいていた場合※2(円普通預金口座に追加して、プレスティアeセービングをご開設された場合は該当しません。)

常に外貨を20万円以上預金しておくか、各商品のトータルで50万円以上の残高をキープするか、現実的にはどちらかの方法で口座維持手数料を免除する事になるでしょうか。クレジットカードは年会費が発生しますからね~。

ちなみに、「プレスティア VISAゴールドカード」の年会費は10,000円(初年度無料、年間30万円以上の利用で翌年度無料)、「プレスティア VISAプラチナムカード」の年会費は35,000円(初年度無料、年間100万円以上の利用で翌年度無料)です。

SMBC信託銀行のプレスティアのデメリット

プレスティアのデメリットは以下の通りです。

  • 普通預金の金利が低い(2017年3月現在で0.001%)
  • 口座維持手数料が発生する
  • 外国為替手数料が比較的高い(例:2017年3月現在で1米ドルに対して1円) 等

まとめると「金利が低く、手数料が高い」という事になります。ただし、円資金から外貨定期預金を始めると通常金利にエンジョイプラスの金利が上乗せされます。

エンジョイプラスの上乗せ金利(出典:SMBC信託銀行)

このエンジョイプラスには対象通貨・期間が設定されています。例えば、アメリカドルの預金タイプ「2週間」の定期預金では、通常金利0.01%に4%の金利が上乗せされます(満期後に継続する場合は基準金利のみが適用)。

なお、エンジョイプラスとは別に2,000万円以上5,000万円未満の定期預金を組むとさらに金利が上乗せされます(上記例の場合だと0.05%)。5,000万円以上の外貨定期預金の上乗せ金利については窓口等にお問い合わせ下さい。

しかしながら、金利が大幅に上乗せされたとしても為替手数料によって利息分は相殺又はマイナスとなる可能性が有ります。満期後に日本円に換金するなら尚更です。

上乗せ金利だけでなく為替手数料も計算し、利益が見込めるのなら利用するようにしましょう。

プレスティアゴールドになる条件は?

ゴールドカードを持つ女性

プレスティアよりも様々な優遇が受けられる「プレスティア ゴールド」。この優遇を受けるには一定の条件を満たさなければなりません。その条件がこちら。

月間平均総取引残高:1,000万円以上

おそらく、この条件を満たした場合にSMBC信託銀行から「プレスティア ゴールド」のプログラムの案内がきて利用出来るのようになるんだと思います。利用者側が申し込んでゴールドになる、といった感じではなさそうです。

では、選ばれた者だけが享受出来る「プレスティア ゴールド」のメリットについて見ていきましょう。

メリット

「プレスティア ゴールド」のメリットは以下の通りです。

  • 国内・海外ATM・CDの利用手数料が無料(ATMオーナー手数料が発生する場合が有ります)
  • 海外送金手数料が無料
  • 自行・他行への振込手数料が無料
  • 円資金による外貨定期預金のエンジョイプラス・ゴールドによる金利上乗せ(例:米ドル2週間ものの場合5%上乗せ)
  • 外貨間為替取引において、外貨から円への交換時の為替手数料が無料、円から他の外貨への交換時の為替手数料が70%割引 等

以上のように、より投資のしやすい環境作りがなされているのが「プレスティア ゴールド」なんですね。

ちなみに、預金総額等が5,000万円以上になると「プレスティア ゴールド プレミアム」のサービスを受ける事が出来ます。気になる方はリンク先のページを見てみて下さいね。

まとめ

選択に迷う男性

SMBC信託銀行のプレスティアには色々とメリットが有りますが、基本的に大金を動かす人しか享受出来ないような内容になっています。プレスティア自体が”富裕層向け”というブランド戦略をしているので仕方が無いかもしれません。

そのため、100万円未満の取引をする人にはあまりオススメ出来ない、と言えるでしょう。留学をする子供にキャッシュカードを持たせたり、また海外送金をしたりする場合には利用しても良いかもしれませんけどね。

ただ為替手数料や海外でのATM引き出し手数料が無料の国際キャッシュカードも多々有るので、留学関係で利用を想定している人は以下の記事で紹介している国際キャッシュカードのいずれかから選んだ方が良いでしょう。

国際キャッシュカード比較!海外ATMで安い手数料で現地通貨を引き出せるのはどれ?

長々と書いてきましたが、結局はあまりオススメ出来ない、といった結論になります。それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク

見ておかないと損をするコンテンツ

  • dmmキャンペーン

    DMM FXのキャッシュバックキャンペーンで最大30,000円ゲット

  • NISAのまとめ

    NISA(ニーサ)口座開設キャンペーンのまとめ-口座開設だけで2千円は最低貰える

  • Amazonで節約

    【還元率2.3%】Amazonで商品を割安で買う方法を公開