節約投資のススメ
三井住友銀行

三井住友銀行のATM手数料/振込手数料を無料にする方法


この記事を読むのに必要な時間の目安: 7分ぐらい

三井住友銀行
(photo by Images Money-Living on Credit Cards)

僕は元々メインバンクが三井住友銀行でして、周りも三井住友の人が多いです。しかし、なぜだか良くわからないですが「ATM手数料とられたー!」と嘆いている人が多い。特にコンビニATM手数料をとられている人多いですよね。

というわけで今回は三井住友銀行のATM入出金手数料を無料にする方法を紹介したいと思います。なお、後述しますが三井住友銀行の場合どうやっても他行宛の振込は手数料がかかってしまいますので、それが嫌な人は住信SBIネット銀行などを使ってみると良いでしょう。

他行宛の振込手数料を無料に出来る銀行のまとめ

では行きます。

スポンサーリンク

ATM手数料のおさらいと無料にする方法

通常のATM手数料と無料になる場合の関係については三井住友銀行のHPの下記イメージ画像が分かりやすいです。

三井住友銀行のatm手数料一覧
(出典:ATM・手数料一覧 : 三井住友銀行

三井住友銀行内部のATMでも時間外は手数料が108円かかります。これはもうお笑いという他有りません(個人口座の場合、本支店ATMでの入金手数料は無料です。ここで問題になっているのは出金手数料です)

預金残高が10万円以上の場合や給料日の人が多い25日・26日の時間外では本支店ATMの利用料は無料になります。ただ、これだとコンビニATMを利用しようとすると手数料がかかっちゃいますね。

というわけで、ATM手数料を無料にするためには画像の一番左側の条件「SMBCポイントパック」の条件を満たす!これが正解です。(あたり前の事を凄い感じで言っています。)

では、SMBCポイントパックの条件って何なの?と言われるとそれがこちら。

①「当月」に給与受取または年金受取(注釈1 )の実績があること

②「当月」の所定日にご本人さまのSMBCポイントパックご契約口座(残高別金利型普通預金口座)から以下のクレジットカード会社のクレジットカードご利用代金のお引落しがあること(三井住友カード、さくらカード、セディナのいずれかが対象)

③「当月末」のお預かり資産(円預金・外貨預金・投資信託等)の残高合計額が30万円相当額以上あること

④「当月末」にローンのお借入残高(住宅ローン等)があること

⑤「当月末」にWeb通帳のご契約があること

⑥「当月末」にカードローンのご契約があること(お借入残高0円の場合も対象となります)

以上6つの条件の内、1つでも満たすと三井住友銀行の本支店ATM、@バンクATMの利用料はいつでも無料となり、提携コンビニATMでは毎月合計4回まで無料で出勤することが可能になります。

いまや銀行ATMよりコンビニATMの方が数は多いですから、4回と言えどコンビニATMの出金手数料が無料になるのは結構心強いですよ!

SMBCポイントパックの条件を満たすためにはどれがお勧め?

念のため書いておきますが、この記事は個人の方向けなので法人口座とかの場合はまた別物と考えて下さい。

例えば給与口座が三井住友の人は労せずして①の条件を満たすので、知らず知らずのうちにATM手数料無料になっていると思いますが、そういう人はあまり多く有りませんね。

上記6つの条件の中で最も手軽に実行できるのはやはり「⑤「当月末」にWeb通帳のご契約があること」ではないでしょうか。確かに、紙の通帳の方が情報が一生残るというメリットは有るものの、一々記帳しに行くのはやはり今の時代かなり面倒です!

WEB通帳であれば15ヶ月前までの明細なら自動的に記帳される事になりますし、プリントアウトして保存しておけばこちらも一生ものの通帳になります。まだ、紙の通帳を利用されている人はこのタイミングでWEB通帳に変えて無駄な手数料がかからないようにしましょう。

WEB通帳は16ヶ月前の明細は取得できないので、毎月しっかりと保管しておきましょう。僕は毎月明細をプリントアウトして専用のファイルにバインダーしています。

SMBCポイントパック適用時の注意点

SMBCポイントパックの条件を満たした場合にATM手数料が優遇される期間は翌々月です。これは注意して下さい。つまり1月に条件を満たしても2月にATM手数料が無料になるわけではなく、3月が無料になります。

なお、SMBCポイントパックに入会してから2ヶ月間は無条件でATM手数料が無料になりますので、その間に上記6つの条件を満たせば永久にATM手数料は無料になります。

振込手数料を無料にする方法

三井住友銀行の場合、通常の振込手数料が以下のようになっています。

三井住友銀行 振込手数料
(出典:振込手数料 : 三井住友銀行)

窓口で振り込むと他行宛3万円未満で648円、3万円以上で864円ですから凄まじいですね。

で、振込手数料を節約するには以下の2つの条件を満たすと良いです。

  • ①インターネットバンキングを利用する
  • ②SMBCポイントパックの条件を満たす
表を見れば分かるように、ネットバンクを利用するのが一番安くなります。その上で、SMBCポイントパックの条件を満たすと三井住友銀行間の振込であればどれでも手数料無料になります。どうしても他行宛は費用がかかってしまいますが、現状三井住友銀行の振込手数料を節約するのはこの方法しか無いようです。

もし、三井住友銀行から他行宛で振込手数料を無料に出来る方法をご存知の方がいましたら教えてください!調べても出てこなかったので。

というわけで、今回の記事はこれにて終了。近いうちに、振込手数料が無料になる銀行の一覧でも作ろうと思います。

スポンサーリンク