節約投資のススメ
jnbdebit

JNB Visaデビットカードはセキュリティー志向の人に最適!手数料やポイント情報も。


この記事を読むのに必要な時間の目安: 6分ぐらい

jnbdebit

はい、先日「Visaデビットカード10券種比較」という記事をアップしました。その中でも私が「おっ、これは凄いな」と思ったのがジャパンネット銀行のJNB Visaデビットカードです。

正確にはJNB Visaデビットカードではなく、【JNB カードレスVisaデビット】の方になるわけですが、これのセキュリティー面が非常に高い。ネットショッピングに懐疑的な人はまだまだ多いと思うので、そういう人には打ってつけのカードではないのかなと思います。

Visaデビットカードの意味がわからない人はこちらの記事を参照して下さい。

スポンサーリンク

どの辺のセキュリティー高いの?

クレジット情報の漏洩は非常に怖いです。私もこの記事で書いていますが、朝起きたら1万円請求されていてパニックになりました。まぁ大体のクレジットカードで不正利用保険が有りますし、返金対応すれば問題ないことが多いですが、それにしてもそういう機会に遭遇するだけで嫌ですよね。

でも、ジャパンネット銀行のJNB カードレスVisaデビットを使えばそういうリスクを限りなく低くする事が出来ます。というのもこれを見て下さい。

ネット専用カードレスVisaデビット

スマホなどで画像が見えにくい人の為に、一応特徴点をまとめておくと以下のようになります。

  • 同時にデビットカードの番号(クレカ番号)を4つまで発行出来る
  • その中でもカード番号の変更は1日5回まで対応できる
  • 番号の変更や休止は簡単にネットで行うことが出来る
Vプリカも同時に幾つものネット専用クレカを持つことが出来ますが、Vプリカはライフカードを持っていない限り、毎度毎度発行手数料がかかってしまいます。その点、ジャパンネット銀行のカードレスVisaデビットカードは年会費も発行手数料も無料ですから、かなり気軽に持つことが可能になっています。

海外の怪しいサイトに自分のメインカードの番号を打ち込むと後で怖い・・・そもそもネットショッピング自体怖い・・・という人は1回1回新しい番号を利用して、その番号を変更しておけば不正利用される心配も有りません。また、他にもカード番号毎に使うサイトを決めておいて利用額に把握に使うなど利用用途は人それぞれ。

ネックは新しい番号を発行すると、その都度カード番号を入力しなければならないことでしょうか。ただ、安全面を考えればそのくらいの面倒さは我慢しなければなりません。

あと、こちらのカードは「ネットショッピング専用」のデビットです。現金引き出しやリアル店舗でのデビットカードの利用は通常の「JNB Visaデビットカード」を発行する必要が有るのも注意が必要です。

Visa認証サービス有りカードとの比較

Visaデビットカードで現状Visa認証サービスに対応しているのは「スルガ銀行のデビットカード」「JNB Visaデビットカード」「楽天銀行のゴールドデビットカード」だけです。(通常の楽天銀行のノーマルデビットは不明)

確かに、Visa認証サービスはクレジットカードの暗証番号の他に認証を求められるのでうっとおしい反面、安全性は非常に高くなります。いわゆる2段階パスワードみたいな感じになりますからね。

ただ、全てのショッピングサイトが加盟しているわけでは有りません。現状、Visa認証サービスを受けられるサイトは増えてきているとは思いますが、完全では有りません。私も、勝手にクレジット決済された時は全部のサイトでVisa認証サービスを必須にしてくれ!と思ったわけですがそういう訳じゃないんですよね。

店舗側からするとユーザーにVisa認証サービスを必ず使わせるってのは売上の減少にダイレクトに繋がってしまう可能性が有るので、将来的に見ても全てのサイトが取り入れる可能性は低いでしょう。(何か全体的にそういう動きにならない限り。政治とかで。)

従って、安全だけで安全じゃないのがVisa認証サービスの現状です。そういう意味では、毎回自分でカード番号を発行して決済出来るジャパンネット銀行のデビットの方が安全性は高いかなと思います。

ジャパンネットの場合はトークンによるワンタイムパスワードでの認証になるので、そういう意味でもセキュリティーは非常に高いと言えます。

手数料やポイント情報

セキュリティーの話だけだと寂しいので、手数料やキャッシュバックポイントの情報についても紹介しておきましょう。画像は使い回し。

JNBdebit

■手数料■
手数料に関しては基本的に無料。クレジットカードと同じですからね。ただ、店舗側でクレジット利用の場合に手数料を設定している場合には、当然手数料を取られるのでお忘れなく。

また、海外での買い物・海外サイトでのネット決済は「為替レート+ジャパンネットの事務手数料3.02%」が上乗せされますのでご注意下さい。

■キャッシュバックポイント■
キャッシュバックポイントは1%と高いのですが、残念ながらジャパンネット銀行専用のキャッシュバックでの利用に限り、キャッシュバックが受けられることになっています。還元率は低くても良いから、どこで買い物してもキャッシュバックしてくれるようになると更に嬉しいかないう感じですね。


ATM利用手数料や振込手数料に関しては公式サイトで分かりやすく解説されているので、そちらをご参照下さい。

JNB Visaデビットカードの公式サイトはこちら

スポンサーリンク

見ておかないと損をするコンテンツ

  • dmmキャンペーン

    DMM FXのキャッシュバックキャンペーンで最大30,000円ゲット

  • NISAのまとめ

    NISA(ニーサ)口座開設キャンペーンのまとめ-口座開設だけで2千円は最低貰える

  • Amazonで節約

    【還元率2.3%】Amazonで商品を割安で買う方法を公開