節約投資のススメ

他行宛の振込手数料を無料に出来る銀行のまとめ


この記事を読むのに必要な時間の目安: 12分ぐらい

銀行振込手数料
最終更新日:2015年1月21日

皆さんが銀行を選ぶ時の基準は何でしょうか?会社に勤めている人は会社が指定した銀行が自分のメインバンクになっている人が多いかもしれません。しかし、貴方のメインバンクは手数料がかかりすぎているかも知れません。

特に振込手数料なんて本当に無駄ですよねー。例えば、現状三井住友銀行で他行宛に振込すれば最低でも216円かかります。月4回・年間48回も他行に振り込んでいるとなれば年間で1万円を超える出費になります。チリツモとはまさにこの事ですね。

そこで、今回は他行あての振込手数料が無料になる銀行をまとめてみました。条件無しで無料になる銀行と条件有りで無料になる銀行と二通りに分けて紹介します。また、断りが無い限り基本的にインターネットバンキングを利用した振込と考えて下さい。

スポンサーリンク

無条件で他行あて振込手数料が無料になる銀行

まずは、無条件で無料になる銀行から。

■新生銀行
新生パワーダイレクト・新生モバイルバンキング(ネットバンキング)の利用で他行宛振込手数料が無条件で月1回まで無料です。なお、新生銀行所定のステップアッププログラムにより必要な資産残高等を満たすことで他行宛振込み手数料の無料回数が増加します。

  • スタンダードの場合・・・月1回まで無料(2回目以降308円)
  • ゴールドの場合・・・月5回まで無料(6回目以降206円)
  • プラチナの場合・・・月10回まで無料(11回目以降103円)
プラチナになると無料回数を消化した後の振込手数料も103円とかなり安いです。

また、新生銀行は自銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM、セブン銀行ATM、イーネット、ローソンATMで無条件で入出金手数料が無料になりますので非常に便利です。

新生銀行の口座開設窓口はこちら
新生銀行ステップアッププログラムの詳しい条件へ

■住信SBIネット銀行
こちらは月3回まで他行宛の振込手数料が無条件になります(4回目からは154円)。新生銀行と同様にコンビニATMも無料ですので非常に使い勝手が良い銀行です。詳細は下記記事を御覧ください。

住信SBIネット銀行はATM手数料や他行宛振込み手数料が無料です!

■オリックス銀行
メジャーリーガーのイチローさんが目印のオリックス銀行。こちらも「eダイレクト預金」のご利用で無条件で月2回まで他行宛の振込手数料が無料です。

* 3回目以降は432円の手数料がかかります。
* 楽天銀行宛の振込は無料にはなりません。

また、eダイレクト預金に関しては現金での入金が出来ず、振込での入金になりますので入金元の金融機関で振込手数料がかかる場合が有りますし、出金手続きに関しても手続き当日の振込が出来ないので使い勝手は良いとは言えません。

オリックス銀行の手数料詳細へ

■大和ネクスト銀行
大和ネクストの場合他行宛でも本人名義の口座への出金であれば手数料は無料です。他人名義の他行宛振込手数料は月3回まで無料(4回目以降は216円)です。

但し、大和ネクスト銀行はキャッシュカードが発行されませんので銀行口座だけを持っていてもATMでの入出金が出来ません。しかし、大和証券とのツインアカウントを持っていれば「証券⇔銀行」の資金移動は無料で何回でも出来る上に、セブン銀行やゆうちょ銀行などのATMで多くの場合無料で入出金が可能になっています。

大和ネクスト銀行振込手数料詳細ページへ

■ソニー銀行
ソニー銀行は無料とは少し違って、毎月1回までの他行宛振込み手数料216円が翌月10日までにキャッシュバックされます。それ以降は通常通り216円の手数料がかかります。

ソニー銀行の振込手数料詳細ページへ

■野村信託銀行
通常振込手数料は216円。但し、月30回まで無条件で他行宛の振込手数料が無料になります(楽天銀行宛に限っては月2回まで)。

野村信託銀行のホームバンキングを解説すると同時に野村證券口座も開設されることとなります。野村内の資金移動は無料ですし即時入金サービスを利用すれば「他銀行⇒野村證券⇒野村信託銀行」への資金移動が全て無料。

結果、他行宛の振込手数料も無料になるので使いようによっては非常に便利です。

野村信託銀行の手数料詳細ページヘ

■じぶん銀行
三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同出資して設立した銀行がじぶん銀行です。「au-じぶん銀行」というCMを開設当初盛んにやっていたので、携帯がauの人専門の銀行と思っているかもしれませんが、一応誰でも口座は開設可能です。但し、auユーザーが優遇されているのはお察しの通り。

じぶん銀行3万円未満3万円以上
通常手数料174円278円

通常は上記手数料が掛かります。但し、三菱東京UFJ銀行宛の振込は何回でも手数料無料です。また所定のID登録が必要ですがauユーザーの場合はどの銀行に振り込んでも何回でも手数料無料です。

auユーザー以外は三菱東京UFJ銀行宛の振込のみが無料になるので、条件付きに該当するかもしれませんが、auユーザーなら無料なので一応こちらのセクションに含めています。

じぶん銀行のプレミアムバンク for auの詳細ページへ

■SBJ銀行
元々韓国系の銀行ですが、無条件で月3回まで他行宛振込み手数料が無料です。4回目以降は216円。店舗数は少ないですが、セブン銀行、みずほ銀行、イオン銀行、イーネットと提携しており、ATMの引き出し手数料も無条件で月3回まで無料です。

SBJ銀行の振込手数料一覧ページヘ

条件付で他行あて振込手数料が無料になる銀行

銀行によって資産残高の条件や給与受取口座への指定などの条件が有りますが、こちらも他行あて振込手数料が無料になります。

■楽天銀行
楽天銀行には無条件での無料は有りませんが「給与/年金受取」で月3回まで他行宛の振込手数料が無料になります。また、消化しきれなかった無料回数を2回分まで翌月に繰り越すことが出来るので、その場合は月5回まで他行宛の振込手数料が無料になります。

通常手数料は以下のとおりです。

楽天銀行3万円未満3万円以上
通常手数料165円258円

楽天銀行の振込はメルマネ送金やFacebook送金など他の銀行にはない面白い振込方法が有りますし、なんといっても楽天スーパーポイントを振込手数料に充当できたり、振込でポイントが貯まったりするので楽天ヘビーユーザーの人はメインバンクにしても問題無いんじゃないでしょうか。

楽天銀行振込手数料詳細ページへ

■ジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行のネットバンキングにおける通常振込手数料は以下のとおりです。

ジャパンネット銀行振込手数料

但し、前月中の預金残高(円普通預金・円定期預金)が3,000万円を超えている場合には当月の手数料が月5回まで無料になります。注意点はジャパンネット銀行内の振込にも無料回数が消費されてしまうことでしょうか。

ジャパンネット銀行はネットバンキングの先駆けですが、手数料面をもうちょっと改善してくれると嬉しいですね。ただ、ヤフオクをよくやる人にとってはいい銀行です。

■新銀行東京
石原銀行とも呼ばれている新銀行東京は通常時の他行宛振込手数料は216円ですが、前月末の預金残高(普通・決済用・定期)が100万円以上の場合には当月の振込手数料が月5回まで無料になります。但し、楽天銀行宛の振込に関してはこの無料振込の対象外です。

名前の通り、全国に店舗が有るわけではないので使いにくいと言えば使いにくいのですが、提携金融機関としてセブン銀行とゆうちょ銀行が有ります。

新銀行東京の振込手数料詳細ページへ

■三井住友信託銀行
通常の振込手数料は以下のとおりです。

三井住友信託銀行振込手数料

但し、「トラストプレミアムサービス」のゴールドステージもしくはプラチナステージに該当すれば原則として月20回まで他行宛の振込手数料が無料になります。ゴールドステージの条件が資産残高等1,000万円以上の場合なので中々厳しいです。

また、その他の銀行と違って前月の資産残高で判断するのではなく毎年3月末と9月末を基準日としてそのステージが半年間継続されます。よって、2月末には条件を満たしていても3月末に陥落すれば意味が無くなるので注意が必要です。

なぜ、3月末や9月末を基準日にしているかというと「資産残高等」の等の中に住宅ローン残高などの借入金も含まれるからです。

トラストプレミアムサービスの詳細ページヘ

■みずほ銀行
通常の場合だと他行宛の振込手数料は無料になりませんが、条件を満たすことで月1回もしくは月4回まで他行宛でも振込手数料が無料になります。

なお、判定はみずほ銀行のみならず、信託銀行、みずほ証券も入ってきます。一番簡単なのは少額の投信を購入することでしょうか。これで月4回まで無料になります。

みずほマイレージクラブの詳細ページへ
みずほ銀行のATM手数料及び振込手数料を無料化する方法

■三菱東京UFJ銀行
三菱東京UFJ銀行の通常の他行宛の振込手数料がこちら。

三菱東京UFJ銀行3万円未満3万円以上
通常手数料216円324円

UFJの場合は預金残高等合計が500万円以上の場合でプラチナステージになります。この場合他行宛の振込手数料が月3回まで無料になります。

三菱東京UFJダイレクト-優遇条件詳細ページへ
三菱東京UFJ銀行のATM手数料・振込手数料を無料にする方法

■三菱UFJ信託銀行
通常の手数料はこちら。

三菱UFJ信託銀行 振込手数料

三菱UFJ信託の場合「エクセレント倶楽部」に入会していると月20回まで他行宛振込手数料が無料になります。(楽天銀行宛は月2回まで)

エクセレント倶楽部の入会資格詳細ページへ

管理人が選ぶおすすめ銀行

やはり一番オススメなのは住信SBIネット銀行でしょうか、店舗は有りませんが各種ATM利用料も無料ですし、預金の金利も高く総合的に見てベストだと思います。

新生銀行もATM手数料が無条件でいつでも無料なので使い勝手は良いです。ただ、やはり振込手数料の無料回数がデフォルトでは1回までなのでそこが厳しいですね。

あと、野村信託銀行の月30回の無料はインパクトが有るので、個人事業主の人とかでよく振り込みをしなければならない人にオススメ。で、auユーザーなら間違いなくじぶん銀行は選択肢の1つになるかと思います!

今日は以上です。間違いやこの銀行も無料だぜ~というのが有りましたら教えて下さい!

スポンサーリンク