節約投資のススメ
amaten

amaten(アマテン)でAmazonギフト券が最大10%引きで買える!使い方や注意点。


この記事を読むのに必要な時間の目安: 15分ぐらい

amaten

こんにちは。Amazonギフト券を額面より安く購入することが出来るamaten(アマテン)というサービスをご存知でしょうか。先日このamaten(アマテン)を実際に利用してみたので、使ってみての感想であったり、注意点などを紹介しておきたい思います。

なお、amaten(アマテン)の購入者側の話であって出品者側の話は特に触れませんので、そこんとこだけよろしくお願いします。

スポンサーリンク

amaten(アマテン)とは?

amaten(アマテン)とはその名の通り「Amazonのギフト券」を通常よりも安く購入することが出来るプラットフォームの事です。僕はAmazon大好きなのでAmazonのギフト券が有ればいの一番で使ってしまいますが、誰しもAmazonが大好きなわけでは有りません。

amazon
(photo by Books from amazon-Aurelijus Valeiša)

そもそもネットで買い物をする事に抵抗がある人も居るでしょうし、私は楽天派です!とかロハコ派です!という人も多いでしょう。そういう人に取ってみれば幾らAmazonが便利と言えどもAmazonギフト券はそこまでの価値は無く、現金化出来た人が嬉しい訳です。

そこで、Amazonギフト券の現金化を望む人とAmazonギフト券が欲しい人とを繋げるプラットフォームを提供してあげますよってのがamaten(アマテン)です。

公式サイトのQ&Aによれば販売者が設定できる価格帯は額面の90.0〜99.9%と記載されていますので、購入者側から見ると最大で10%割引でAmazonギフト券を購入する事が可能という事になります。

僕が見た感じだと大体3%~5%引きくらいの間で取引されている事が多いかなという印象です。

元々はAmazonギフトカードのみが対象でしたが、最近になって「itunesカード・Google Playカード・LINEプリペイドカード」も売買の対象として追加されました。

というわけで、アマテンの詳細や注意点なんかを実際に使ってみた経験を元に紹介していきたいと思います。

アカウント作成時の注意点

アカウントの作成は普通にamatenの指示通りにすれば出来るので、ここでは詳細に説明しませんが、自分でアカウントを作ってみて困った点が有ったのでそれだけ説明しておきます。

■確認メールが届かない場合が有る■
僕は最初フリーメールでは無く、自分が持っている独自ドメインのメールアドレスを指定して登録したのですが何回再送信してもamatenからの確認メールが届きませんでした。

結局gmailに変更して再度登録してみたら確認メールが届きましたが、確認メールは往々にして届かない事が有るようなので、届かない場合はへこたれずに別のメルアドでチャレンジして見てください。

■電話認証用の確認コードが届かない場合が有る■
2014年11月12日からは更なる安全性向上のために、利用者には携帯電話のショートメッセージを使っての認証システムが導入されました。

本来であれば電話番号を入力するとamatenから認証用メッセージが届くはずなのですが、僕の場合はこちらも何回再送信しても一向にメールが届きませんでした。その場合は直接amatenの確認用電話番号に電話すれば認証されますのでそちらを利用して下さい。

アカウント作成時の注意点としては以上2つくらいですかね。

チャージのやり方

アカウント作成は終わったでしょうか。ここからは実際の画面を見ながら注意点を紹介していきたいと思います。チャージはamatenのトップページ、下記画像の赤枠で示したボタンを押すと開始できます。

amaten公式サイトへ

アマテンへのチャージ

すると下記のように「振込金融機関」「振込名義人」「チャージ金額」を指定する画面に行きます。

チャージ金額等

今回、僕は19,300円をチャージしてみました。なぜ19,300円にしたかの理由は後述します。

チャージ依頼

「チャージ依頼する」をすると下記のような画面になります。

チャージ依頼内容確認

選択した金融機関での振込支店名・口座区分・口座番号・受取人名が記載された画面に切り替わるので、この状態で該当の金融機関のWEBページヘ行って画面に表示されている口座へ振込を実行して下さい。なお、チャージ依頼してないと恐らくアカウントの残高として反映されないので注意が必要です。

振込入金は各自でやって頂くとして、入金が完了するとほぼ即時でチャージが反映されている事が確認できます。(ちょっと画像が小さくて見えにくいですね。すいません。)

チャージ完了

ここまででチャージ完了です。後はアマテン上でAmazonギフト券を購入して実際にアマゾンでギフト残高を反映させるだけ。その前に、チャージ時の注意点を紹介しておきます。

振込金融機関選択時の注意点~クレジットは利用できない~

現状では「ゆうちょ銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行・住信SBIネット銀行三菱東京UFJ銀行」の5行のみ利用できます。クレジットによるチャージは認められていません。

■振込手数料について
ジャパンネット銀行以外だとチャージ振込手数料は無料ですが、ジャパンネット銀行を利用した場合にはチャージ時の振込手数料として52円(税込)かかります。

■チャージ残高反映の速さ
三菱東京UFJ銀行はチャージの反映が平日のみと限定的です。その他の銀行だと土日でも21時までならほぼ即時反映されます。

よって、振込金融機関としては「ゆうちょ銀行・楽天銀行・住信SBIネット銀行」の3行のうちどれかを選ぶのがベストです。

チャージ依頼金額の注意点~なぜ僕は19,300円をチャージしたか?

チャージをする時は以下の3点を知っておいて下さい。

  • 入金は1,000円以上からで100円単位
  • 販売価格は1円単位でも設定されている
  • 余ったお金を引き出すのに必ず162円(税込)の振込手数料がかかる
要は何が言いたいのかというと【中途半端にお金をチャージして中途半端な額のギフト券を購入すると使いどころのない数百円・数十円程度の端数が生じてしまう】のでそれだけは避けましょう!ということです。例を出します。

下記画像の赤枠を見てください。これは記事執筆時点で丁度出品されていたAmazonギフト券です。

中途半端なお金

額面金額が3,000円のところ販売価格が2,859円で4.7%引きでAmazonギフト券が購入できる案件です。確かに、割引率はそれなりに良いですよね。でも、amatenは1,000円以上100円単位でのチャージになるので2,859円丁度をチャージすることが出来ません。

この場合は2,900円をチャージすることになります。で、めでたくこのギフト券を購入できたらどうなるか?というと「2,900円ー2,859円=41円」の死に金が発生します。出金しようにも出金手数料が無駄なので出金できないんですねぇ。

なので、原則としてAmaten(アマテン)を利用する場合には基本1回で全額使いきれる金額をチャージするのが一番良いかと思います。もちろん、何回も何回も利用して帳尻合わせを出来るならそれでも良いと思いますが基本的に1円・10円単位区切りのギフト券は購入せずに100円単位で価格設定されている物を買うと良いでしょう。

一応皆さん分かってると思いますが、念のため注意点として書いておきました。

出品者側の人もその辺りを意識して価格設定すれば売れやすくなるのになぁと思いますけどね~人間誰しも損したくないですから購入者側に寄り添う姿勢も必要だと思います。特にamatenで全然売れないんだけど・・・という人はその辺り意識すると売れるんじゃないでしょうかね。

実際にギフト券を購入してAmazonへ登録するまで

先ほどのセクションまででアマテン上でのチャージが終わりましたので、次は実際にギフト券を購入して利用できるかどうかやってみたいと思います。

19,300円のギフト券

上記画像のように、アマテンにチャージした金額以下の商品については赤枠で囲ったように「Amazonギフト券を買う」という表記に変わります。残高が足りない場合には残高不足となっていますね。で「Amazonギフト券を買う」ボタンをクリックすると以下の様な画面になります。

購入確認画面

ちょっと画像が粗いですが、画面を確認して内容がOKであれば「購入する」をクリック。以下の画像に切り替わります。

購入完了画面1購入完了画面2

この記事上では画像が2枚に分かれてるのは画面が長いだけで、実際にWEBページ上では1枚もののページです。で、このページはAmazonでのギフト券登録が終わるまで絶対に閉じないようにしましょう。

購入したらすぐにAmazonで実際に使えるギフト券か否か・有効期限が合っているかチェックする必要が有ります。Amatenのシステム上不具合が有った場合に30分以内に報告しないと返金されない可能性が有ります。

上記画像が出たらAmazonのギフト券登録ページへ行って下さい。(画面仕様が変わりましたが、基本的には以下の手順で出来ます。)

上記リンクをクリックすると下記のようなAmazonのギフト券登録ページヘ遷移します(AmazonのIDとパスワードが必要だと思います。)

amazonギフト券登録

ここに先ほどの購入完了画面で表示されていたギフト券番号を入力して「アカウントに登録する」をクリック。なお、念のため言っておきますが、このギフト券番号はもう僕が登録しちゃってるので使えないですよw

アカウントに登録

見事このように登録されましたー!と書かれた画面が出て来たら完了です。画像には出て来てないですが有効期限も確認して下さいね。

20,000円登録

ここまで出来たら、もうちゃんとAmazonで利用できるのでOKです。あとは先ほどの購入完了画面に戻って上手くギフト券を登録できたら「確認完了」ボタンを押して、不具合が有ったなら不具合報告をして下さい。

念には念を押して確認する!

ここが一番大事です。アマテン上でギフト券を購入しても気を抜かずにアマゾンでのギフト券登録まで購入から30分以内に必ず終わらせて下さい。

  • ちゃんと使用できるギフト券か否か。
  • 金額は合っているか。
  • 有効期限は合っているか。
上記3点を必ずチェックして下さい。もし30分以上確認を怠ったらどうなるかと言うと公式サイトでは以下のように書かれています。

30分以内にクリックしなければ、確認 が完了したものとして自動的に確認完了となります。

クリックとは「確認完了」ボタンの事です。で、しかも確認完了を押してしまうと不備が無かったものとして扱われて絶対に返金してくれないようです。以下の様なQAが公式サイトで公開されています。

Q.ギフト券番号が使えなかったにもかかわらず間違って確認ボタンをクリックしてしまいました。取り消すことはできませんか?

A.いいえ、できません。同様のお問合わせをいただいても一切対応いたしません。

ということで、本当、確認ミスは命取りになりますので最新の注意を払って登録・確認完了まで済ませて下さい。

あと、有効期限が不明のものは手を出さないほうが良いと思いますよ。
もしかしたら有効期限・・・今日!という可能性も有りますからね笑。

安く買いたかったらちょくちょくチェックしよう

amatenは後述するヤフオクと違ってリアルタイム取引ですので、割引率の高い案件は早めに購入の手続きを進めないと他の人に取られてしまう可能性が有ります。

そのため、安くで購入したいならちょくちょくチェックしておきましょう。理想を言えばチャージで無駄な時間が取られないように先にチャージしておいた方が欲しい商品をすぐに買えます。

時間との勝負

まぁ販売価格がバラバラなので簡単には行かないですが、その場合でも必ず100円単位でチャージしておいてこの額で出品されたら即効で購入する!というルールを決めておくと良いと思います。

僕の場合は額面20,000円のものを19,300円で購入しているので割引率は3.5%です。この記事の為に取り敢えず購入してみた側面も有るので仕方ないですが、額面10,000円のものが9,500円で販売されている時も有りますし、場合によっては割引率7%で販売されていることも有ります。

チャンスを得るために先手先手で行きましょう。なお、ギフト券はAmazonおトク定期便とのコラボも可能なので一緒に利用すれば更に割引を受けられます。

Amazon定期便で5%OFF!毎回5%安く買えるかもしれない節約の裏技も。

ヤフオクでもいいんじゃないの?という意見

今回、amaten(アマテン)上でAmazonギフト券を購入する方法を紹介しましたが、アマゾンギフト券はもちろんヤフオクでも取引されています。

ヤフオクでAmazonギフト券を探す場合はこちらをクリック

ヤフオク好きの人はヤフオクで買っても良いと思いますが、ヤフオクの場合はどうしても、他の入札者との兼ね合いであったり出品者の対応のスピードによって実際にギフト券を使えるようになるまでに少し時間がかかります。

その点、amatenは時間内であればほぼ即時反映なので、待ち時間というイライラを無くすことが出来るかなぁと思いますよ~

というわけで今日はこの辺で終了です。間違い有ればご連絡下さい!下記記事も参考にどうぞ!

【節約】Amazonでセールを見逃さずに9割引きで商品を買う方法など
【還元率2.3%】Amazonで商品を割安で買う方法を公開

スポンサーリンク