節約投資のススメ
Vプリカ

【画像付】AmazonでのVプリカの使い方~購入完了まで!


この記事を読むのに必要な時間の目安: 6分ぐらい

Vプリカ

今日はプリペイド型クレジットカード【Vプリカ】の使い方を購入完了まで画像付きで説明していきます。Vプリカについて及びVプリカの作り方については下記記事を参照してください。

参考:Vプリカとは
参考:【画像付】Vプリカの作り方~ローソンなどコンビニ払いで作る方法

スポンサーリンク

Amazonへ行ってください(*´∀`)

ではまずはAmazonのトップページに入ってみましょう。

Amazon

Amazonのサイトはこちらから

もしAmazonのアカウントを持っていない方は下記ヘルプを参考にアマゾンのアカウントを作ってからこの記事を参照して頂ければと思います。

Amazonのアカウント作成に関するヘルプ

下記からはAmazonのアカウントを既に持っていると仮定して話を進めて行きますね。

購入する商品を決める

当然擬似クレジットカードを使うわけですから、商品を購入しないと意味が有りません。何か欲しい商品を選択してカートに入れてください。

私はパラソルハンガーと

パラソルハンガー.min

これを買いました。

モッズヘアー.min

購入した商品に関しては何も言わないでください笑

カートに入れるボタンを押すと次の画面で【レジへ進む】ボタンが有るので購入する商品が全てカートに入れられた人はこれをクリックしてください。

レジへ進む

ちなみにこの次の画面でサインインを求められることも有るので下記のように素直にIDとパスワードを入力してサインインし直しましょう。

サインイン

これを通過すると配送先住所や支払方法を選ぶ画面が下記のように出てきますので、当然Vプリカへ変更するために変更をボタンを押します。

支払方法変更

その次の画面にある「カードの追加」ボタンをクリックします。

カードを追加

すると以下のように「名義人」「クレジットカード番号」「カードの有効期限」の3つを入れるように指示されますので入力していってください。

カード情報入力

■名義人の入力について
Vプリカを作った時のニックネームを入力します。ちなみにAmazonは姓と名は同じ欄に入力しますが、別々に入力するサイトの場合は自分のニックネームを好きな所で区切ったらOKとのことです。詳細は下記ヘルプをご参照ください。

Vプリカ使用上の注意~3ニックネームに関する注意事項参照

■クレジットカード番号とカード有効期限の入力について
先ほどの名義人の件もそうですが、名義人もカード番号もカード有効期限もVプリカのアカウントに入ってカード情報を確認すれば見れます。私の場合は以下の様な初音ミクデザイン。

Vプリカ

ちなみにクレジットカード番号の真ん中とセキュリティーコードが隠れているのは私が隠しているのではなくVプリカのWEBサイト上で勝手に隠れています。マウスをそこに合わせるとカード番号が現われる仕様になっています。

またクレジットカード番号はそのままコピー&ペーストで貼り付けられる仕様になっています。

必要情報を入力して【クレジットカードを追加する】ボタンをクリックすると以下の様な画面になりますので、今回設定したVプリカが選択されているかしっかりとチェックして【次に進む】ボタンをクリック。

支払方法選択

これでやっと下記の画面になります。自分のVプリカが選択されていることを確認して【注文を確定する】ボタンをクリック。

購入画面

これで購入完了です!!おめでとうございます!

購入完了画面

WEB明細はどうなってる?

これでVプリカでの商品購入が完了しました。ではVプリカのWEB明細ではどのようになっているでしょうか?

私の場合こんな感じになっていました。

WEB明細

御覧頂いたようにAmazonでの決済がしっかりと記録されていますね。あと追加の330円はこのあと、家に油が無かったのでサラダ油を購入した事による330円です。

以上こんな感じでVプリカでAmazonで購入できますよ。全体的に画像が小さくてすいませんでした!

おまけ~商品が届いたよね~

注文してから翌々日くらいに商品が届きました。注文した内容に似合わない箱のダンボールとともに商品が届きましたよ。(写真取るの下手なのでボケボケしちゃってます!すいません!)

到着した箱

参考に単行本「宇宙兄弟」の15巻を並べてみました。ダンボールの大きさが伺えます。

中身はこうなっていました。

商品の中身

どうやらパラソルハンガーが邪魔をしていたようです。まぁ確かにこのサイズになりますね。そして購入したパラソルハンガーの使用感はいまいちでした。終了。

追記:なお、未成年で仕方なくVプリカを使っている人は15歳以上無審査で作れるVisaデビットカードも選択肢の1つです。Vプリカは発行手数料がかかりますが、デビットカードはショッピングに関しては通常のクレカと同様に利用者の手数料負担なしでAmazonを含む色々な店舗で利用できます。

Visaデビットカード10券種を徹底比較

スポンサーリンク

見ておかないと損をするコンテンツ

  • dmmキャンペーン

    DMM FXのキャッシュバックキャンペーンで最大30,000円ゲット

  • NISAのまとめ

    NISA(ニーサ)口座開設キャンペーンのまとめ-口座開設だけで2千円は最低貰える

  • Amazonで節約

    【還元率2.3%】Amazonで商品を割安で買う方法を公開