節約投資のススメ
レジ

電子マネーのiDとは?ドコモ以外の人でも専用のクレジットカードで利用可能


この記事を読むのに必要な時間の目安: 8分ぐらい

id

レジの読み取り機に「ピッ」とかざすだけで買い物が出来る「電子マネー」。レジで小銭のやり取りをする事なく、スマートに買い物をする時代です。

端数を計算して小銭を出すのが楽しいと感じる人もいますが、電子マネーの普及によって、面倒くさいお釣りの計算が不要になり、とても便利な時代になったとも言えます。

で、電子マネーと言っても様々な種類が有りますが、今回は「iD」について紹介しようかと思っています。

スポンサーリンク

電子マネーのiDとは?

「iD」は、NTTドコモと三井住友カードが提携して開発したポストペイ型(後払い型)の電子マネーです。後払いには、クレジットカードを利用する事になるので、クレジットカードの契約が必要になります。ただし、どのクレジットカードでも良いわけでは有りません(詳細は後ほど)。

「ポストペイ型」に対して、事前にチャージが必要な前払い型の電子マネーを「プリペイド型」と言います。流通系電子マネーの「nanaco」や交通系電子マネーの「suica」などがこれに当たります。

電子マネー「iD」を利用出来るツールは以下の2つです。

  • 「おサイフケータイ」が搭載されている携帯電話(ガラケー・スマホ)
  • 「iD」の電子マネー機能が付加されているクレジットカード

店舗のレジの読み取り機に携帯電話かクレジットカードをかざすだけで買い物が出来てしまうわけですね。

おサイフケータイとして利用出来るのはドコモだけ。iphoneは?

まず、携帯電話についての補足ですが、iDを利用出来るのは「ドコモ」のおサイフケータイのみです。「au」や「ソフトバンク」のおサイフケータイでは利用出来ません。

ただし、au・ソフトバンクの人でも、iD機能の有るクレジットカードでiDを利用する事は出来ます。

そして、以前まではドコモユーザーでもiphone利用者はiDを利用する事が出来ませんでしたが、現在は専用ケース「おサイフケータイジャケット01」を装着する事でiDを利用する事が出来るようになっています。

利用可能なクレジットカードは?

前述したように、電子マネー「iD」を利用するにはiD対応のクレジットカードの契約が必須です。そして、iD対応のクレジットカードには「おサイフケータイ専用のクレジットカード」と「通常のクレジットカードにiD機能が組み込まれた一体型のクレジットカード」と「iD専用のクレジットカード」が有ります。

iDをおサイフケータイとして利用したい人は、いずれのタイプのカードでもOKです(一体型のクレジットカードでもおサイフケータイに対応していないカードが有ります)。一方、auやソフトバンクの人、またクレジットカードとして利用したい人は一体型カード又はiD専用カードとなります。

■主なiD対応のクレジットカード
iD対応カード

カードとして利用したい人は、イオンカードやライフカードは利用出来ないので注意して下さいね。

メリット

「iD」のメリットは、以下の通りです。

  • 後払い式なのでチャージ不要
  • 一定額までは暗証番号不要
  • クレジットカードのポイントが付与される
  • 海外でも利用可能 等

後払い式なのでチャージ不要

iDの利用金額は、クレジットカードの通常の利用金額とまとめて支払う事になります。そのため、前もってチャージする必要が有りません。

チャージが必要なプリペイド型の電子マネーでは、残額を確認したり、足りない場合はチャージが必要になったりと少し面倒くさい手間が掛かります。頻繁に使うならチャージする手間は省きたいですよね。

iDは後払い式なので、チャージいらずでスマートに利用する事が出来ます。

一定額までは暗証番号不要

iDは、一定額(おそらく1万円)まで暗証番号の入力が必要ないので、スピーディーに買い物をする事が出来ます。

ちなみに、iDの利用限度額はクレジットカードの利用枠と同額です(店舗によっては一度の利用額に限度が設定されている場合が有ります)。

暗証番号の入力が完全に排除されていない点は、セキュリティー上有効に働きます。携帯やカードを紛失してしまった場合に、無制限に不正使用される事を防止する役割が有ります。また、金額だけでなく、利用回数によっても暗証番号の入力が必要になる点も安心出来るポイントかと思います。

なお、不正使用に関する保障については、契約しているクレジットカードの保障内容に依存する事になります。

クレジットカードのポイントが付与される

iDの利用金額はクレジットカードでの支払いになるので、当然クレジットカードのポイントが付与されます。少額の買い物を現金で行っていた人は、iDの利用によってポイントを今まで以上に貯める事が出来ますね。

そのため、iDの利用に際しては、ポイントの還元率が高いクレジットカードを選択する事でよりお得に利用する事が出来ます。

海外でも利用可能

海外でも、以下のマークの有るお店で「iD」を利用する事が出来ます。ただし、海外で利用出来るのは「おサイフケータイ」のみで、iD搭載のカードは利用する事は出来ません。

iD/paypass

海外で利用するには、最新版のアプリの設定が必要などいくつか条件が有ります(詳細はこちら)。

デメリット

「iD」のデメリットは、以下の通りです。

  • ネット決済が可能なサイトは限定的
  • ポイントの二重取りは出来ない 等

ネット決済が可能なサイトは限定的

電子マネー「iD」でネット決済が出来るサイトはかなり少ないようですね。しかも、iモードサイトのみiD決済に対応しているなんてケースもちらほらと。例えば、楽天市場やタワーレコードなど。

勿論、PCサイトやスマホサイトでもiD決済に対応しているサイトも有ります。amazonなんかがそうですね。

現状は、店舗ではiDで、ネットではクレジットカードなどで決済する事になるでしょうか。

ポイントの二重取りは出来ない

チャージするタイプの電子マネーの場合、チャージした時にクレジットカードのポイントが貯まり、電子マネーを利用した時に電子マネーのポイントが貯まる、いわゆるポイントの二重取りが出来るのが大きな売りですよね。(利用するクレジットカードによってクレジットのポイントが付かない場合も有りますがw)

この点、iDは利用した時にクレジットカードのポイントが貯まるだけなので、ポイントを貯める観点からすると不利になる場合が多いです。

使用出来る店舗

iD利用可能店舗

iDは全国約50万店舗で利用する事が出来ます。しかも、大手コンビニやイオン、マックスバリューなど普段良く利用する店舗が豊富に揃っている点も嬉しいですね。

iDを利用出来る店舗一覧

スポンサーリンク