節約投資のススメ
BitCash(ビットキャッシュ)

BitCash(ビットキャッシュ)とは~使い道やキャンペーン情報


この記事を読むのに必要な時間の目安: 8分ぐらい

BitCash(ビットキャッシュ)
(photo by Cash-bfishadow)

先日、格安国際電話Telink(テリンク)の記事を書いた時に、決済手段としてBitCash(ビットキャッシュ)が出てきましたね。

あまり知らなかったので「BitCash(ビットキャッシュ)」とは何ぞや?という事でHPをチェックしてみました。調べた時間が勿体ないので無駄に記事にしようというコーナー。ペイジーの時と同じ感じです。

スポンサーリンク

BitCash(ビットキャッシュ)の特徴

BitCashの詳細な情報はwikipediaに任せるとして、こちらではサラッと紹介しておきましょうか。

BitCash(ビットキャッシュ)はその名の通りビットキャッシュ株式会社が運営元のプリペイド型の電子マネーの事を言います。プリペイド型と書いていますが、今はダイレクトチャージというのが有って、クレジットカードなどでも購入できます。

money

僕は使ったこと無いですが(この記事の為に1,000円分だけ購入してみたけどw)、2013年度の取引高は約610億円という事でそれなりの規模になっています。wikiによれば、サーバー型電子マネー市場の大半をこのBitCash(ビットキャッシュ)とウェブマネーで占めているとかいないとか。

ただ、あまりメリットが感じられなかったPay-easyは取引高1兆円!とか書いてましたから、そもそもの市場規模はそんなに無い模様です。(Pay-easyは公共団体が支払用途に取り入れているのが大きいんですけど。)

他のプリペイド型電子マネーと違って番号が「ひらがな」で管理されている事もあり、秘匿性が高く安全性が高い!という触れ込みでサービスが開始されたようでございます。(wiki読んでみて下さい)。

電子マネーの種類

  • BitCash ST・・・20歳以上限定のコンテンツは買えない電子マネー
  • BitCash EX・・・20歳以上限定のコンテンツも買える電子マネー
20歳以上で区切っている理由は分かりますよね。成人向けを子供が買わないようにするためです。ビットキャッシュEXの方はビットキャッシュSTの上位互換のようです。

なお、BitCash EXを利用するためには一度コンビニ等の実店舗で「BitCash EXカード」を購入してチャージしなければなりません。BitCashの規約上「EX」は20歳以上の人しか購入できないと定められており、その年齢確認を実店舗での購入で代替しているのかな?と思います。(間違ってたらすいません。)

購入手段

先ほどもチラッと書きましたが購入手段は以下の通り。

  • コンビニ等のお店で買う
  • オンラインバンキングでダイレクトチャージ *1
  • visaあるいはmastercardでダイレクトチャージ *2
  • セブン-イレブン代金収納でダイレクトチャージ
  • 詳しい情報は「公式サイト:ビットキャッシュを買う」を確認して下さい。

*1 オンラインバンキングでのダイレクトチャージは不正利用の問題が有ったため、現在はジャパンネット銀行しか利用できないようです。(2015年2月28日現在)

*2 visaデビットカードでも利用できます。なお、僕は今回ビットキャッシュを1,000円分購入してみたのですが、購入に当たって住所や氏名の登録が必須で、携帯のキャリアメールの登録もしなければなりませんでした。

セキュリティーのための本人確認という意味合いが有るのでしょうが、もはやキャリアメールを使う事が殆ど無いので手間取りました。格安スマホを使っている人はちょっと困りますね。

会員グレードに応じたキャッシュバック制度有り

これはちょっと嬉しい制度ですね。ビットキャッシュを利用すると「びっ得コイン」というコインが貯まって、【10コイン=1Bitcashクレジット(1円)】のレートでビットキャッシュに変換できます。なお、換金は5,000コイン以上(500円)から可能です。

会員グレードは以下のようになっています。

bitcashの会員グレード

ダイヤモンドの上の???は正式名称「プレミアム」らしいです。twitterに書いてました。グレードアップの条件は取り敢えず「ダイヤモンド」にならないと会員でも開示されないようなので分かりません。

なお、コインの還元倍率はこのページこのページから判断するに「お支払い額の1.2%のコイン」が付与されるのではないかと勝手に予想しています。

ブロンズの場合だとお支払い額の0.5%のコインを獲得できるので、換金対象の5,000コインを得るためには100万円必要です。100万円利用すると500円のbitcashが得られるので、ブロンズ会員の場合のbitcash還元率は0.05%ですね。(計算合ってますよね?)

会員グレードはbitcashでの支払額やコイン獲得サービスに利用状況によって変わります。詳細は公式サイトでご確認下さい。

注意点

「1ビットキャッシュ」とか「10ビットキャッシュ」などの細かい単位での購入が出来ません。購入する場所によっても最低購入金額は変わりますが、1円から購入が出来ないので余ってしまうと使い道に困ります。(最低購入金額以上は1円単位で購入金額を指定出来ます。)

一応、残高引継ぎが出来るので新しくビットキャッシュを買って、端数が残っている古い方のビットキャッシュを統合させる事は可能ですが、ちゃんと使いきれるように購入するのが賢い使い方だと思います。この辺りはVプリカとかも一緒ですけども。

BitCash(ビットキャッシュ)の使い道

有名ドコロとしては「アメーバ・モバゲー・グリー・DMM・ハンゲーム・ニコニコ」あたりが挙げられています。詳細には「公式サイト:使えるサイト」を御覧ください。

御覧頂いたら分かるように、ゲーム系が非常に多いですね。僕はゲーム殆どやらないので使い道としては「グルーポン」か「ココナラ」くらいですかね。使い道を知らずに購入してしまうと「何てこった!」となるので、ちゃんとチェックしてから買いましょう。

キャンペーンは結構頻繁にやっている

キャンペーン情報に関しては「こちら」から現在のキャンペーンはもちろん、過去のキャンペーン情報を見れます。

内容としては抽選方式が8割/9割といった感じですが、たまにビットキャッシュで購入すると対象サービスのポイントを30%分を漏れなく増量します!というキャンペーンをやったりしています。

狙い目は当然「もれなしのポイント増量キャンペーン」です。キャンペーン情報を頻繁にチェックして、自分が使っているサービスのキャンペーンをやっていればかなりお得に使えるかも知れません。

というわけで、かなりしまりが悪いですが、今日はこの辺で終了。認識違い有りましたら教えてください。

注:ビットキャッシュとビットコインは違う

ビットキャッシュとビットコインは名前が似ているので勘違いしてしまいそうですが、全然違うものです。僕もこの記事を書くに当たって何回か「ビットコイン」と書いてしまいました笑。

スポンサーリンク

見ておかないと損をするコンテンツ

  • dmmキャンペーン

    DMM FXのキャッシュバックキャンペーンで最大30,000円ゲット

  • NISAのまとめ

    NISA(ニーサ)口座開設キャンペーンのまとめ-口座開設だけで2千円は最低貰える

  • Amazonで節約

    【還元率2.3%】Amazonで商品を割安で買う方法を公開