節約投資のススメ
大掃除

【年末恒例】大掃除のコツを一挙紹介!業者に頼んでしまうのも有りかも!


この記事を読むのに必要な時間の目安: 13分ぐらい

大掃除

年末と言えば・・・?カウントダウン!ではなく「大掃除」ですよね。大掃除へのカウントダウンが「0」になって、徐々に掃除を始めている人もいるでしょう(意味不明)。一方で、まだ大掃除の予定日が到来していない人や面倒くさがって先延ばしにしている人もいるかと思います。

今回は年末恒例の大掃除を少しでも簡単に出来るように、特に掃除が面倒くさい場所の「大掃除のコツ」を調べてみたので、紹介したいと思います。家の隅々まで綺麗に掃除して、清々しい気持ちで新年を迎えて下さいね。僕も今年は頑張ろう!

スポンサーリンク

大掃除のコツ

大掃除は、普段掃除をしていなかった場所を入念に掃除しますよね。「普段掃除をしていない」という事は、汚れ方が半端無いわけで・・・。ちょっとやそっとじゃ、綺麗になってくれません。毎年毎年みなさん苦労しているのではないかと思います。

そこで、特に掃除が面倒くさいと誰しもが思う5つの「場所・汚れ」の大掃除のコツを紹介します。

こういった掃除の情報を見ているだけで掃除する気が失せてくるのは私だけでしょうか?(笑)

■掃除が面倒くさい場所・汚れTOP5
  • 台所の換気扇
  • 風呂場の黒カビ
  • 網戸
  • 家具の隙間

台所の換気扇には重曹が効果的

台所の換気扇は油汚れがこびり付いて大変な事になっていますよね。その汚れから目を逸らしてはいけません。1年間頑張ってくれた換気扇のファンとフィルターを労うつもりで掃除してあげましょう。

ただ、換気扇に付いた油汚れがなかなか落ちなくて困った経験をみなさんお持ちかと思います。スポンジや歯ブラシで長時間ゴシゴシしながら、ふと「私何やってるんだろ?」と自問自答しつつゴシゴシ・・・。

そんな面倒くさい換気扇の掃除に効果的なのが「重曹」です。重曹は弱アルカリ性なので、弱酸性の油汚れを中和して取り除きやすくしてくれます。

重曹を使うといっても、付け置き・磨きという換気扇の従来の掃除方法と変わりません。付け置きや磨きの際に重曹を利用するだけです。

換気扇

まず、シンクにぬるま湯を張り、そこにカップ1杯ほどの重曹を混ぜて、フィルターとファンを付け置きします。シンクに入らない場合はシンクの代わりにゴミ袋を利用しましょう。汚れ具合にもよりますが、付け置きする時間は1~2時間程度です。

その後ブラシで磨いていきます。軽い油汚れならここで十分綺麗になりますが、1年間放置していた頑固な汚れは落ちにくいかもしれません。

もし汚れが取れなければ「重曹3:水1」の割合で作ったベタベタの重曹水を塗りつけて1時間ほど放置します。この際、水分が蒸発してカピカピの状態にならないように、薄めの重曹水(重曹1:水10)を吹き付けましょう。

薄めの重曹水は、レンジフードやコンロ周りの掃除にも重宝しますよ。

時間が経ったらブラシで磨いて汚れを落とします。これで、換気扇は綺麗になります。あとは、換気扇の取扱い説明書を見ながら、元通りに取り付けていきましょう。

なお、換気扇のファンがアルミ製の場合には、表面が黒ずんでしまうので注意して下さい。もし間違って重曹を使用した場合は、お酢で磨けば綺麗になるかと思います。

風呂場の黒カビには片栗粉を

普段あまり掃除しない換気扇とは違って、風呂場はけっこうなペースで掃除しているのではないでしょうか?にも関わらず、風呂場にはしつこい汚れが存在しています。それは「黒カビ」です。黒カビはタイルやゴムパッキンに根付いて、擦っても擦っても取れない、しまいには人間が音(根)を上げてしまうほどの手強い汚れです。

しかし、やっかいな黒カビも「塩素系漂白剤」と「片栗粉」を使えば、簡単に除去する事が出来てしまうそうです。片栗粉を混ぜる事で、漂白剤がカビの根までしっかりと塗り込まれる効果が有るようです。

風呂場

用意するのは、塩素系漂白剤と片栗粉だけです。あとは手荒れを防ぐ為の手袋や目に入らないようにメガネを用意するぐらいです。換気をする事も忘れずに。

塩素系漂白剤と片栗粉の混ぜる割合は、ほぼ「1:1」です(塩素系漂白剤をやや少なくするのがベスト)。

使用方法は黒カビが生えている所に塗り付けて、5分ほど放置します(長時間放置するとゴムパッキンが劣化するので注意)。あとは、水で洗い流すだけで嘘のようにピカピカになります。風呂場に限らず、家中の水周りに生えているカビに効果が有りますので、かなり便利な方法です。

掃除の仕上げに「LIONのルックお風呂の防カビくん煙剤」などで防カビをしておきましょう。

なお、水垢にはクエン酸が効果的です。水で薄めたクエン酸をキッチンペーパーに染み込ませて、それをペタペタと気になる箇所に貼って放置し、その後ササッと擦るだけで綺麗になります。

窓はスクイジーで楽しく掃除

色々方法は有りますが「スクイジー」を使用した方法を紹介します。スクイジーとは、下記画像のようにワイパーに取っ手がついたような物です。慣れれば最短で窓掃除が出来る方法だと思います。

スクイジー

まず、洗剤を薄めた液体を窓全体に塗ります。そして、スクイジーで左端又は右端をスタート地点にして、上から下にスーッと洗剤を切っていくだけです。やってたら楽しくなりますよ。

スクイジーの使い方

スクイジーを上手く使うコツは、左端から始める場合はスクイジーの右側を少し上げながら洗剤を切ります。そうする事で、上から下に切っている最中に洗剤が右側に流れていくので、左側に切り残しが現れません。

また、上から下に切るごとに雑巾でスクイジーについた洗剤を拭き取りましょう。最後に一番下の部分を横に切る事で窓全体を綺麗に出来ます。

サッシ

窓の掃除が終わったら、次はサッシ(レール)の掃除にとりかかります。雑巾だけでは角の汚れを取るのは難しいので、プロの小技を取り入れましょう。使うのはマイナスドライバーです。

マイナスドライバーの尖った部分で雑巾をサッシに沿わせて掃除します。すると、角の部分に溜まった汚れも綺麗に取り除く事が出来ます。マイナスドライバーが無い人は、割り箸など先が有る程度尖った棒状の物で代用しましょう。

雑巾で拭いただけで取れない汚れは、マイナスドライバーで直接削り取ります。力加減を誤るとサッシを傷つけててしまう可能性が有るので、割り箸の方が良いかもしれませんね。

【取り外し不要】網戸の掃除方法

普段の掃除で見て見ぬ振りをしていた「網戸」。大掃除の時ぐらいは重い腰をあげて掃除してあげましょう。

そもそも、なぜ網戸掃除に対して腰が重くなるのか?おそらく、掃除以前に網戸の「取り外し」と「取り付け」が面倒くさいからでしょう。また、網戸を取り外したとしても、マンションなんかだと狭いベランダでどうやって掃除するんだという話にもなるかもしれません。

そこで、今回はわざわざ網戸を取り外さなくても良い掃除の方法を紹介したいと思います。

■掃除機を使う方法
用意する物は掃除機と新聞紙とガムテープです。

まず、新聞紙を片面だけに隙間無く貼り付けます。そして、新聞紙を貼っていない面に掃除機をかける、ただこれだけです。片面が終わったら、反対側も同様にして掃除機をかけます。

新聞紙を貼る理由は、掃除機の吸引力を最大限に引き出すためです。新聞紙無しだと、空気に掃除機をかけてる状態になってしまうので。

片面の掃除で網目に詰まっていた汚れはある程度取れるので、片面は丁寧に掃除機をかけて、もう一方の面は適当でも綺麗になります。

ただこの方法は新聞紙を両面に貼り付ける作業が必要になり、面倒くさがり屋には向いてないかもしれません。そのため、もう一つ違う方法も紹介しておきます。

■市販のワイパーを使う方法
次は、フローリングの掃除道具として有名な「ワイパー」を使う方法です。方法と言っても、ただ網戸掃除に利用するだけなんですが。

用意するのは、本体のワイパーとウェットシートです。ウェットシートは100均の物でも良いのですが、花王の立体吸着ウェットシートの方が品質が高いので綺麗になります(その分値段も高くなります)。

掃除する際は、網戸が網目状になっているので、縦・横・斜めと色んな方向にワイパーを動かして下さい。また、柄の部分は短くした方が、動かしやすくなりますし、力加減も調整しやすいですよ。

家具の隙間はストッキングが大活躍

「家具と家具の隙間」や「家具と壁の隙間」など、重い家具を動かして掃除するのは非常に面倒くさいですよね。だからといって放置しておくわけにもいきません。

そこで、重い家具を動かさずに掃除する方法を紹介したいと思います。

用意する物は「古いストッキング」と「針金タイプのハンガー」です。まず、ハンガーのフックの部分と三角形の底辺の部分を持って、それぞれの方向に引っ張って形を変えます。それから、底辺の方からストッキングの中に通します。フックの部分が持ち手となります。

そして、あとは家具の隙間に入れて掃除するだけです。ストッキングの網目と静電気が埃を絡め取ってくれます。

ストッキングやハンガーが無い人は、網戸の掃除で利用したウェットシートを棒状の物に撒きつけて輪ゴムで止めて利用するという方法も有りますよ。

ハウスクリーニング業者に依頼しちゃう?

以上が、大掃除で面倒くさい場所TOP5の掃除のコツです。どうでしたか?少しはラクに掃除出来るかな、と思えたでしょうか。まぁ、他にも掃除の仕方は色々有ると思うので、雑誌やWEB等の大掃除特集を見てから、大掃除をすると良いでしょう。

ただし、掃除する場所は今回紹介した場所だけでは有りません。キッチン周りやリビング、寝室などまだまだ掃除する場所はたくさん有ります。大掃除って本当に気が遠くなる作業ですよね。ただでさえ忙しい12月に、時間と労力を掃除に割くのは難儀な話です。

忙しい

そこで、ハウスクリーニング業者に掃除を依頼する手が有る事を最後に紹介しておきます。年に1回ぐらいはプロに掃除して貰うのも有りだと思うんですよね。

そもそもハウスクリーニングとは、ダスキンやおそうじ本舗などの掃除のプロが掃除を代行してくれるサービスを言います。みなさんが「掃除をしてもなかなか綺麗に出来ない場所」や「どうやって掃除をしたら良いか分からない場所」などを掃除のプロが代わりに綺麗にしてくれます。

このハウスクリーニングは、家全体の掃除を依頼する事も出来ますが、部分的な依頼も可能です。例えば、換気扇などのキッチン周りの掃除だけ依頼したり、エアコンの掃除だけ依頼したり、床・フロアリングの掃除だけ依頼したりする事も可能なんです。

掃除

面倒くさい場所などはプロに任せて、その間に自分自身で他の場所を掃除したり、要らない物を整理したり出来ます。自分だけで掃除するよりは遥かに短時間で大掃除を終わらせる事が出来るでしょう。また、空いた時間に年賀状の準備など掃除以外の事も出来ますよね。

業者に依頼する事でお金は必要になりますが、忙しい12月、時間の節約はお金以上の価値が有ると思いませんか?ただ、なるべく安い業者に依頼したいというのも正直な所だと思います。

ズバットがハウスクリーニング業者の費用を一括かつ無料で比較出来るサービスをやっているので、興味の有る人は見積もり依頼だけでもやってみると良いでしょう♪

“無料”一括見積もりで比較!《 ズバットハウスクリーニング比較 》



スポンサーリンク

見ておかないと損をするコンテンツ

  • dmmキャンペーン

    DMM FXのキャッシュバックキャンペーンで最大30,000円ゲット

  • NISAのまとめ

    NISA(ニーサ)口座開設キャンペーンのまとめ-口座開設だけで2千円は最低貰える

  • Amazonで節約

    【還元率2.3%】Amazonで商品を割安で買う方法を公開