節約投資のススメ
出世したい

出世したいとか新卒1年目で出来る奴だなコイツと思われたい人に読んで欲しい記事


この記事を読むのに必要な時間の目安: 7分ぐらい

出世

はい、今日はライフハック的な記事です。まぁ要は上司にコイツ出来る奴!評価ちょっと高くしてあげようかな!と思われたい人が読むと多少は役に立つような記事です。

但し、タイトルにも【新卒1年目】と書いてあるようにあくまでもそのレベルの人の話です。売上を大幅にアップさせるとかそういうことじゃない部分。気配り的な?

なので1年目からバリバリ一人で営業回ってガリガリ契約取らなくちゃ!的なお仕事をしている人もちょっとターゲット層がずれちゃいます。この記事に属性バッチリな人は事務とか経理とか最初は先輩のサポートがメイン業務となっている人ですね。営業だったとしてもサポート業務の方が多いなら該当します。

その辺り理解してから読んで下さい。理解しないで読むと時間の無駄になっちゃうので。

スポンサーリンク

生産性を考えよう

まぁこの記事で言いたいことはこれだけです。

【生産性】

これね。

例えば1日で売上1,000万円作る社員と売上100万円作る社員とを比較したら売上1,000万円の社員の方が確実に会社からすると生産性が高いわけです。まぁ普通に考えたらベテラン社員が売上1,000万円の方で新卒1年目君が売上100万円の方ですわな。

そしてこの新卒1年目君がベテラン社員のサポート役。つまり事務的な部分をサポートする仕事を割り振られたと仮定しましょう。

なんで俺があんなおっさんの事務作業をやらなくてはならないのだ!という文句は受け付けません。

ってか普通そうなるんです。会社なんてそんなものです。

売上1,000万円作るベテラン社員の1日の時間の使い方が営業8割:事務作業2割だったとしましょう。よくよく考えれば分かることですがベテラン社員は8割の営業で売上1,000万円を作ってきているわけです。

じゃあ残りの2割を生産性の低い誰かに任せれば?売上2割増しになると思いませんか?新卒1年目は営業8割で売上100万円しか作れません。コイツの営業割合を増やしたところで仕事の売上の伸び幅はたかが知れとるわけです。

つまり何が言いたいかというと一般的に新卒社員というのは生産性が低いので、生産性が高い社員が更に生産性を高められるように気配りしてあげるとそこそこ評価が高くなるということです。

多分ですが会社組織というのは事実とは異なっていても上司の方が生産性が高いとみなされます。実際にどうなのか?ではなく一般的にはそう判断されます。

あれ?これ当たり前?でも結構若い人は出来てないと思うけどなー。2,3日前に話題になったサイバーエージェントの子会社?(ちょっとその辺りはよく見てないので間違ってたらごめんご)の社長さんが言っていることも大体同じ事。

会社は学校じゃねぇんだよ|松村淳平のブログ。

ってかこの記事(松村社長の記事)読んで分かってない人多いんだろうなーと思ってこの記事(貴方が今読んでいる記事)を書いたんだった。

特にここ。

先輩に教えてもらうのはいいけど、
教えてもらっただけで仕事した気になってる。

教えてもらってる時間だって、
給料は発生してるし、
能力のある先輩の仕事時間まで頂いてる事になる。

1時間教えてもらったとしたら、
自分と先輩の1時間分の給料すべてをもらってる事になる。
そしたらその分死ぬ気で稼げ、と思います。

この記事読んだ時、マジでそうそうと思いました。先輩が後輩に教えている時間は後輩の為に二人分の給料が発生しちゃってるんです。先程も言ったように普通後輩は先輩の生産性を上げるために存在しているはずです。

しかし最初は右も左も分からないでしょうから仕方ないにしても実際問題新卒社員にOJTやってる時は先輩や上司の生産性はガタ落ちしているわけです。

本来はその先輩や上司の生産性を高めるためのサポートをしなければならないのに。です。

これまじで分かってない人多いと思うなー。多分ダラダラ平社員でやってるままの人は一生わからないかも。マネジメントしてみないと分からないことも有りますからね。

具体例で考えて見ましょう。極論ですけど。

社長秘書が毎朝コーヒーを社長に出すとします。社長秘書たるもの社長の好みは知っておかなければなりません。つまりコーヒーと一緒に付ける砂糖の数は暗黙の了解でいつも同じはずです。その日の気分で社長が支持することは合っても普通は暗黙の了解で進むはずです。

しかしこの社長秘書は忘れっぽい人なので毎回社長に砂糖の数を訪ねます。

はい、これ、もちろん極論ですよ。毎回社長に砂糖の数聞いてたら毎回社長はその質問に答えなければなりません。若干数秒の世界ですが塵も積もれば山となるです。

会社の中で最も生産性の高いはずの社長の時間を無駄に奪ってしまっているわけです。こういう小さいことに気づけるかどうかが新卒1年目の若手がコイツ出来るなーと思わせるコツだと僕は思っているわけです。

他にもよく言われる事ですが「何が分からないのか分からない」ってのも有りますよね。後輩にそう言われた先輩はまず「何が分かってないのかを分からせる事」からはじめなければなりません。はい時間の無駄。

まぁとにかく生産性の高い社員が気持ちよく生産性の高い仕事に取り組めるように細やかな気配りをしてあげるって事がポイントでしょうか。会社組織で事務職と営業職が分かれている理由が分かればまぁ僕の言いたいこともわかると思います。

終了。なんかまたまたまとまらない何も伝わらない文章になってしまいましたw 頭の中で考えている事を言語化する能力は僕にはあまり無いようです(´・ω・`)

スポンサーリンク

見ておかないと損をするコンテンツ

  • dmmキャンペーン

    DMM FXのキャッシュバックキャンペーンで最大30,000円ゲット

  • NISAのまとめ

    NISA(ニーサ)口座開設キャンペーンのまとめ-口座開設だけで2千円は最低貰える

  • Amazonで節約

    【還元率2.3%】Amazonで商品を割安で買う方法を公開