節約投資のススメ

複数の買取業者に中古車査定を依頼する時の価格交渉術

車を高く売ろうと思ったら、買取業者と価格交渉をする必要が有ります。業者としては安く買って高く売りたいわけですから、わざわざ最初から限界の買取価格を提示してくる事は基本的に有りません。

車の売却価格

また、殆どの業者はユーザーが価格交渉をしてくる事を前提に最初の見積もり値を出してきますから、限界価格よりも低めにならざるを得ません。

最初から限界の買取価格を提示しちゃったら、もう価格UPの要素が無くなってしまうので、交渉がやりづらくなりますしね。

従って、我々のような車を売る側の人間としても、最初は低めの査定価格が提示されているという前提で、価格交渉に臨まなければなりません。本当、交渉自体で買取価格が5万円・10万円くらい余裕で変わります。この辺りは新車の値引きと同じような理屈です。

この記事では、以下の2つのテーマに絞って記事を書いていきます。

複数の買取業者と価格交渉する時の手順・コツ

このセクションでは、複数の買取業者に査定を依頼して、売却先を決定するまでの手順をコツや注意点とともに紹介していきます。個別の買取店との交渉の時の注意点はこちらのセクションを参照の事。

大まかに流れを示しておくと以下のようになります。

  • ①複数の買取業者に査定を依頼する
  • ②交渉時には友人を連れて行く(省略可能)
  • ③当日売却はしない
  • ④2社程度まで絞り最後の価格交渉
以下、詳しく見ていきましょう。

手順①:複数の買取業者に査定を依頼する

非常に当たり前の事ですが、車を売る時は必ずいくつかの店舗に査定依頼を出してみてください。よく、最初の1店舗目で結構高値が付いたから売ってしまった・・・という人がいますが、それでは限界価格を引き出せません。

複数の業者に依頼することで、競争心が煽られ買取価格も上昇するのです。この辺りは「高値で車を売る為の大原則3つ」の記事で詳しく書いていますので、そちらを参照して下さい。

【補足】他の業者に査定依頼している事を言うべきか?

複数の買取店に査定を依頼する時、業者に対して他の店舗にも査定依頼をしている事を言うべきかどうか?で迷う人が結構います。

この点に関しては「言うべき」です。先程も書いたように、競争相手がいる!という事自体が価格アップに繋がりますからね。しかし、他業者の「査定価格」を伝えるのはNGですよ。

査定価格を伝えてしまうと、その業者の査定ではもう少し上の価格だったのに、足元を見られて、それよりも低い価格が提示される可能性も捨て切れません。冒頭書いたように、買取店も出来るだけ安値で購入したいので、わざわざ自分から買取価格を釣り上げる事はしません。

交渉

「他の店舗ではどれくらいの査定金額が出ましたか?」

と質問される事も多いですが、ここは何とかごまかしましょう。

「明確な価格は言いたくないけれど、それなりに満足できる価格は提示して貰えました」

くらいの回答がベストでしょう。「満足できる価格」という単語を利用することで、査定士に対して「ちょっと高めに査定価格を付けないと売ってくれないかな?」と思わせる事が可能になります。

【補足】出張査定or自分で出向く~どっちが良い?

車の買取査定は、査定士に自宅まで出張して貰って査定をお願いする事も出来ますし、自分で買取店へ車を持っていってそこで査定をして貰う事も出来ます。

正直、これは「どちらでも構わない」です。ただ、出張査定だと自分は動かなくて良いので楽です。基本的に出張査定も無料ですしね。

なお、本当か嘘か分かりませんが、自分で車を買取店に持って行き、査定終了後に店舗の中に通されて「売るというまで帰さないぞ!」という脅しを受けた、という報告がネットのQAサイトで有りました。

殆どの買取店はこんな強引な事はしませんが、少しヤバイかなと思ったら、すぐに立ち去るようにしましょう。

【補足】出張査定で複数の業者の査定時間を同じ時間にしても大丈夫?

本来、出張査定は業者ごとに時間を変えて査定をして貰うのがセオリーです。しかし、あまり時間が無い人の場合、出来れば同時刻に一斉に査定をして貰って一気に売却先を決めたい!と考える人もいるでしょう。

同じ時間

結論を言いますと、同時に査定をして貰っても別に構いません。但し、複数の業者との対応を一度にしなければならないのは結構大変ですので、その辺りは注意しておきましょう。

仮に、5社に来てもらい一斉査定を開始。そのうちの価格が上位の2社だけ残して後は帰す!みたいな事が出来るかメンタルが有るかどうか?を考えてやってみてください。

手順②:交渉時には友人を同席させる(省略可能)

手順②と有りますが、省略は可能です。但し、あまり交渉事が好きでは無い人や気弱な性格の人は、誰か友人・知人で交渉事に長けていそうな人に同席してもらった方が良いでしょう。

友人・知人

査定担当者の中には、かなり高圧的な態度で交渉に臨んでくる人もいます。気弱な人がそういう人間と相対しても、中々交渉は上手く行きません。

「怒鳴られたらどうしよう・・・」

などど、迷っているうちに、アレヨアレヨと売却契約まで結ばされてしまう可能性だって有ります。

自分は一人で大丈夫!という人であれば、自分で交渉すれば良いですが、少し不安の有る人は友人に助けて貰った方が無難ですよ。

手順③:当日売却はしない

買取業者との交渉時、

「今日!今!売ることを決定してくれたらこの値段で買取ります!」

と言われる事がよく有ります。提示された買取金額が、自分が想定していた買取金額を超えていた場合、「もう良いかな?」と他社と交渉すること無く売却を決定してしまう人も多いです。

車

しかし、当日売却はあまりオススメできません。特に他社の査定が終わっていない場合は尚更です。確かに、車の価値は日々減価していきますので、明日売るよりも今日売った方が高値になる可能性は高いです。

それでも当日売却はオススメできません。1日くらいは頭を冷やして「本当にその売却価格でOKなのか?」を考えましょう。「車を売る姿勢」出していれば、売却の決定タイミングが1日遅れたとしてもそこまで買取価格に影響は出ません。

むしろ他社と競合させる事が出来れば、上がる可能性の方が高いです。その場の勢いだけで決定しまうと後々後悔する事のなりますので、必ず冷却期間を設けましょう。

手順④:2社程度まで絞り最後の価格交渉

複数の業者に査定をしてもらったら、1回目の査定で最も高い買取り価格を提示してくれた2社まで売却候補先絞りましょう。1回目の査定自体は5社程度でOKです。

そして、その後この2社に対して「○○社はこれくらいの金額だけど、○○万円まで出せませんか?それならもう今日売却決定します」という感じで問い合わせましょう。

車

但し、ココで注意点が有ります。ポイントは「あまりしつこく2社を比較しない事」です。売却希望額に届かなかったとしても、2社のうち高値の買取金額を提示してくれた方に売却することを伝えましょう。

買取業者の担当者も人間ですから、何回も何回も他社と比較されると気分はよく有りません。

「そこまで徹底して価格比較をするなら、ウチとしては撤退させて頂きます」という回答が返ってくる可能性も有ります。この段階では、激しく価格交渉するのではなくソフトに交渉しましょう。


以上が、複数の買取業者と価格交渉する時の手順・コツです。完璧に実行できれば、当初提示額より5万円・10万円上乗せして貰う事は可能なので、交渉事が苦手でないならば是非実践してみて下さい。

なお、以下で「買取業者の査定士と個別交渉する時の注意点」も書いていますので、そちらも参照して下さい。

買取業者と個別に交渉する時に注意しておきたい事

複数の買取業者と価格交渉するという流れの中には、「買取業者毎に担当者と個別に交渉する」という行為が含まれますよね。この点に関するポイントをまだ書いていなかったので、買取価格をUPさせるために注意しておきたい事を以下でまとめていきます。

高値で買い取って貰う為には【売る姿勢】を明確に出す!

これは必ず守って下さい。交渉時には満足できる価格が提示されれば売る!という姿勢を必ず出すようにしましょう。

車を売却する

「いつ売却するか分からなけど、取り敢えず査定価格が知りたいから結果教えてよ」

という感じで、交渉に臨むと高値はGET出来ません。そもそも、売却時期が先になればなるほど「故障するリスク」「走行距離が増えるリスク」「事故を起こすリスク」などが増えていくため、査定士としても正確な査定金額を出す事が出来ません。

「この日までに売る!」という期限が分かっていれば、それまでの価値減価なども予測して買取価格に反映させる事が出来ますし、何より「売る姿勢」が有れば、査定の時間が無駄になる可能性が低くなるので、査定担当者としてもやる気が出来ます。

当日に車を引き渡す必要は有りませんが、なるべく近いタイミングで引き渡す事が出来ます!売れます!という事はアピールしましょう。

愛車のアピールポイントはしっかりと伝える

交渉時には出来る限り「愛車のアピールポイント」をしっかりと伝えるようにしましょう!

査定士がチェックする項目自体は査定基準である程度決まっているので、基準に則って評価される限り、誰がやってもそこまで結果が変わる事は有りません。

車の査定

しかし、査定士も人間です。「アピールされなければ気づかなかった加点ポイント」も有るかもしれませんよね。

  • どれだけ車を大切に扱ってきたのか
  • 洗車やワックス掛けはどれくらいのペースでやっていたのか
  • シートが汚れないようにカバーを付けていたとか
  • 自分で取り付けたパーツとか
色々アピールするポイントは有ります。それで、数千円・数万円程度評価額が変わる事も有るかもしれません。熱意に免じていくらかの金額を上乗せしてくれる担当者もいるかもしれません。人間ですからね。

車のオプション

とにかく、査定に出すなら自分の車のアピールポイントをまとめておいて、査定時にしっかりと伝えるようにしましょう。

査定時に中古車査定士がチェックしているポイント

まとめ

如何だったでしょうか。文字にすると非常に長く感じるかもしれませんが、簡単にまとめれば

「複数社で比較して愛車をしっかりとアピールする」

これだけです。これだけで売却価格が5万円・10万円と変わるのですから、やらないよりはやった方が良い事は明白です。是非実践してみましょう。

なお、複数の買取業者に査定を依頼する場合は「車の無料一括査定サイト」を利用すると便利です。悪徳業者が紛れている可能性が少ないですし、最初から結構高めの値段を提示してくれる所も多いですからね。

取り敢えず無料一括査定サイトの公式HPを見てみる人はこちら