節約投資のススメ

個人売買や業者オークション代行等で車を売却するメリット・デメリット

車

前回書いた「車売るなら必読!【高値で車を売る為の大原則3つ】」という記事の中で、買取査定と下取り以外で車を売る方法を簡単に紹介しました。

その方法として紹介したのが、こちらの3つですね。

  • 個人売買(自分でやり取りを行う)
  • 業者に委託して車を売る(個人の相手先を探してもらう)
  • 業者に委託して車を売る(業者オークションへの出品代行)
前回の記事では、ページの都合上これらの方法に関するメリットやデメリットを紹介できませんでしたので、今日はその部分を簡単に補足していきたいと思います。

個人売買(自分でやり取りを行う)のメリット・デメリット

中古車雑誌やネットの掲示板、ヤフオクなどを利用して、愛車を売る相手先(個人)を探す方法です。まずはメリットから紹介していきます。

個人売買のメリット

①上手くいけば一番高く車を売ることが出来る

個人売買では、車買取店のような中間マージンを取る企業が間に入ってきません。そのため、上手く行けば一番高値で車を売る事が出来ます。

車を高値で売る

車種や時期等々によっても買取店の買取価格は変わってくるので、一概には言えませんが、買取店は一台あたり平均すれば10万円~20万円程度の利益は取っています。それが無くなるわけですから、金銭的な部分でのメリットは非常に大きいですよね。

②売値を自分で付ける事が出来る

①とも関連しますが、売値を自分で設定できるのは大きなメリットです。買取店に売却する場合でも価格交渉は可能ですが、売値を自分で設定することは出来ません。買取店にも査定プロセスが有りますからね。

個人売買の場合は、そういう企業の堅苦しい決まりという物が有りませんので、自由に売値を決定することが出来ます。(それで売れるかどうかはまた別ですけど。)

個人売買のデメリット

続いでデメリットを見ていきましょう。

①トラブルに巻き込まれる可能性が非常に高くなる

中古車の個人売買ではトラブルが付き物なのです。たとえば、

  • 買い手が代金を支払ってくれない
  • 買い手が所有権の移転手続きをいつまで経ってもやってくれない(⇒結果自動車税の納税通知が自分の所へ・・・)
  • ちょっとした不具合で売主の瑕疵担保責任を要求してくる
などなどのトラブルに巻き込まれる事が多いです。何事も無く取引が終われば良いのですが、500円、1,000円の取引と違って車の取引は高額ですから、結構問題が発生します。

なぜ、トラブルが発生するのか?それは、買い手側もとにかく安く買いたいから個人売買で車を買おうとしているのが一つの理由です。

【とにかく安く買いたい=お金を持っていない】

と決めつけるのは早計ですが、確率的には「お金を持っていない人」の割合は高くなります。そうすると、どうしてもお金にルーズな人も多いわけで、お金系のトラブルは多くなっちゃいますね。

車売買のトラブル

また、買取店と違って、買い手はビジネスとして車を購入する訳では有りません。ですから一般的な常識が通用しない相手も多々出てきます。だからこそ、通常では考えられないような要求をしてきて揉めてしまったりするそうですね。

②取引をまとめるための下準備に時間がかかる

先ほど、個人売買はトラブルに巻き込まれやすいという話をしました。トラブルに巻き込まれないためには、事前準備を徹底しておく必要性が出てきますよね。

但し、事前準備を徹底したからと言って、必ずトラブルを回避できる訳では有りません。また、相手が良い人であった場合には徹底した下準備が徒労に終わる可能性も有ります。

でも、取引相手が全員良い人である可能性は低いので、いずれにせよ事前準備にかける時間は必要です。

たとえば、金銭的な問題で後々トラブルになっても問題ないように契約書を作ったり、瑕疵担保責任で代金の減額等々を求められても反論できるように事前に修理店での点検を受けておくとか。

契約書の作成

コレ、文字で書くと簡単ですが、実際自分でやってみると、相当の労力(時間もお金も)がかかります。そう考えると、素直に買取店に売却したほうが良かった・・・なんて事になることもしばしば。

以上が大まかな個人売買で車を売ることのメリット・デメリットです。

業者に委託して車を売る(高値で買い取ってくれる相手先を探してもらう)

コレは車を売却する相手先を業者に探して貰うスタイルの売却方法。

業者に委託して売却先を探してもらうメリット

①買取店への売却よりも高値で売れる可能性が有る

業者に委託して売却先を探すわけですから、当然個人売買で車を売るよりは利益幅は少なくなります。

ただ、委託業者への手数料は、買取店の中間マージンよりも比較的安価なので、上手く行けば買取店に売却するよりも高値で売れます。

②個人売買よりも手間はかからない

業者へ委託する場合には、個人対個人の取引と違って、業者が責任をもって売買完了まで面倒を見てくれる事も有ります。そうなれば、トラブルに巻き込まれる可能性はグーンと下がります。

買取店へ売却する時には当たり前の話でも、個人間取引と比較すればメリットになるものです。

業者に委託して売却先を探してもらうデメリット

①車を預ける必要が有る場合がほとんど

車の買い手側からすると【現車】を確認しないことには、最終的な購入の判断は出来ませんよね。従って業者に売却を委託する場合、車を引き上げられる事がほとんどです。

車の保管

つまり、別の車を持っていない限り自分が自由に使える車が無くなってしまうという事です。下取りとかなら新しい車が納車されるまで旧愛車を利用し放題ですが、委託売買の場合は車を自由に使えないのです。コレは、車が必需品の人にとっては大きなデメリットでしょう。

②相手先が見つからないリスクや無駄な費用が発生するリスクも有る

業者はユーザーからの依頼を受けて、車の売却先を探します。しかし、なかなか売却先が見つからない事も多々有ります。

なかなか売却先が見つからない=時間経過による価値減価が大きくなる

という事なので、売却額も下がり利益幅が縮小してしまうことも。また、業者によっては委託手数料の他に車の保管料を請求してくる所も有るようなので、結果として素直に買取店に売却したほうが良かった!なんて事になることも多いですね。

業者オークションへの出品代行

こちらは、個人の相手先を見つけて貰うのではなく、資格を持っている人間しか参加する事が出来ない「中古車の業者オークション」への出品を代行して貰って、車を売る方法です。

こちらも買取店へ売却するよりも高値で売れる可能性は有ります。ただ、「個人の相手先を探してもらう」方法と同じようなデメリットが有ります。

車を高値で売る

また、この場合「出品手数料」「成約手数料」の2つの手数料を取られる事になるのですが、業者オークションに出したからと言って、必ずしも売れる訳では有りません。業者オークションでの成約率は概ね40%前後と言われているので、場合によっては出品手数料ばかり支払う羽目になることも・・・。

まとめ

如何だったでしょうか、どの方法も一長一短ありますね。ただ、一つ言えることは一番安心して取引できるのは、やはり「買取店へ売却する方法」でしょう。

買取店へのマージンを払う必要性は出てきますが、それでも下取りよりは高値で売れる事が多いですし、そこそこの大企業が責任を持って取引してくれるので、事務処理等等もスムーズにいきます。ストレスもあまり感じません。(電話営業は鬱陶しいですけどね。)

特段こだわりが無いのであれば、買取店へ売却したほうが良いですよ♪ 買取店に売却するなら無料一括査定が便利ですし、高値で引き取ってくれます♪

取り敢えず無料一括査定サイトの公式HPを見てみる人はこちら