節約投資のススメ
権利確定月と優待

株主優待目的で株を購入した人が優待も貰いながら最も簡単に利益を上げる方法


この記事を読むのに必要な時間の目安: 5分ぐらい

株運用

別に株式の売買益を狙っているわけじゃないけれど、お得な優待が貰えるなら株式投資をしてみたい!そんな株主優待目的の人でもかなりの高確率で利益を上げられる方法を紹介します。

高確率とは言っても絶対では有りません。当然損をしてしまう可能性が有ることはしっかりと認識しておいてください。あと頻繁に出来るものでも有りませんのでご注意を。

スポンサーリンク

優待が貰える単位には幅がある事を知ろう

株式価格は1株当たり○○円とかと表現されますが、それと優待が貰える株数は違います。例えばビッグカメラ(たまたま目についた)の場合だと1株当たりの株価は729円(5月11日時点)ですが、株式市場で売買できる単元株は100株からです。

つまり、100株単位でしか売買出来ません。1株だと729円だからといって729円だせば買えるわけではなく100株×729円=72,900円必要になります。

単元未満でも購入出来るミニ株もありますが、ここでは説明を割愛します。

そして多くの企業はこの最小単元株を株主優待が貰える最低限のラインにしている所が多いです。(単元株未満で優待をくれる所も稀に有ります。)

例えばビッグカメラだと単元株100株を持っていると年間合計で3,000円の割引チケットが貰えます。じゃあ個人で単元株200株を持っていれば年間合計6,000円の割引チケットが貰えるのか?というとそういうわけでは有りません。

下記画像のように株主優待で貰える金額は株数によって変わっていき、わざわざ株数を増やしても単元株で貰えるほどのお得な優待を受けられる事あまり有りません。

ビッグカメラの優待表(参考URLへ
ビッグカメラ優待

計算例

単元株購入 100株×729円=72,900円
優待利回り 3,000円÷72,900円=4.1%

単元株購入 500株×729円=364,500円
優待利回り 5,000円÷364,500円=1.37%

このように、優待目的で株式を購入する場合は優待を貰える最小単元で購入した方がお得であることが多いです。どうしても優待をもっと欲しいという場合は家族や子供などに証券口座を開設してもらってそこで単元株分を購入するようにしましょう。

マネックス証券楽天証券などは家族で紹介しあっても3,000円分のキャッシュバックが貰えますよ♪あと、SBI証券・マネックス証券・松井証券などは親が同意すれば未成年でも口座開設出来るので優待目的なら開設しておいて損は有りません。

優待用と売却用を2単位購入する

ここでは権利確定月という概念を理解しておく必要があります。通常優待が魅力的な会社の場合は権利確定月に向かって株価が上昇して権利落ち日には株価が下落するのが一般的です。

当然そのタイミングで株式を持っている人に配当及び優待の権利が付与されるわけですからその権利が無くなった株式は権利持ち株式がと比べると安くなります。原則的に。

そうです、株主優待目的で株を購入した人が優待も貰いながら最も簡単に利益を上げる方法とはこれを利用した株の売買の事を言います。つまり1単位は優待用に常に保有し続けて、1単位はこの株価の動きの習性を利用して売却益を手に入れようという寸法です。

イメージ的にはこんな感じ。

権利確定月と優待

画像ソフトで画像つくろうと思ったら思いのほか面倒臭かったので手書きでプリンタで読み込んだのですが、自分が物凄い字が汚いことを忘れていました。お許し下さい。

なので2単位共に出来るだけ権利落ちした直後くらいに買っておくと損をする可能性はかなり低くなるかなと思います。ただ、株価の変動要因は当然それだけじゃないので必ず上手く行くわけはないことも知っておいてください。

以上です。

スポンサーリンク

見ておかないと損をするコンテンツ

  • dmmキャンペーン

    DMM FXのキャッシュバックキャンペーンで最大30,000円ゲット

  • NISAのまとめ

    NISA(ニーサ)口座開設キャンペーンのまとめ-口座開設だけで2千円は最低貰える

  • Amazonで節約

    【還元率2.3%】Amazonで商品を割安で買う方法を公開