節約投資のススメ
老後資金を確定拠出年金で作る

個人型確定拠出年金の掛金変更は4月~3月の間で年1回まで!3月変更が間に合うタイミングはいつだ?


この記事を読むのに必要な時間の目安: 6分ぐらい

老後のお金

個人型確定拠出年金の概要の記事でも書いていますが、個人型確定拠出年金の掛金変更は毎年4月~翌年の3月までのうちで年1回しか出来ません。それの繰り返し。

企業型DCの場合、制度上は会社が自由に掛金変更回数を設定出来るようですが、事務処理上の問題で年1回としている会社が多いようです。

今回は、3月のいつまでに変更を届け出れば「4月~3月の年1回の変更」にカウントされるのか?と言うしょうもない記事です。

スポンサーリンク

3月14日までに運営機関の私書箱受付で3月分の変更に間に合うらしい

私、もろもろの事情が有りまして確定拠出年金は野村證券で運用しています。(もろもろの事情について全く記事にしてないけどw)

そんな事はどうでもいいんですが、受付期限について、コールセンターに問い合わせして確認してみました。コールセンターのお姉さんによると、

  • 3月14日・・・私書箱受付
  • 3月15日・・・運営機関受入
に間に合うように、書類を送ってくれとのこと。まぁ、なんせ“3月15日”に運営機関に書類が到着してたら、3月変更としてカウントされるそうです。

変更届書類が運営機関から私に送付されるまでに7日~10日、僕が書類を返送して向こうに届くまでに3日程度は見ておいた方が良いので、3月中に変更したい人は遅くとも2月中には管理機関に連絡した方が良いでしょう。

お金

なお、個人型確定拠出年金の掛金自体は毎月26日(休業日の場合は翌営業日)に引き落としされますが、引き落とし自体は1ヶ月遅れで行われます。(3月の拠出分は4月に引き落としされるという意味。)

従って、3月26日の引き落とし分から金額が変わる訳では有りません。4月26日から変わります。(参考:加入者・運用指図者の手引き|個人型確定拠出年金)


以下、細かい個人的な話なのでスルーでOKです。

個人事業主的には年1回しか変更できないのはしんどい

僕みたいに、毎月ヒーヒー言いながら資金繰りしている中途半端な個人事業主からすると、401kが年1回しか変更できないのはかなり辛いです。

具体的に言うと、小規模企業共済は毎月満額払っている状態だけど、401kの掛け金を満額状態にしていると資金繰が厳しくなるかもしれないし、そうならないかもしれないというレヴェルなのです僕は。

そのため、3月中に取り敢えず掛金を増額しといて、資金繰りがやばくなりそうなら次の「4月~3月」期で再度掛金を変更できるようにしたかった(減額方向で)、という事ですね。

老後資金を確定拠出年金で作る

そんなに心配なら最初から低めに設定しておけば?という意見も有ると思うのですが、1月~12月の間で理想通りに経費を消化出来るかは分かりません。実際、去年は予定していた経費消化が出来ずに、その分は小規模企業共済の前納金にせざるを得ませんでした。

もちろん、所得控除を狙うよりも、将来の売上に繋がる経費の方に使えるのであれば、経費に使うんですけどね。経費処理出来れば事業税も安くなるし。しかし、中々そうは問屋がおろし金。

要するに、何が言いたいのかと言うと、

  • 12月末で予想外に手元に現金が残っちゃうと嫌
  • もちろん、僕のような個人事業主の場合は、それを小規模等にぶちこまずに手元に置いといた方が税金を考慮しても、お金は残る
  • でも、それが分かっていても税金が増えるのは嫌
  • 現状401kは過去に遡って拠出することは出来ない
  • なので、最初から401kを多めに払っといてヤバくなったら減額したい(過去分を少なめにしとくと、その分の所得控除は現状取り戻せないから。)
という、小物的感覚で3月中に変更しとこうと考えている次第でございます。

現状では小規模企業共済の方が使い勝手は良い

まぁ、そういう意味で言うと小規模のほうが使い勝手は良いですよね。小規模企業共済は、ほぼ自由に掛金を変更することが可能ですし、前納も出来るので、僕レベルの中途半端な個人事業主にとっては大分使い勝手が良いです。

それに、小規模企業共済は資金繰りが苦しくなった時に借入も出来ますしね(現状、一番金利の高い貸付制度である「一般貸付」でも金利は年1.5%なので、そこまで金利負担感は無い。)

なので、小規模にするか401kにするか迷っているレベルの人は「小規模」から始めるのが良いと個人的には思います。

平成29年度からは401kの拠出単位が月単位から年単位に変更?

401kの改正記事でも書いていますが、平成29年からは拠出単位が月単位から年単位に変わる予定ですので、あー払えたのに!という事は無くなるはずです。(年度内なら過去分も払えるという意味。)

なので、僕が今回の記事で書いたような事で悩むのも今年限り・・・のはず。というか、来年からは企業型DCに入ってるはず。

スポンサーリンク