節約投資のススメ
ライフカード

ライフカードのサンクスポイント交換でギフトカードを頼んだら10日で到着した!


この記事を読むのに必要な時間の目安: 4分ぐらい

ライフカード

ライフカードと言えば、基本のポイント還元率は0.5%と大してお得でも無いけれど、誕生月にはポイント5倍(2.5%)になるという、ある種破壊力のあるクレジットカードです。

ライフカード(Life CARD)の概要とメリット・デメリット

私自身は、誕生日が2月ということも有り、ポイントが5倍になる期間が他の人よりも短いという悪条件の中でもコツコツコツコツとポイントを貯めてきました。そんな努力が実ったのか、先日ようやくこれまで一生懸命貯めてきた「LIFEサンクスポイント」をギフトカードに交換することが出来たのです。

しかも、交換したのは10万円分のギフトカード!15,000ptもかかりました・・・。

そんで、先日の2016年10月20日に特典への交換申請をしたのですが、3週間位かかるかなーと思ったらなんと10日で到着しました!流石ライフカード!仕事が早い。

スポンサーリンク

どんな感じで届いたのかお裾分け

現物自体はこういう封筒で届きました。

ライフカードでギフトカードをGET

これ写真じゃ分かりにくいですけど、かなり分厚い・・・。

そして、こちらが中身。これがJCBギフトカードが入ってる中身ね。

ギフトカードの同梱物

そして、こちらが毎度お馴染みのライフカードからの「ありがとう」文章です。

サンクスポイント交換のお礼文章

最後に、これがギフトカード!

ギフトカード本体

10万円分のギフトカードが全部1,000円のカードで来たので、財布に入れたらパンパンになりました。(というか入り切らなかった。)

何となくお金持ちになれた気がして嬉しかったですw

ただ、私もメインカードが切り替わりましたので、次にギフトカードを貰えるのはいつになることやら・・・笑

注:本来はギフトカードよりVプリカの方が還元率高し!

私は今回ギフトカードに交換しましたが、本当はこれダメです。なぜなら、ギフトカードよりもVプリカの方が還元率は高いからです。

Vプリカの交換表がこちらです。

Vプリカのポイント交換表

一方でJCBギフトカードへの交換表がこちら。

JCBギフトカード交換表

商品券面額Vプリカの場合の必要交換ポイント数ギフトカードの場合の必要交換ポイント数
5,000円9801,000
10,000円1,7801,800
50,000円8,7008,800
100,000円14,80015,000
(2016年12月1日時点の情報)

このように、若干ながらVプリカの方がお得に交換できる事が分かると思います。例えば5,000円分の危険に変える場合でも、Vプリカにするかギフトカードにするかによって、必要ポイント数が20ptも変わってきます。

20ptといえば、還元率0.5%の人なら4万円分の買い物が必要です。4万円分ってかなり大金ですからね。節約したいなら、こういう所にも気をつけてやっていきましょう!

Vプリカを利用すればふるさと納税も2.5%の還元を受けられる!

ライフカードの誕生日月ポイント5倍を誕生日月以外でも手にする方法」にも書いているように、Vプリカにライフカードで入金しておけば、いつでもポイント5倍で買い物が出来るようになります。Vプリカなので、ネット上での買い物に限定されてはしまいますけど。

ふるさと納税

これ、当然ふるさと納税にも利用できます!ふるさとチョイスやさとふるふるナビなどの大手ポータルサイトは当然のようにクレジットカード払いに対応していますからね^^

ふるさと納税の概要とメリット・デメリット

もちろん誕生月にライフカードで直接寄付してもOK!ふるさと納税のポイント制度なんかを利用する場合でも、キッチリとポイント5倍は頂いておきましょう☆

ふるさと納税にも使えるライフカードの申込みはこちらから

スポンサーリンク

見ておかないと損をするコンテンツ

  • dmmキャンペーン

    DMM FXのキャッシュバックキャンペーンで最大24,000円ゲット

  • NISAのまとめ

    NISA(ニーサ)口座開設キャンペーンのまとめ-口座開設だけで2千円は最低貰える

  • Amazonで節約

    【還元率2.3%】Amazonで商品を割安で買う方法を公開