節約投資のススメ

「税金・節税関連」の記事一覧

楽天ふるさと納税

楽天ふるさと納税はメリットたっぷり!ポイント10倍の商品はもちろんのこと、お買い物マラソンなどのスーパーセールの買い回り店舗(商品)の対象にもなっているので、還元率は優に10%以上を超えます!ポンカンキャンペーンなどとの併用も可能なので、ふるさと納税するならもはや楽天一強と言っても過言ではないかもしれません・・・

ふるさと納税でワンストップ特例制度を利用する場合の手続きの流れをまとめました。申請書の記入例も具体的に書いておりますので、書き方がわからない方は当ページをご覧になりながら必要事項を記入して頂ければと思います。

ふるなび

ふるなびの評判というとやはり「家電」ですよね!実際ふるさとチョイスで家電が取り扱われなくなったことも有り、家電に関しては現状ふるなびが一番かなと思います。その他、実際の申込みの手順からクレジットカードを使う場合の注意点なども紹介していきたいと思います。

さとふる

今回ふるさと納税をするにあたって「さとふる」を利用してみましたので、その特徴点や実際に使ってみた感想をまとめます。またクレジットカードで支払う場合の申込みから決済までの手順についても徹底的に解説してみたいと思います。さとふるはボリュームの多いお礼品やブランド価値の高いお礼品などが豊富に有ります。

ふるさと

2012年・2013年位にはそこまで流行していなかったふるさと納税ですが、最近はメディアの後押しや制度の改正(ワンストップ特例制度の導入・控除枠の引き上げ)などの影響もあって空前の大ブームとなっています。 2015年度に …

神戸市のふるさと納税にわくわくポイントが使える

2016年10月1日よりセディナが提供する「わくわくポイント」や「ワンダフルプレゼント21」などのポイントを使って、神戸市のふるさと納税の支払いが出来るようになりました! もちろん現金やクレジットカードで支払うのと同じよ …

ふるさとチョイス

ふるさと納税をする時、多くの方がポータルサイトを利用される事になると思います。最近のふるさと納税ブームのおかげでポータルサイトもかなり増えてきたので、どれを使ったら良いのかわからない!という人も多いのでは無いでしょうか。そこで今回の記事ではポータルサイトの一覧とおすすめポータルサイトを紹介したいと思います。

小規模企業共済

平成28年4月から小規模企業共済の改正が実施されます。個人的に一番嬉しいのは「契約者貸付制度」の拡充ですが、その他にも一部の共済事由区分の変更や分割共済金の支給回数の変更など、より利用者目線になった改正が行われています。欲を言えばもっともっと改正して欲しいですが。

ふるさと納税でもらえる魚介類

はい、今日の記事は久しぶりのふるさと納税について。ふるさと納税について知らない人は下記記事を参照して下さい。 ふるさと納税とは-概要とメリット・デメリット 2016年度にふるさと納税を実施するにあたっての注意事項を201 …

職業訓練

失業時の保険「失業保険」には、給付期間と給付制限という失業者にとってはきつい制度が有ります。制度を緩くしてくれるのが受講料無料の公共職業訓練です。公共職業訓練を受講すると給付期間の延長・給付制限の解除が可能になり、その他の手当も貰う事が出来ます。

小規模企業共済

先日、小規模企業共済についての記事を書きましたが、その時に共済金の受取の所を別記事で書くと言っておりました。今日はその記事です。概要については下記記事を参照して下さい。 小規模企業共済の概要とメリット・デメリット~節税・ …

小規模企業共済

そこそこ余裕が出てきた個人事業主や利益が出すぎて困っている小規模企業の社長さんにおすすめなのが「小規模企業共済」です。小規模企業共済を使えば掛金は全額所得控除出来るので節税にもなります、中小企業・個人事業主では中々貰えない退職金代わりに使うことも出来ます。

飛行機で出張

元々個人事業主だった人が法人成りすると、自営業の時には出来なかった節税・節約策をいくつか取れるようになります。その中でも私が一番最初に作りたいと思っているのが、出張旅費規程。日当や出張旅費で手取りを増やすことが可能ですよ~やらなきゃ損です!

消費税

はい、しばらく更新を怠ってしまいました。というわけで今日も簡単な記事を書いてみたいと思います。内容はタイトルに有るように「会社を新しく作った時に消費税の免税事業者となるべきか?課税事業者を選ぶべきか?」という部分ですね。 …

お米

ふるさと納税のポータルサイトとかふるさと納税の雑誌を見ているとその地方の特産品が貰えて嬉しいなぁ~なんて思ってしまいますが、一番お得なのはやはりお米。お米は日本人なら殆どの人が食べるものなので結果、お金が残ります。

特産品-開封

平成27年度4月1日の寄附からサラリーマンなどの給与所得者は確定申告不要でふるさと納税が受けられます。ただ、寄附先は5ヶ所までとか3月以前の寄附について控除を受けたかったら確定申告をしなければならないとか色々と注意点が有ります。それらをまとめてみました。

所得税額(総合課税で計算される所得)の算出手順・流れ


今回は確定申告というか、所得税の税額をどのようにして算出するかと言った辺りを順番に説明していきたいと思います。なお、タイトルにも有るように分離課税の所得に関しては対象外で少し触れる程度です。 導入の話 文字だけで説明する …

家族への専従者給与

青色事業専従者給与を家族に支払うとどれくらい節税できるの?


個人で事業をやっていると税金が非常に負担になってきますね。特にサラリーマンの時と違って会社が年末調整をしてくれたり、給与から税金を徴収してくれたりするわけではないので、忘れた頃にやってくる!という感じで非常にキツイです。 …

パートタイマーの住民税

特にサラリーマンの扶養に入っている人でパートをしている人!とにかく103万円以内ならOKと考えているかもしれませんが、実はもう一つ注意して置かなければならない基準が有ります。それが住民税の非課税ライン。これを知らずに働いていると「あれ?住民税かかってるじゃん」となってしまうので気をつけておきたい所です。

住宅ローン控除

住宅ローン控除を適用するともう所得税が全部還付されるので、医療費控除は申告しなくてよいでしょ?という人がまれにいますがとんでもない。医療費控除は住民税の計算にも使われますよ!医療費控除を申告することで住民税の控除にまわせる住宅ローン控除が増えて、尚且つ算出住民税額が減ります。