節約投資のススメ

「保険」の記事一覧

106万円の壁が発生したことにより、今まで年収130万円未満で就業調整をしていたパート主婦の働き方が変わるかもしれません。子育てで長時間労働するのは厳しいという家庭が有るのはもちろん理解できますが、将来「あの時もっと働いていたら良かった・・・・」なんて事にならないように今のうちから働き方を考えていきましょう。

社会保険の適用拡大で女性の働き方が変わる

社会保険(厚生年金保険・健康保険)の適用拡大が行われた理由


平成28年10月から社会保険の適用拡大が行われました。特に働く主婦にとってはあまり嬉しくない改正と言われておりますが、なぜこのタイミングで社会保険の適用拡大が行われるようになったのでしょうか?その理由について簡単に紹介していきます。

医療費

ほとんどの人が知らない国民健康保険の医療費の一部負担金減免制度


国民健康保険に収入等が減少した場合に自己負担額の免除や減額、猶予が行われる制度が有る事を知っていますか?一部負担金減免制度と言って、災害や失業などで生活が困難になった世帯の医療費の負担を軽減するための制度です。国民健康保険の3割負担がさらに減免されます。

家賃

失業後の無収入期間に一番困るのは固定費の家賃。その家賃を補助してくれる制度が「住居確保給付金」です。住居確保給付金は一定の条件を満たせば、限度額はあるものの家賃を3ヶ月(最大9ヶ月)補助してくれます。住居確保給付金の支給条件などはどうなっているのか?

就業促進定着手当

就業促進定着手当として貰える金額の計算方法


再就職手当の支給を受けた人で、再就職先から貰っている給料が以前の職場の給料よりも低い・・・という人は要チェック。もしかしたら就業促進定着手当と呼ばれる手当てを貰えるかもしれません。転職すると何かとお金が入り用になりますので、貰えるものは是非貰って起きましょう。

再就職手当

失業保険は全額貰いたいですよね。しかし、給付制限にかかっていたり、貯金が無かったりすると早急に再就職しなければ生活が出来ないので、全額貰えない場合もあります。そんな時に使えるのが再就職手当です。少し手続きが面倒ですが貰えるお金は貰いましょう!

失業保険給付

失業保険や再就職手当・・・退職後の日々の生活のために重要ですよね。しかし、疑問に思った事は有りませんか?このお金に税金ってかかるんだろうかって。結論をここで書いておくと、雇用保険の失業等給付に租税公課は課税されません。しかし、社会保険上は収入に該当しますので、この区別をしっかりとしておく必要が有ります。

上昇

学資保険の返戻率を高くする為の基本的な考え方・方法


えータイトル通り。本当は「学資保険とは?」の記事に入れ込むつもりだったのですが、なんかバランスが悪くなってしまったので、別記事にしただけです。 学資保険は、本当に必要なのかどうかしっかり吟味して利用していきたいものです! …

所得控除

学資保険は所得控除の対象!控除を受けるために必要な条件や手続き


学資保険に支払った保険料は所得税・住民税の所得控除の対象です。確定申告をしないサラリーマンの人も年末調整で、会社に申請すれば所得控除を受ける事が出来ます。所得控除の算定方法や上限額と併せて、所得控除受けるために必要な条件や手続きを紹介しています。

子供

子供の教育費用の貯蓄方法として学資保険が必要か!?今回はその問いに答えるべく、学資保険の返戻率とその他の貯蓄方法を比較してみました。返戻率を利率に換算して預金等の利率と比較した結果どうなったでしょうか。果たして、学資保険は必要なのか。

家族

学資保険とは?その特徴とメリット・デメリット


子供の将来を考えた時に不安に感じるのは親の誰しもが経験があるはず。その不安を少しでも解消する方法が学資保険です。学資保険で将来の教育費用を貯蓄しておけば安心できますよね。今回は学資保険の特徴とメリット・デメリットを紹介します。

生命保険に漠然と入っているが、本当に必要な保障はどれでどういう場合に保障されるのか?きっちりと理解していない人も多いと思います。というわけで、今回は生命保険の見直し時に役立つ「必要保障額」の考え方について紹介したいと思います。

病院

高額医療費制度の概要と計算方法(改正情報も有り)


怪我、病気の病院での医療費は負担割合によって軽減されてはいるものの積み重なるとかなりの金額になります。この患者の負担を負担割合以上に軽減する制度が高額療養費制度です。今回は高額療養費制度の負担額の計算方法や申請方法について解説します。

iphoneself

先日フィリピンに行った時にスマートフォンを盗まれました。しかしたびほT@bihoという保険に入っていたおかげで購入価額全額が補償されました!これから海外に行くならしっかりと保険には入っておきましょう!

雪でカーポートが崩れて車が潰れた・・・そんな時には車両保険。


2月に起こった大雪でカーポートが潰れてしまったというひとも多いでしょう。それは火災保険に入っていれば補償の対象になっています。ではその下に止めてあったカーポートはどうなるでしょうか?それに関しては自動車保険に入っていれば完璧ですね♪

大雪

雪害を受けてから火災保険!!では損害が補償されません。本当に備えあれば憂いなしとはよく言ったもので、火災保険に入っているかいないかで今回の大雪による被害の出費が大きく変わってきます。人ごとだと思わずにしっかりと検討していきましょう。