節約投資のススメ

自分がブラックリストに載っているかを確認する方法と事故情報が消えるまでの期間

クレジットカード審査落ち

クレジットカードの審査に落ちた時、頭によぎるのが「自分はブラックリストに載っているんじゃないだろうか?」という疑問ですよね。ブラックリストに載ってしまったら最後・・・もう二度とクレジットカードを作ったりローンを組んだりすることは出来ないんじゃないだろうか・・・なんて余計な心配もしてしまいます。

そこでまず、この記事では「ブラックリスト」とは何なのか?について解説してから、自分の信用情報(ブラックリストに載っているかどうか)を確認する方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

前置きなんてどうでもいいから、とにかくブラックリストに載っているかどうかだけ知りたい!という人は「自分はブラックリスト入りしているのか?自分の信用情報・事故情報を確認する方法」を御覧ください。

ブラックリストの意味~実はブラックリストという公式な言葉はない

ここまで「ブラックリスト」という言葉を使ってきましたが、実は金融業界において「ブラックリスト」という公式な用語は有りません。

なんとなく「この人にクレジットカードを発行したりするとダメですよ!」みたいなリストが金融業界の中で共有されており、そのリストに載っているかどうかで「アウト」or「セーフ」を判断されるようなイメージが有りますが、そういうのじゃないんです。

ブラックリストは公式には存在しない

確かに、後述するCRINネットワークによって、個人の信用情報は複数ある信用情報機関が相互に情報を共有出来る(*1)形になっていますが、ただそれだけ。クレカの発行依頼を受けたカード発行会社等は、その信用情報を閲覧して個々にカード発行の可否を判断するので、ブラックリストという共通の「リスト」が有るわけでは有りません。

*1 情報が共有されると言っても全ての情報が互いに開示される訳では有りません。

じゃあ「ブラックリスト」とは何なのか?一般的にブラックリストに該当するものとしては「個人の信用情報に付いてしまった事故情報」の事を言います。事故情報が有ることを「俺はブラックリスト載っているかもしれない」と言っているだけって事ですね。

続いて、事故情報が掲載される「信用情報」とは何なのか?またそれはどのようにして管理されているのか?について見ていきましょう。

「信用情報」とは?どのように管理されているのか?

信用情報とは、いわゆる金融関連の個人情報の事で、個人の「借入状況やクレジットカードの利用状況・支払いが滞り無く行われているかどうか・勤務先はどこか・自宅はどこにあるのか」などの情報の事を言います。

クレジットカードを作る時に「勤め先や勤続年数、住所、年収etc」などを記入させられましたよね。そして、日本においてこれら個人の信用情報は「全国銀行個人信用情報センター(全銀協)」「日本信用情報機構(JICC)」「CIC」の3つの信用情報機関のいずれかに登録されて管理される事になります。

また、金融機関によって加盟している信用情報機関は違いますので、自分の信用情報がいくつか(又は全て)の信用情報機関に登録されている事も有ります。

たまに知人等に信用情報について話をしてあげると「えっ!そんな大事な情報を知らない人に保管されてるなんて知らなかった!その情報を消す方法はないの?」

なんて聞かれる事が有るのですがそれは出来ません。クレジットカードの申込を受けたカード発行会社や借入申込を受けた金融機関は、申込を受けたという事実を必ず【自社が加盟している信用情報機関】に登録しなければならない事になっています。(法律上決まっています。)

従って、信用情報機関に自分の信用情報を管理されないようにするためには、クレジットカードの申込や借入の申込を一切行わないようにする他無いのです。

なお、これら3つの信用情報機関に登録されている情報はCRINと呼ばれる相互交流ネットワークシステムにより、各信用情報機関(各情報機関に加盟している企業)が相互に情報共有できるようになっています。(全ての情報が共有される訳では有りません。)

CICとJICCに関しては、FINEと呼ばれるネットワークでも相互に情報を共有しています。

従って、どこか1つの信用情報機関に「事故情報」が登録されてしまうと、新たにクレジットカードを申し込んだり、借入を申し込んだ時に審査落ちしてしまう可能性が高くなるのです。

そもそも事故情報とは?どんな事をするとブラックリスト入りするのか?

信用情報の意味については分かって頂けたと思います。では、そもそも「事故情報」とは一体なんなのでしょうか?どんな事をすると「事故」と定義されるのでしょうか?

現在の日本においては、以下の3つの事実が発生すると「事故」として取り扱われ、貴方の信用情報に「事故情報」が付いてしまう事になります。

  • 延滞
  • 代位弁済
  • 債務整理
大きく分けて以上の3つです。

どの程度延滞すると事故情報になるか?

クレジットカードの支払いが遅れたり、住宅ローンの返済が遅れたりすることを「延滞」と言います。もし61日以上返済が遅れると「事故情報」として登録されます。

なお、一日二日程度支払いが遅れたとしても、それが事故情報として登録される事は有りませんが、一日二日の遅れとはいえど、それが何回も続くとクレジットカードの審査等に通りにくくなる可能性は有ります。

代位弁済とは?代位弁済が執行されると事故情報になる

代位弁済とは、その名の通り「代わりに払ってもらうこと」です。住宅ローンなどの大きな借入では保証会社の保証を受けることになると思いますが、何らかの理由で返済が遅れたりした場合に、貸付金融機関が保証会社から一括で債務の弁済を受ける事が有ります。

代位弁済が執行されるという事は、貸付金融機関が「この債務者に借金を支払う能力はない」と認めることですから、代位弁済が行われた事実が「事故情報」として信用情報に掲載される事になります。

但し、代位弁済は債務者が保証会社から保証を受けている場合に発生するものなので、利用する時に保証人の必要のないクレジットカード等の延滞で「代位弁済」が行われる事は有りません。

債務整理すると事故情報になる

民事再生や自己破産、任意整理などのいわゆる【債務整理】を行うと「事故情報」として登録される事になります。

民事再生にしろ自己破産にしろ、現在の収入状況では借金を返済することが出来ないからこそ、実行するものです。「借りたものは返す」のは当たり前の事ですが、それを守ることが出来なかったわけですから、ペナルティーとして「事故情報」が登録されても仕方有りませんね。

事故情報が登録されるとどんな問題が発生するの?

自分の信用情報に事故情報が付いてしまうとどうなるか?

当然、クレジットカードの発行審査やローンの審査が非常に厳しくなります。事故情報が登録されるという事は「この人はお金をちゃんと払ってくれない人ですよー」という不利な証明が自分の信用情報に記載されているような物ですからね。

クレジットカードの審査に落ちる

なので、事故情報が登録されている間は、新規にクレジットカードを発行したりローンの申込をしたりすることは出来ないと考えておきましょう。

なお、日常生活において何かしら問題が起こる事は有りません。別に自己破産したからと言って生活出来ない訳では有りませんからね。

事故情報(ブラックリスト)が消えるまでの期間

では、一度登録されてしまった「事故情報」は一生消えないのか?と言うと、そんな事は有りません。事故の種類によって期間は違いますが、一定の期間が経過すれば事故情報は消えます。

信用情報機関によって一部取り扱いが異なる「事故情報」も有るのですが、事故情報が消えるまでの期間は概ね以下のようになっています。

 JICCCIC全国銀行個人信用情報センター
延滞情報5年5年5年
債務整理5年5年5年(*1)
代位弁済--5年
多重申込6ヶ月6ヶ月6ヶ月

*1 全銀協では、官報に載る個人の自己破産情報は10年保管されると言われています。

延滞情報も債務整理も基本的には5年間は事故情報として登録されます。なお、延滞に関しては「延滞が解消されてから5年間事故情報として記載される」という事を覚えておいて下さい。延滞が始まった日では無いんですね。

延滞が始まった月を基準に5年間と勘違いして、まだ喪明けしていないのにクレジットカードの新規発行を申し込んでしまう人が多いようです。

多重申込とは「クレジットカードの発行」を1ヶ月に何回(3回以上)も行ってしまうことを言います。

厳密には多重申込は「事故」には該当しないのですが、短期間に違う種類のクレジットカードの申し込みを何回も行うと「この人は金策に困っているのではないか?」と訝られ、審査に通りにくくなりますので、敢えて上表に載せています。

多重申込じゃなくても「クレジットカードの発行申込をした」という事実は個人の信用情報に必ず6ヶ月間は記載されますので、期間としては6ヶ月でその情報(申込をした事実)は信用情報から消えます。

自分はブラックリスト入りしているのか?自分の信用情報・事故情報を確認する方法

自分の信用情報を確認したい場合には、3つの信用情報機関に情報開示請求する事になります。

各信用機関ごとの情報開示請求方法及び値段は以下のようになっています。

 JICCCIC全国銀行個人信用情報センター
窓口有り
(500円)
有り
(1,000円)
無し
郵送
(ネット申込含)
有り
(1,000円)
有り
(1,000円)
有り
(1,000円)
ネット開示無し有り
(1,000円)
無し

この中だと「CIC」だけはネット開示に対応しているので、即日で自分の信用情報を確認することが出来ます。

ただ、一つの機関だけに開示請求をしても全ての情報が載っているとは限らないので、自分がブラックリストに載っているかどうか確実に確認したい人は、面倒でも全ての情報機関に開示請求を行う必要が有ります。

事故情報が登録されているかを判別するには?

開示請求した資料のうち、どこを見れば事故情報が登録されているか否か分かるというと、CICの場合であれば、下記画像の「26.返済状況 (異動発生日)」のところに記載が有ると、事故情報が登録されているという事になります。

(画像はクリックで拡大可能)
CICの信用情報

他、詳細には各信用情報機関が資料の見方を解説してくれていますので、各機関の公式サイト等でご確認下さい。

覚えのない事故情報が登録されている場合の対処法

たま~に、延滞もしたこと無いし債務整理の経験もないのに「事故情報」が登録されている事が有ります。

ありがちなのが、以前流行った「過払い金の請求」をしたことがある人に「債務整理」の事故情報が登録されている事です。

過払い金の請求自体は、法律に基づいた正当な権利のため”債務整理”には該当しないという見解を政府が発表したにも関わらず、消費者金融等が誤って事故情報として登録しちゃってるんですね。

噂では、過払い金請求の腹いせにわざと事故情報を登録する業者もいるとかいないとか・・・。

誤った情報が自分の信用情報に登録されている場合、該当の金融機関へ直接修正願いを出す必要が有ります。(信用情報機関は情報を取りまとめているだけなので、信用情報機関に訂正をお願いしても意味ないです。)

ただ、債務整理等の情報修正を個人が自分の力だけで行うのは結構大変なのでアヴァンス行政書士法人の信用情報開示請求などを利用して、信用情報開示から情報修正まで全てプロに依頼した方が無難です。

スポンサーリンク