節約投資のススメ
チャンピックスの中の画像

禁煙外来行ってチャンピックスっていう薬貰って禁煙始めましてん。


この記事を読むのに必要な時間の目安: 10分ぐらい

禁煙

はい、昨日の記事に引き続き今日も雑談。そして明日も雑談。一応「管理人の雑談カテゴリー」というカテゴリーも有るので、しょうが有りません。

そういう雑談ウィークが有っても良いと思います。

では、行きます。タイトル通り禁煙の話です。

スポンサーリンク

禁煙しようと思ったきっかけ

別に体が凄い体調悪いとかそういうことは無いんですけど、やっぱり「ガン」とか「心筋梗塞」とかが怖かったのが一番の理由です。だってタバコのパッケージにこんな事書いてあるんだもの。

タバコの表画像

喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つなります。疫学的な推計によると、喫煙者は肺がんにより死亡する危険性が非喫煙者に比べて約2倍から4倍高くなります。

ふむふむ。2倍~4倍。めっちゃ恐いやん。

しかも僕の場合もうすぐ30歳ということもあって健康に気を使わなければならない年齢です。心配症なんでちょっと胸が痛くなったり体調が悪くなると

「あ~タバコのせいだ~!俺は死ぬんだ~!」って感じの弱気マインドがすぐに出てきます。

昔、フジテレビ系で放送されていた「エチカの鏡」という番組の中で大津秀一さんの著書「死ぬときに後悔すること25」が紹介されていたのですが、この中でも【タバコをやめられなかったこと】はランクインしていました。

更に言えば確たる証拠は発見できなかったのですが末期がん患者の人に聞いた後悔していることの第1位は「タバコをやめられなかったこと」だとかそうじゃないとか。

まぁそんなことを聞くとやっぱり恐いし、死ぬ間際になって後悔したくないというのがやっぱり一番の理由です。

もう一つの理由が金銭的な問題です。最近本数が増えてきた事でお金に換算すれば1日当たりタバコだけで600円くらい使っています。更に、いつの頃からか忘れましたがタバコを吸うときは必ず甘ったるい缶コーヒーと共に。というマイブームが5年以上続いています。大体缶コーヒー1日5本くらい飲んでいます。

缶コーヒーはもちろんロハコとかで安いの買うんで、大体1日当たりの単価は400円くらいです。缶コーヒー5本で。

でもタバコと缶コーヒー合計すれば1日当たり1,000円くらい使ってることになりますからね。1,000円ってめっちゃ高いですよね。タバコ関連費用にお金使ってるからお昼ごはんはいっつももやしです。嘘です。

裏を返せば僕は缶コーヒーはタバコを吸うときにしか飲んでいないので禁煙が成功すれば1年間で

1,000円×365日=365,000円

もの節約に成功します。まぁタバコ吸い始めてもう10年くらいなんで概算で最低でも200万くらいは使ってるって事になるんですね。こわ。

まぁこれでお金が貯まるかどうかは分からないですがこれも禁煙してみようと思った大きな理由です。

禁煙外来・禁煙治療でチャンピックス貰いましてん。

禁煙外来へ足を運んだのが7月22日の話です。なので禁煙3日目ですかね。とは言えまだタバコはガンガン吸っています。というのも【チャンピックス】という薬の服用の仕方がちょっと特殊だからです。ちなみにチャンピックスは商品名で正式名称は【バレニクリン】と言うそうです。

チャンピックスの表画像

まぁそれは禁煙外来に関することなどとまとめてこれから説明していきます。

禁煙治療の救世主-チャンピックスとは

僕の記憶では今までは禁煙治療といえば「ニコチンパッチ」やニコレットなどを代表する「ニコチンガム」が主流でした。ちなみに僕はニコチンパッチで1ヶ月、ニコレットで2日の禁煙に成功したことがあります(誇ることじゃない)

が、しかし現在は禁煙治療といえば「チャンピックス」だそうです。ニコチンパッチやニコチンガムで治療をした場合でも治療を受けずに禁煙した場合と比べて禁煙成功率は約2倍、チャンピックスだと約3倍になるそうです(僕が受けた禁煙外来の先生談)

チャンピックスにはニコチンパッチやニコチンガムとは違って【ニコチン】は含まれていません。じゃあどんな物なんだチャンピックスはというと

  • イライラなどのニコチン切れ症状を軽くする
  • タバコをおいしいと感じにくくする

といった効果が有るようです。

確かに私より先にチャンピックスで禁煙にトライした知人は「チャンピックスを飲んだらタバコを吸いまくってまずいと感じた時の感覚に1本目からなると申しておりました。(タバコ吸った人しか分からないと思うけれども、1日に死ぬほどタバコ吸うと舌が馬鹿になるのか「まずっ!」って感じます)

チャンピックス服用時はタバコを吸ってもイイ?

チャンピックスの中身を見るとこんな感じになっています。1週目・2週目と書かれていますね?徐々にチャンピックスの量が増えていくようです

チャンピックスの中の画像

1週間目は0.5mgの粒、2週間目は1mgの粒。3週間目は知りませんが重くなるのでしょうか。で、1週間目の0.5mgの粒を飲んでいる段階ではタバコはスパスパと吸っていいことになっています。1週間目は体をチャンピックスに慣らすのが目的とか何とか言っていました。

で、2週間目からは禁煙。なので僕は3日目なのでまだタバコをスパスパすっているわけです。

ただ個人的にこんだけスパスパすっている状態で2週間目からスパッとタバコを辞められるのか不安で仕方有りません。

禁煙治療の期間と治療費

禁煙治療の期間は12週間です。

  • 禁煙外来初日
  • 2週間後
  • 4週間後
  • 8週間後
  • 12週間後

計5回にわたって病院へ行くことになります。

小出しに治療薬をくれるので行かないわけにはいきません。あと禁煙の際には他者からの監視は結構有効なのでそういう意味も有るのでしょう。もちろん薬による副作用などのチェックも有るでしょうが。

治療費は計5回の通院料・薬代込/保険適用で大体12,000円~19,000円となっているようです。保険の種類によって変わるのかな?ちょっと調べてないので分かりませんが。僕は禁煙外来初日で3,200円払っています。

保険適用で禁煙治療を受けるための要件

禁煙治療は必ず保険適用が効くわけでは有りません。ニコチンに依存している可能性が高いこと、禁煙治療を受ける意思が有ることなど4要件を満たしていなければ保険適用を受けられません。詳しく書いておくと

①ニコチン依存度チェックで5点以上であること

病院の待ち時間の間にチェックさせられます。詳細はファイザーの該当ページにリンクしておくのでそちらを見て下さい。

②1日の平均喫煙本数×喫煙年数が200以上

これは算式通りです。例を出します。

■禁煙治療を受けられる例■

1日20本
喫煙年数15年

20×15=300

これは数値が200以上なのでOK

■禁煙治療が受けられない例■

1日5本
喫煙年数15年

5×15=75

これは数値が200未満なのでダメ。

まぁ本数と年数で簡単に依存度をチェックしているということでしょうか。なので保険適用で治療を受けたい方は嘘でもここの数値が200以上になるようにしといた方がいいのかな?

③1ヵ月以内に禁煙を始めたいと思っている

禁煙には薬だけでなく禁煙の意思も必要です。待ち時間の間にチェックを書かされますのでここは一応すぐにでも禁煙したいという意思表示をしておかないと保険適用が受けられないかもしれません。

④禁煙治療の同意書を書くこと

まぁこれは一応チャンピックスには眠気とかの副作用が有るのでそこらへん了承してくださいねって事です。

あとコレに加えて1年以内に禁煙治療を受けていない事という項目も有りますが、普通の人はこれは気にしなくてよいでしょう。

禁煙治療の成功率

禁煙成功率禁煙治療を受けて計5回の診察を受けた人(つまり12週間チャンピックスを飲み続けた人の)の成功率は78.5%のようです。

ちなみにチャンピックス(バレニクリン)のwikipediaページのよればチャンピックスを用いた禁煙治療者全体の成功率は全体で6割くらい有るそうです。(本当かどうかは不明)

1日70本~80本ものタバコを吸っていた石原軍団「舘ひろし」もなんとチャンピックスで禁煙に成功したようです。

禁煙治療を受けたい人へ

禁煙外来が受けられる病院はファイザーが運営する「すぐ禁煙.jp|ファイザー」で検索できます。ただ、「すぐ禁煙.jp」に掲載されている病院でも現在は禁煙外来をやめてしまっている病院も有るそうなので行く前に治療を受けられるか電話で問い合わせてみたほうが良いと思います。

というわけで僕はまだチャンピックス3日目。全く今までどおりタバコは吸いたくなるし美味しいなぁと感じます。これがどうなっていくのか見守って下さい。まぁ全然禁煙の事について触れなくなったらまあそういうことですので察してくださいね笑

今日は以上です。

スポンサーリンク

見ておかないと損をするコンテンツ

  • dmmキャンペーン

    DMM FXのキャッシュバックキャンペーンで最大30,000円ゲット

  • NISAのまとめ

    NISA(ニーサ)口座開設キャンペーンのまとめ-口座開設だけで2千円は最低貰える

  • Amazonで節約

    【還元率2.3%】Amazonで商品を割安で買う方法を公開