節約投資のススメ
印税

本や音楽の印税っていくら?これであの人の印税収入が分かるかも?


この記事を読むのに必要な時間の目安: 7分ぐらい

印税

「印税」ってどれくらい貰えるか知ってますか?印税収入が有れば悠々自適な生活を過ごせる、といったイメージを持っている人もいるかと思います。

印税とは、本や音楽CDなどの著作者に対して支払われる一種の利用料みたいな物です。もっとも単純な例でいうと、本やCDの販売によって、著作者で有る「作家」や「ミュージシャン」に印税が発生します。

今回は著作者に支払われる印税について見ていきたいと思います。いつもとは違って、大分スッキリした記事になっております!!

スポンサーリンク

本の印税の仕組み

本

本の印税の計算式は、一般的には以下のようになっています。

本の印税の計算式

定価(税抜)×部数×印税率=印税

上記の「部数」と「印税率」は、出版社との契約条件によって取扱いが少し異なります。

部数は「発行部数」又は「売上部数」

発行部数とは、印刷された部数を指し、実際に何部売れたかは印税計算には関係有りません。そのため、本屋で1部も購入されなくても、印税収入が発生する事になります。作家さんにとっては、こっちの方が断然お得な契約内容ですね。

一方、売上部数とは、実際に販売された部数を指します。本の売れ行き次第で印税収入が増減する事になります。一生懸命執筆しても、1部も売れなければ印税収入が「0円」となる契約内容なので、作家さんはなるべく「発行部数」で契約したいところでしょう。

ただし、売上部数で契約した場合には「初版保証」される事が多いようです。初版保証とは、本が売れなかったとしても初版の何割かの印税は保証してくれる契約です。初版保証があれば、印税収入が0円となる最悪の事態は避ける事が出来ますね。

印税率は著者の知名度で変わる?

印税率とは、著者の「取り分」を表わします。一般的な印税率は「10%」と言われています。例えば、定価1,000円の本なら、1部につき100円が印税収入となります。

印税率も部数と同様に出版社との契約次第で変化し、無名の新人作家であれば「5%未満」となる事も有るようです。逆に、有名な作家で有れば10%を超える事も。

作家の印税収入は、出版社とどのような契約を交わすかで大きく左右される事になりそうですね。

ピース又吉さんの「火花」の印税は?

芥川賞を受賞した「火花」を書いたお笑いコンビ・ピースの又吉直樹さんの印税は、どれくらいになるのでしょうか?発行部数ベースで、現時点での印税収入を大雑把に計算してみましょう。

2015年8月時点での「火花」の発行部数は約230万部となっています。そして、定価(税抜)は1,200円です。印税率を10%と仮定して、印税収入を計算すると、

1,200円×230万部×10%=2億7,600万円となります。

実際の印税契約内容や所属している吉本興業の取り分などは分かりませんが、驚異的な数字ですよね。

ミリオンセラーともなると、これだけの印税収入が手に入る事になります。

映画化やグッズの印税も

映画化

日本の映画は、ほとんどが小説や漫画を原作としています。最近では「進撃の巨人」が映画化されましたが、これも漫画が原作ですよね。執筆した本や漫画が映画化されれば、当然原作者に印税が発生します。また、キャラクターのグッズなどが作成されれば追加で印税が発生するでしょう。

音楽の印税の仕組み

音楽の印税の仕組みは、本と違って少し複雑になっています。なぜなら、1つの曲に複数の著作権が存在しているからです。以下は、存在する著作権とそれぞれに発生する印税の推定数値です(CDの定価に対して)。

  • 作詞・・・1.5%
  • 作曲・・・1.5%
  • アーティスト・・・1%

例えば、定価1,000円のCD1枚の販売に対して支払われる印税は、作詞した人に15円、作曲した人に15円、アーティストに10円という事になります。アーティストに支払われる印税は、グループの場合だと割り勘だそうです。

ミリオンセラーの印税収入はいくら?

CD(定価1,000円)が100万枚売れた場合に、アーティストに入る印税収入はいくらぐらいになるのでしょうか。作詞・作曲もアーティストが手掛けたとしたら、以下のような感じです。

1,000円×100万枚×(作詞1.5%+作曲1.5%+アーティスト1%)=4,000万円

200万枚売っても8,000万円なので本の印税よりも少ないですね。

しかし、音楽の場合もその後の利用において印税が発生します。

CD販売だけではない印税収入

カラオケ

音楽は販売以外でも、テレビCMやダウンロード、カラオケなどでも印税が発生します。

カラオケの場合だと1回歌われるごとに2円~7円印税が発生するようです。CD販売がいまいちでも、カラオケの定番となってしまえば、将来に渡って印税を受け取る事が出来ます。

まとめ

本と音楽に関する印税をざっくり紹介してきました。販売に関する印税は「販売数」に比例して発生しています。どれだけ売れるかというのが、作家・音楽家の収入を左右する一つのポイントとなるようですね。

ただし、働かなくても印税だけで過ごす「印税生活」となると、「販売」という一時点の印税収入では無理なようです。時が経てば、本も音楽も売れなくなりますからね(長くて1年といったところでしょうか)。

印税生活をするには、販売以降にどれだけ広がりを持たす事が出来るか、という点が重要になりそうです。本なら映画化、音楽ならカラオケといった感じに。

まあ大ヒットとなれば、販売だけでも莫大な印税が手に入る事に変わり有りませんけどね。

スポンサーリンク

見ておかないと損をするコンテンツ

  • dmmキャンペーン

    DMM FXのキャッシュバックキャンペーンで最大30,000円ゲット

  • NISAのまとめ

    NISA(ニーサ)口座開設キャンペーンのまとめ-口座開設だけで2千円は最低貰える

  • Amazonで節約

    【還元率2.3%】Amazonで商品を割安で買う方法を公開