節約投資のススメ
LINE

LINE(ライン)スタンプで売上1,600万!?クリエイターの新たな収益源誕生。


この記事を読むのに必要な時間の目安: 10分ぐらい

お金

はい、こんにちは今更「LINE Creators Market」の話かよ!と思われるかもしれませんが、そうです。今更「LINE Creators Market」の話をします。ついでに言えば近々naverまとめのまとめ収入の話もします。

あっ僕はnaverまとめでまとめたことがないので収入もクソも無いですが。

はい、というわけでLINEスタンプで百万長者が続々と生まれているようなので今現状こういう感じらしい!というのを紹介したいと思います。まずは概要から。

スポンサーリンク

LINE Creators Marketとは?販売者が報酬を得る仕組み

LINE Creators Marketに関しては公式サイトの説明が分かりやすいので引用します。

「LINE Creators Market」は、世界中のLINEユーザーがLINEスタンプを制作・販売することができるプラットフォームです。4月17日から「LINE Creators Market」 https://creator.line.me の登録受付を開始しており、現時点でクリエイターの登録数は約30,000人を超え、登録申請されたスタンプは5,000セットを突破しています。なお、クリエイター登録者のうち、日本国外のユーザーが約4割を占めるなど、グローバルでのスタンプの制作・登録が始まっています。

はい、2014年4月17日から登録を受け付けて実際の販売は2014年5月8日から行われました。しかし受付開始から1ヶ月で登録者数が3万人を超えるとはクリエイターさんたちのやる気を感じますね。

また国外のユーザーが4割ということで徐々にでは有りますが、LINEの認知度が世界でも高まっていっていることがこの分かります。

仕組みに関しては別に書かなくても分かると思いますが一応書きます。

LINE Creators Marketの仕組

LINEのプラットフォームをクリエイターに利用させて、もっとスタンプ市場を活性化させようということですね。

正確には税金やら振込手数料等が差し引かれますが基本的にはスタンプ売上の50%をスタンプ製作者が得られる仕組みです。LINE側は残りの50%をゲット。美味しい商売ですね~と思いたいところですが、実際問題LINE的にスタンプ売上での利益はほとんど無いようです。(赤字って言ってたかも。)

むしろ一般ユーザーがスタンプをどんどんと販売することによりLINEの利用ユーザーを増やしていくことで利益を回収する予定のようですよ。確かにLINEスタンプ販売のシステム開発費用や運用費・人件費などを考えるとそうかもしれませんね。

但し、LINEはLINEモールとかLINEゲームとか他にお金を落とさせるキャッシュポイントが沢山有るので全然赤字でもええわ!という感じなのでしょう。

おっと話が少し脱線してしまいましたね。では実際にLINEが発表しているスタンプ売上を紹介してきましょう。

LINE発表のスタンプ売上!

公式にはすでに2回売上規模が発表されているので時系列で追って行きたいと思います。

2014年5月8日から6月7日までの1ヶ月間

1ヶ月間の販売総額:1億5千万円
売上10位までの平均:470万円
売上30位までの平均:260万円
売上100位までの平均:120万円
売上200位までの平均:70万円

1ヶ月の売上

一応上記は販売総額なので注意して下さい。クリエイターの取り分は約半分。1ヶ月で7500万弱程度の報酬がクリエイターに配分されたことになります。

2014年5月8日から8月7日までの3ヶ月間

3ヶ月間の販売総額:12億3,000万円
売上10位までの平均:2,230万円
売上30位までの平均:1,290万円
売上100位までの平均:650万円
売上200位までの平均:410万円

3ヶ月の売上

同じく販売総額の値です。いや、しかし初月からの伸びが凄いですね!恐らくLINEが1ヶ月の販売総額を発表してこの市場はイケる!早く参入しなくては!と駆け込み参入したクリエイターも非常に多いのではないでしょうか。

約2ヶ月で売上進捗8.2倍ですから、もう相当なもんです。売上10位までの平均が2,230万円ってもうそれだけで行きていけますね~。

売上200位までが平均410万円ということで、報酬額は約200万円程度でしょう。3ヶ月でこれですから年間で換算すると約800円程度の取り分です。これで十分生きていけますね。

ということを考えれば現状では売上300位くらいまでに入っていればLINEスタンプだけで食っていけるのかな~なんて思います。ちゅーわけで本当、LINE Creators Marketはクリエイターに新しい収益源を提供したという意味で非常に良いプラットフォームということが分かりました。

クリエイターと登録スタンプ数の推移-メモ

これは僕のメモ書きのようなものです。

 登録クリエイター数(人)登録スタンプ数(個)
2014/5/830,0005,000
2014/6/780,00012,000
2014/8/7149,00030,000

無視して次に行きましょう。

どんなスタンプがどれくらい売上上がってるの?

売上上位は3ヶ月で2,230万円の販売総額ですよ~と言われてもピリッとしないと思うのでネット上で公開されているスタンプ及び販売者の報酬について軽く調べてみました。そのうち2,3紹介したいと思います。

もっと私にかまってよ!~返事をくれない彼氏を追い込むスタンプ

女性のユーザーが少ない当ブログですが、実際にこのスタンプを使われたという人も多いのではないでしょうか。

彼氏を追い込むスタンプ

「既読じゃん」「だれといるの?」など浮気をしている男性が最も恐れる言葉を的確に使ってスタンプを仕上げています。作者は一般の会社員の森もり子さんという方。

元々twitterでは知名度が有ったようでそれも売上に繋がったのではないでしょうか。「おいしい!バナナのお投資」という番組内で2ヶ月で500万程度の報酬があったと公開されています。

ゴイスー!

もっと私にかまってよ!

関西弁にゃんこスタンプ

京都のイラストレーター「きゃらきゃらマキアート」の代表の方が作られた3匹の猫たちによる関西弁スタンプ。こちらは販売初月で1,600万円の売上が有ったようです。

超絶ビックリ\(^o^)/

関西弁にゃんこスタンプ

僕は男で強面なのでなかなか使う機会が無いですが、関西の女子に爆発的な人気を誇ったのかもしれませんね~

関西弁にゃんこスタンプ

絵心が無くてもLINEスタンプで稼げるかもよ!?

LINEスタンプ~と言われるとデザイナーやイラストレーターしか稼げないでしょって思われるかも知れません。確かに自分でデザイン・イラスト案を考えて、更にイラストを描き上げる事が出来る人が多分有利だと思います。

しかし、この世の中は色々な人がおるわけです。例えば

・イラストは描けるけど、売れるような案を考えられない人
・確実に売れる案を持っているけれど、イラストを描けない人

まぁ商取引は全部この関係性ですからね。なので、どちらかに該当するならtwitterとかfacebookとかで知り合い見つけて一緒にLINEスタンプ始めよう!ッて感じでやってみれば良いんじゃないでしょうか。

知り合いどうしでやるなら利益を折半で済みますし、費用は自分の時間だけです。

また、人は一発逆転で数百万・数千万円を狙うよりも目の前に確実に貰える3万円・5万円があればそちらに手を出す人の割合の方が圧倒的に多いようです。

つまり、イラストも描けません!イラスト案も思い浮かびません!という人はそれを利用すれわいいわけです。売れるかも分からないLINEスタンプに登録するよりもそれを3万円で確実に買ってくれた方が嬉しいという層がいるわけですね。

このように破格の金額で募集されています。

イラスト案

例えば一番上の案件なんて21,600円ですよ。LINEスタンプを販売するためにはスタンプを40種類セットで作らないとダメなんですが、40種類の猫の画像を書くのに2万円でOK!という人も沢山いるんです。応募が4件も有りますからね。

1ヶ月で1,600万円の売上が出るかもしれないのに、「私は確実に2万円が欲しい!」というクリエーターも沢山いるという事です。価値観は色々ですね。

なので、正直に言ってしまえば誰でもLINEスタンプで稼ごうと思ったら稼げる環境は有るという事で!競争率がどんどんどん激しくなってきているのでなかなか難しい状況ですがチャレンジしてみても良いのではないでしょうか☆

最後に

LINEはこれからもまだまだ利用者数は増えていくでしょうし、LINEスタンプの販売国もそれに比例して増えていきます。

なかなか日本以外の他国で人気が出るスタンプを作るのは難しいかもしれませんが、日本だけでなく海外からも収入が入るとなるとちょっと嬉しいですよね♪それがキッカケで他国で有名になって取材が来たり来なかったりするかもしれません。

これから沢山の有名なクリエーターがLINEから登場する可能性も有るのかもしれないなぁと勝手に思っています。

では今日はこのへんで。

スポンサーリンク

見ておかないと損をするコンテンツ

  • dmmキャンペーン

    DMM FXのキャッシュバックキャンペーンで最大30,000円ゲット

  • NISAのまとめ

    NISA(ニーサ)口座開設キャンペーンのまとめ-口座開設だけで2千円は最低貰える

  • Amazonで節約

    【還元率2.3%】Amazonで商品を割安で買う方法を公開